▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Blackview BV9600のスペック、対応バンド、価格、特徴!


Ymobileバナー

Blackview BV9600

安いときには2万円強で手に入ってしまうBlackview BV9600。

有機ELディスプレイ、デュアルカメラ、パワフルなHelio P70、そして、屈強なMIL-STD-810G・IP68・IP69Kのタフネス&ヘビーデューティー仕様。対応するバンドも柔軟性があり、価格に対して非常に豪華な仕様が詰め込まれたスマートフォンです。

本記事ではBlackview BV9600の性能や対応バンド、特徴、価格情報、購入先情報まで掲載しているのでチェックしてみて下さいね!

▼Blackview BV9600の割引情報は以下の記事でも掲載中!タイトルに更新日が記載されていない時はクーポンやセールが無い時期ですので、本記事の最後に記載しているショップから最安値でゲットして下さい!↓

Blackview BV9600の割引クーポン・セール・最安値・購入先まとめ

スペックデータベース登録済み

目次をクリックすると各項目へ移動します

Blackview BV9600の実機レビューを募集中!

本機の読者レビュー投稿を募集しています!実機をお持ちの方は是非、読者レビューをご投稿下さい!ご投稿頂いた方は最大5,000円分のAmazonギフトをプレゼント中です!読者レビュー投稿に興味の有る方は以下をご覧下さい!

Blackview BV9600の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Blackview BV9600
型番/別名 BV9600
発売年 2019年7月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Blackview
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地

日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・ネットワーク
2G 2/3/5/8
(日本では停波)
3G WCDMA(3G): B1/B2/B4/B5/B8
TDSCDMA: B34/B39
CDMA: BC0/BC1
4G FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28a/28b/66
TDD:34/38/39/40/41
ドコモ対応状況

LTEのみフルタイ対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

フル対応
プラチナバンド対応
(但し通信できるかは実機検証が必要)

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
本体仕様
ディスプレイ 6.21インチ/有機EL
解像度 2248×1080/FHD+/画面比率19:9
画素密度 401ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ162.9mm
横幅81.4mm
厚さ12.85mm
重さ 268g
本体色 グレー系、シルバー系
システム仕様
OS Android 9.0
SoC MediaTek Helio P70(MT6771T)
CPU Cortex-A73×2/Cortex-A53×4/2.1GHz/8コア
GPU ARM Mali-G72
ベンチマーク AnTuTu(参考値):総合スコア約145000点、GPUスコア約35000点
Geekbench(参考値):シングルコア約1500点、マルチコア約5800点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSD対応/最大128GB/片方のSIMスロット共用
カメラ
メインカメラ 16MP+0.3MP
S5K3P8SX15-FGX9 + GC0310
F値:2.0+2.0
AI:対応
前面カメラ 8MP
SONY IMX134
カメラ備考 AIボケアルゴリズム搭載
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS
センサー 指紋認証(側面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス、空気圧
防水/防塵 IP68、IP69K
イヤホンジャック なし
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
FMラジオ
その他機能 MIL-STD-810G準拠
バッテリー
バッテリー容量 5580mAh
充電 有線充電:24W(12V/2A)
ワイヤレス充電:対応
ポート USB Type-C
その他
価格 269.99ドル(約2.9万円)
公式サイト

Blackview BV9600

購入先/割引情報

[随時更新]Blackview BV9600の割引クーポン・セール・最安値・購入先まとめ

端末詳細記事

Blackview BV9600のスペック、対応バンド、価格、特徴!

スペック表に関する免責事項

Blackview BV9600の発売時期と価格

Blackview BV9600の発売時期は2019年7月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ4GB/容量64GB:269.99ドル(約2.9万円)

Blackview BV9600の性能をチェック!

Blackview BV9600は販売時点でミドルレンジ帯の中で中間の性能ランクとなるモデル!普段使いでは困らない性能と安価な価格設定からコスパを求めるユーザーに人気の性能帯です!また、各社が力を入れている性能帯でもあるので、トレンド機能などが多く搭載される性能帯です!

