▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

モトローラ、日本公式Twitterで新機種のティザー動画を公開


Ymobileバナー

日本でもmoto g6シリーズなどを展開しているモトローラが日本の公式ツイッターでティザー動画を公開しました!

目次をクリックすると各項目へ移動します

moto g7シリーズか?

ツイッターでは、「あの新機種」というキーワードで宣伝していて、グリーンのシルエットからもmoto g7シリーズである可能性が高いです。

moto g7シリーズのmoto g7、moto g7 plus、moto g7 powerが既に技適を得ており、この3台が日本でリリースされることになりそうです。

各機種の簡単な特徴としてはg7がスタンダードのモデルで、チップセットやカメラなどで上位の仕様となっているg7 plus、5000mAhの大容量バッテリーを持つg7 powerといった感じです。

デザインはg7、g7 plusが水滴型のノッチであるのに対してg7 powerは比較的広めのノッチとなっています。いずれも強化ガラスのCorning Gorilla Glass 3を採用し割れにくくなっています。

moto gシリーズは日本円で3万円前後のミッドレンジモデルでアマゾンなどから購入可能です。g6がSnapdragon450というSoC(スマホの脳みそにあたる部品で450はエントリーモデルに採用されます)を搭載していたのに対してg7はSnapdragon632を搭載しているので結構スペックアップしていますね。ライバルはASUSのZenFone Maxシリーズといった感じでしょうか。

まとめ

これまでは低価格帯のスマホはHUAWEI一強状態でしたが、アメリカからの制裁の影響もありその流れがガラッと変わる可能性があります。

もしかしらこのmoto g7シリーズが格安スマホのランキングに浮上する日が来るかもしれないですね!

ソース

ページトップへ