ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

SHAREASALEの報酬を受け取る為に時間、労力、お金を使ってクリーンビル取立依頼してきた

  • ▼▼必ずチェック▼▼

    ガルマックスでは期間指定の割引クーポンや期間限定割引などを以下のページで全て告知!お得な情報を見逃さないように!

  • 【関連】期間限定のお得な情報一覧!

SHAREASALEの報酬を小切手で受け取ると超めんどくさい

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

この記事は完全にブロガー向けの内容なのですが、僕達ブロガーは活動資金を得るためにアフィリエイトなどを利用して報酬を頂き日々活動しているのですが、受け取った報酬が日本円に換金出来ないと死活問題となります。

ブログを運営していると、アフィリエイトに海外のASPを利用しなければならない状況(今回のケースですと依頼元で利用できるASPがSHAREASALEしか対応していないので他の選択肢が無い状況)もあるはずです。

僕が利用している海外大手ASPであるSHAREASALEは、口座振込にて報酬を受け取ることも出来るのですが、日本の銀行に対応していない為、別の報酬受取方法としてUSA発行の小切手でも受け取れます。

僕は海外の口座を持っていないので小切手で報酬を受け取っているのですが、USA発行の小切手を日本円で受け取るためには時間、労力、お金が必要です。

SHAREASALEの報酬(小切手)を日本円で受け取る為にやったこと。

SHAREASALEに関する情報がネット上で極端に少なかったので、参考にしてみて下さい。

SHAREASALEで口座設定せずに報酬支払申請すると小切手が届く

SHAREASALEの使い方はGoogle翻訳でサイトを一括変換すると分かりやすいので割愛しますが、SHAREASALEで報酬支払口座を設定せずに報酬支払申請すると、登録している住所にUSA発行の小切手が届きます。というわけで、海外口座を持っていなくても安心して下さい。小切手を利用して報酬を受け取ることが可能です。

着金で利用する口座を開設する

小切手を日本円で受け取るには日本の銀行を利用してクリーンビル取立依頼を行うので、着金の口座が必要です。

小切手は銀行により取り扱い出来る・出来ないがあり、SHAREASALEの小切手が何処の銀行で対応しているのか情報が出てこなかったので、僕は三菱東京UFJ銀行で口座を開設して、その後、クリーンビル取立依頼時に小切手を渡し対応可能であることが分かりました。

なので、SHAREASALEの小切手を日本の銀行からクリーンビル取立依頼で日本円で受け取るなら三菱東京UFJ銀行であれば確実に対応可能です。

あと、聞いた話しですが、西日本銀行もSHAREASALEの小切手をクリーンビル取立依頼できるようですよ。

口座開設時に注意したこと

最近は口座開設の審査が厳しくなっている事に加え、マネーロンダリングや世界情勢により、外貨取引に関して銀行も非常に慎重な体制であることを口座開設時に感じました。

三菱東京UFJ銀行では、小切手を日本円で受け取るためだけに口座開設することはNGです。

なので僕は口座開設する理由を問われた時に「メインで利用している銀行を三菱東京UFJ銀行に切り替えたいので口座開設したい」と答え無事に口座開設。

もちろん、僕は三菱東京UFJ銀行をメインで利用するので特に問題はありません。口座を利用する中で海外の小切手の着金も行うという具合です。

小切手が届いたら銀行印と小切手を持って”外貨窓口”のある支店へレッツゴー

ここからが大変。

自宅近くの三菱東京UFJ銀行支店は外貨を扱ってない支店でした。三菱東京UFJ銀行銀行に問い合わせたのですが、外貨窓口のある支店まで来店するように教えて頂きました。

僕、田舎に住んでいるので、三菱東京UFJ銀行の外貨窓口のある支店まで電車で片道30分です。SHAREASALEの報酬を小切手で受け取り続ける場合、常に報酬を受け取る為に遠い支店まで足を運ばなくてはなりません。とっても面倒くさいです。

小一時間、尋問を受ける

僕、三菱東京UFJ銀行の外貨窓口のある支店にピンクのアロハシャツと短パン、サンダルで行ったのですが、怪しまれたのでしょうか。

クリーンビル取立依頼の書類を書きながら、小一時間、尋問を受ける羽目に。

前述したように、銀行はマネーロンダリングなどに関して慎重になっているので、例えば、小切手を発行した企業との関係性であったり、小切手に記載されている金額は何に対しての金額なのか、報酬と答えると何を行った上で発生した報酬なのか等など根掘り葉掘り聞かれました。

担当して頂いた銀行員さんも、「最近は世界情勢的にも外貨に対して慎重になっているので、色々お伺いして申し訳ございません。。。」と申し訳なさそうでした。まぁ、コレばっかりは仕方がないよね。

クリーンビル取立依頼の手数料として5,000円を支払う

三菱東京UFJ銀行はクリーンビル取立依頼の手数料として5,000円支払わなければなりません。

地方銀行だと手数料が2,100円のところもあると聞いたので、銀行により手数料は違うようです。恐らく、僕は情弱です。

ちなみにですが、SHAREASALEの報酬を小切手で受け取る場合は、クリーンビル取立依頼での手数料を見込んで報酬支払申請をしないと、例えば今回のケースですと4,000円の報酬を受け取った場合、-1000円で赤字です。この点は報酬を繰り越して纏まった金額になるまで我慢しましょう。せっかくの報酬が台無しです。

海外口座が無い状態でSHAREASALEを利用する場合は、時間、労力、お金を使って報酬を受け取る事になるので覚悟しましょう。

SHAREASALEはとても優良なASPなのですが、日本で活動するブロガーには使い勝手が良いとは言えないので、どうしても案件に対する収益化の過程でSHAREASALEを利用しなければならない状況の時には参考にしてみて下さい。

SHAREASALEは海外口座が海外口座が無くても小切手で報酬を受け取れるので、安心してSHAREASALEを利用してみて下さい。(海外口座無かったら超めんどくさいけど)

それではまた!

ページトップへ