ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

HTC、ミドルレンジの新製品がGeekbenchに登場か。以前発見されたスナドラ710搭載機の別バージョンの可能性も。

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

昨年12月、HTCは2019年に向けてスマートフォンの販売戦略を一新すると発表していました。その一環としてU12+とU12 Lifeのライフサイクルの延長が行われていましたが、どうやらその発表は今年のフラッグシップおよびミドルレンジ製品についても意図していたようです。

Geekbenchで見つかった「HTC 2Q741」のスコア

今回GeekbenchにHTC製品として登場したのは番号が「HTC 2Q741」というモデルで、MediaTek製の最新チップHelio P35に6GB RAMを搭載し、OSはAndroid 9 Pieのようです。この製品が、今後HTCから発売されるミドルレンジ機ではないかと期待されています。

ちなみに前作のミドルレンジU12 LifeはSnapdragon636に4GB RAMを搭載し、Geekbenchスコアは

  • シングルコア:1330
  • マルチコア:4943

だったことを考えると、若干のパワーダウン感は否めません。

先月にはSnapdragon710に6GB RAMを搭載した機種が同じようにGeekbenchに登場しており、また番号も2Q7A100と似ていることから、今回のものは同じ製品のMedia Tekバージョンの可能性が高いとされています。そうであれば、おそらく特定の市場用でしょう。(日本に投入するならスナドラ版かと思います。)

この製品の他のスペックについてはまだ何も明らかにされていませんが、いずれにしても今後の情報から目が離せません。ただこうしてベンチマークが公開されたということは、実物を目にする日もそう遠くはないでしょう。

ソース

ページトップへ