ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Galaxy Foldの不具合修正でどこを変更したのか画像でチェック

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Galaxy Fold

Galaxy Foldの修正内容が明らかになってきました。

2019年4月に発売予定だったGalaxy Foldですが、不具合の発生を受けて発売延期を繰り返していました。先日、2019年9月に正式販売するというニュースが流れてきましたが、さらにGalaxy Foldの修正内容についても徐々に明らかにされています。異物の侵入やディスプレイが剥がせる不具合はどのように解消されているのでしょうか。

新旧画像でGalaxy Foldを比較!

▼まずは本体外側のデザインを見てみましょう。新旧モデルを見比べてもあまり大きな変化は感じませんが、どうやらスクリーンパネルがベゼルにハマるように設計されなおしているようです。これは4月の先行レビュー時に、ユーザーがディスプレイパネルを保護フィルムと勘違いして剥がした、というアクシデントに対する対策だと考えられます。↓

Galaxy Fold

▼こちらは本体内側の画像です。中央にあるヒンジの形状が変わっているのが確認できます。↓

Galaxy Fold

▼ヒンジ部分を拡大した画像です。旧モデルと比較して、明らかに本体内部に異物が侵入するための隙間が小さくなっています。これも4月の先行レビュー達が指摘していた「本体内部に異物が侵入し、ディスプレイが一部映らなくなった」という不具合を防ぐための措置です。↓

Galaxy Fold

うまくいけば、2019年9月にGalaxy Foldは店頭に並ぶことでしょう。

Galaxy Foldの発表から販売延期についての経緯は、こちらの記事をご参考にしてください。

Samsung、Galaxy Foldを9月に発売すると予告

ソース

ページトップへ