  • 普段使い:不満を抱く事が少ない動作
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームは軽快に動くゲームが多いが、重量級ゲームでは動作の鈍さを感じる事がある

Blackview BV9600(Helio P70)のAnTuTuスコア

まだBlackview BV9600実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Helio P70」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Helio P70(参考):総合スコア約145000点、GPUスコア約35000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でBlackview BV9600が搭載するHelio P70の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

855
(ハイエンド)
710
(ミドルレンジ最上位)
660
(ミドルレンジ上位)
630
(ミドルレンジ)
450
(エントリー)
総合:約36.2万点
3D:約15.7万点
総合:約16.5万点
3D:約4.7万点
総合:約13.5万点
3D:約2.9万点
総合:約8.6万点
3D:約1.8万点
総合:約7.1万点
3D:約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Blackview BV9600の対応バンドをチェック!

Blackview BV9600は海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Blackview BV9600のドコモ回線対応状況

Blackview BV9600のLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gは残念ながらFOMAプラスエリアに非対応なので、山岳地帯や農村地区へ行かれる方は注意。都市部などでは特に問題はありません。

Blackview BV9600はLTEのみ対応となっているので。FOMAプラスエリア外での利用ならドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするドコモ回線SIMはこれ!↓

Blackview BV9600のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Blackview BV9600のLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Blackview BV9600はソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でBlackview BV9600をソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

Blackview BV9600のau回線対応状況

Blackview BV9600は通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています。しかしながらau回線はSIMフリースマートフォンと相性が悪くバンドに対応していても利用できない場合も多々あるので、実際にBlackview BV9600でau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

auでは相互通信テストをクリアしていないとVoLTEが利用できない場合が多いので確認してみましょう。

Blackview BV9600のスペック・特徴まとめ!

耐衝撃、防水、防塵性能に優れたヘビーデューティースマホ!

IP68、IP69K、MIL-STD-810Gにトリプル対応したヘビーデューティー性能!

Blackview BV9600

BV9600は高い基準であるIP68(国際電気標準会議規格 IEC60529)、IP69K(ドイツ工業規格 保護構造仕様)、MIL-STD-810G(アメリカ国防総省制定MIL規格)に準拠した耐衝撃・防水・防塵性能。その凄さは・・・

  • 水深1.5mに30分以上耐える
  • 1.5M落下にも耐える
  • 保存温度は -55℃〜70℃ (動作温度 -30℃ 〜 60℃ )

日常生活で起きるアクシデント、あらゆるフィールドで活躍する人々の過酷な環境からスマートフォンを守リます。

ディスプレイは19:9/FHD+/6.21インチ有機EL!

▼ヘビーデューティー仕様でも超狭ベゼル!表示も綺麗↓

Blackview BV9600

有機ELによる、美しい発色、高いコントラスト、高い黒色の再現力、高い反応速度、広い視野角。縦横比19:9、高解像度FHD+(1080 x 2248)、大画面6.21インチのディスプレイ!ディスプレイの角はラウンド形状で、フロントカメラ部は上部のノッチ形状とした超狭ベゼル仕様。タッチパネルは10点タッチです。

ヘビー‐デューティー性能を極めながら、最新のトレンドを押さえた魅力的な作りですね。

AIによるボケも可能な1,600万画素メインカメラ+800万画素フロントカメラ

▼一眼レフの様なボケを生かした写真も↓

Blackview BV9600

メインカメラは1600万画素+サブカメラ30万画素の2台。

AIによるボケアルゴリズムで、ボケを生かした撮影ができます。使われるアルゴリズムは大量データの機械学習に基づいて最適化されたもので、一眼レフカメラに匹敵するボケ撮影を実現します。スナップショットも芸術的な作品になるかもしれませんね。

フロントカメラは800万画素。Sony製イメージセンサーにより薄暗い光の中でも明瞭で色の鮮やかな撮影がでるとしています。あらゆるフィールドで活躍する人々の過酷な環境で、自撮りや動画配信にも性能を発揮しそうですね。

フロントカメラの顔認証も強化されています。

フロントカメラは顔認識にも使われます。インテリジェントアルゴリズムで、わずか0.1秒で顔の特徴をスキャンします。Sony製イメージセンサー能力と強化された夜間アクセスアルゴリズムで、いつでもどこでもアクセスが容易になります。

5580mAh大容量バッテリー、モバイルバッテリにさよなら

▼バッテリーも大容量なタフネススマホ↓

Blackview BV9600

5580mAhの大容量バッテリー搭載。長持ち!!

