ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OnePlus 7 Proの本体カラー3色目がリーク!クリーム色に近いゴールド?!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

OnePlus 7 Proについて、3色目がリークされました。これまでリークされていた色は、「Mirror Grey」と「Nebula Blue」の2色です。また、ストレージとディスプレイの情報についても確認することができました。

目次をクリックすると各項目へ移動します

3色目は「Almond」カラー

今までにリークされていた、2色に比べて明るい色の登場となりました。

▼今回リークされた色は「Almond」と言われています。↓

明るい色が好きな方には待望の色でしょうか?正式発表前になり、3色目が追加されたことで、他にも色が登場するのでは?と、期待してしまいます。

編集部コメント

Almondと言われているカラーがリリースされるのであれば欲しいなぁ。この色合のカラーはブラック系と比べて指紋の付着が目立ちにくく、反射も抑えられるので筐体撮影しやすいんですよね。Almondカラーが本当に登場するなら、このカラーを購入しよう。

新色登場も嬉しいですが、他にも新しい情報がありました。ストレージについてです。

UFS3.0ストレージが搭載されているとの情報がリークされています。

UFS3.0規格になることで、従来のUFS2.1よりデータアクセス速度が2倍になります。この性能向上によりスマホでの4K/60fpsの快適な再生やVR機能の向上が期待されています。

実際にOne Plus 7 Proにて実装されたなら、今までのスマホから大幅に機能向上がされそうですね!

ストレージの情報に加えて、ディスプレイの情報もリークされました。One Plus 7 Proでは最高90Hzのリフレッシュレートを発揮するディスプレイを備える可能性があるとのこと。

リフレッシュレートは1秒間に何回画面を書き換えられるかを表しており、90Hzであれば1秒間に90回の画面書き換えが行えます。

一般的なスマホでは60Hzのため、90Hzであれば60Hzのスマホと比べて1.5倍多く画面書き換えが可能。画面のチラつきを抑える効果があるのでユーザーの使用感にも大きく影響しそうです。

編集部コメント

90Hz駆動ならゲーミング用途でも注目度が高くなりそうですね。チラツキが大幅に軽減されるだけでなく、より滑らかな表示が可能となるので期待度大

5月14日の正式発表に期待

今回のリーク情報によって更に期待度が上がりました正式発表は来週5/14日(火)。後1週間で新しい情報があるのかも気になります。

ソース

ページトップへ