▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone 2019年モデルはバッテリーが大幅に増加か?

次期iPhoneの予想画像

iPhone XS Maxの後継モデルは約15%、iPhone XSの後継モデルは20〜25%もバッテリー容量が増えるとの噂情報が出ています。

iPhone XS Maxの電池容量は3,174mAhであり、次期iPhoneは3,650mAh、iPhone XSは2,658mAhであり、次期iPhoneは3,322mAhと言われています。

また、次期iPhone XS/XS Maxだけでなく、次期iPhone XRについても容量増加するとされています。現行の2,942mAhから3,110mAhとなると予想され、5%増(+168mAh)に留まると見られます。XRは電池持ちが非常に良いため、次期iPhoneも電池持ちがいいことが期待されます。

上記のように電池容量については増えることが予想されていますが、気になるのは電池容量が増えると厚みが増えるのかどうかです。バッテリー容量が増えるのであれば、現行モデルよりも分厚くなるかもしれません。

次期iPhoneに搭載されえると噂されているAppleA13プロセッサはiPhoneから別端末への充電を行うことができる逆ワイヤレス充電がサポート予定。iPhoneの電池容量を増やす理由として、逆ワイヤレス充電機能が搭載されるのでは無いかと予想されています。

続報が入り次第TwitterFacebookでお伝えします。

ソース

ページトップへ