大容量だけじゃなくNeuroPilot™Intelligenceによる消費電力制御で長いバッテリー寿命を実現。バッテリーを常にオンでも頻繁な充電は不要です。モバイルバッテリーは不要へ。
ワイヤレス充電に対応、ケーブルを繋ぐ鬱から解放されます。ちなみにバックパネルは素敵なガラス製。

さらに超高速充電に対応です。

TYPE-Cによる約24W(12V/2A)超高速充電ができ、満充電まで約1.4時間と急いでいる時も長く待たされません。また、ワイヤレス充電にも対応しています。

ヘビーデューティー性能と大容量バッテリーにるタフネスさで、外形は少し大きく、重量も少し重いです。例えばiPhone XS Maxと比べると、幅が+約4mm 厚さが+約5mm。重さが+60g。手の小さい方だと工夫をしないと持ちにくいかもしれませんね。

タフネスさをもっと生かす機能

様々なフィールドでの利用を想定したタフネススマホ。より通好みな機能も搭載しています。

ウェットフィンガートラッキングテクノロジ

なんと濡れた画面でも操作できます。

タッチパネルは水に弱い。そんな常識が変わる。

過酷なアウトドア環境に留まらず、キッチンなど水仕事中でも大活躍間違いなし。お風呂で動画鑑賞や読書などの楽しみ方にも最適。

アンダーウォーターキャプチャーモード

▼水中で撮影の操作もできる!↓

Blackview BV9600

タフネスさをさらに生かす水中撮影モードを搭載。タッチスクリーンが効かなくなる水中では音量キーを使って撮影の操作が可能です。

音量アップキーでて写真やビデオ撮影の開始や停止を行い、音量ダウンキーで写真とビデオを切り替えます。 電源キーで水中撮影モードを終了します。

グローブモード

▼防寒手袋のまま操作できる!↓

Blackview BV9600

気温 -30℃の極寒でも使えるタフネススマホ。この気温では手袋を欠かせません。

スマートフォンは通常の手袋を嵌めて操作はできません。(スマホ用カジュアルな手袋なら可能でした・・・)

Blackview BV9600は低温環境で便利な手袋モードを備えており、手袋をはめた状態の1.5mm離れた状態でタッチが可能です。

その他の機能も充実

二重衛星測位システム!

GPS(アメリカ)だけじゃなくGLONASS(ロシア)の衛星測位システムに対応し、連携動作によって測位精度が向上します。

NFC機能搭載!

NFC機能を搭載し、BluetoothヘッドセットやスピーカとのペアリングやWiFi設定などに便利です。ただし日本でよく使われる「おサイフケータイ」など日本独自仕様には対応してないのでご注意ください。

※QRコード決済(PayPay、LINEペイ、楽天ペイなど)はNFCを使わないので問題なく利用可能です。

Blackview BV9600まとめ! – 過酷な環境で使えるタフネス性能が魅力!

Blackview BV9600には「ヘビーデューティー」「タフネス」と言う言葉が似合う。

ヘビー‐デューティー[heavy-duty];激しい使用に耐える。耐久性がある。
タフネス[toughness]:疲れを知らず。タフなこと。

今までスマホを使わなかった活動シーンをさらに豊かに、そう感じさせるスマホですね。

趣味が多く、キャンプ、ウインタースポーツ、マリンスポーツ、山登り・・・ そしてお料理、掃除、お洗濯にと活躍すること間違いなし。通勤通学でバイクや自電車に乗る人にも、この性能は魅力的だとおもいます。

Blackview BV9600の割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではBlackview BV9600をお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、Blackview BV9600の割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

Blackview BV9600の購入先情報

Blackview BV9600は以下で取り扱っています!

Blackview BV9600の公式サイト

Blackview BV9600の公式サイトは以下です!

ページトップへ