ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

【朗報】ソフトバンク回線を利用する格安SIMでVoLTE対応

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

大手キャリアよりも圧倒的な低価格で利用できる格安SIM(MVNO)。現在、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線を利用する数多くの格安SIMが利用できますが、ソフトバンク回線を利用する格安SIMのみ残念ながらVoLTEが開放されていませんでした。

VoLTEはLTEを利用することで高品質な通話だけでなく、通話しながらLINEをチェックしたりマップをチェックする際の”ながら通信”でもLTEの高速通信を利用できるのですが、VoLTEに対応していない場合は通話時に3Gに切り替わるので”ながら通信”もLTEに通信速度の劣る3Gを利用しなければならず、ソフトバンク回線の格安SIMを利用する場合、VoLTE非対応であることが少々ネックとなっていましたが、ようやく開放されます。

VoLTE対応は2018年11月29日から開始しており、開始以前に契約したSIMは順次変更に1ヶ月ほど時間を要するとのこと。開始以降に契約したSIMは発行段階でVoLTE対応となっています。

VoLTEへの対応により留守番電話サービス及び転送電話サービス番号は「1406」から「0800-919-4006」に変更となるので、該当サービスを利用されている方は電話帳に登録しておきましょう。

なお、ソフトバンク回線でのVoLTEは同社のVoLTE対応端末で利用可能です。(SIMロックフリーモデルでもソフトバンクVoLTEに対応している製品は利用できます。)

現在、以下のMVNOでVoLTEに対応することが分かっているので、VoLTE非対応がネックでソフトバンク回線を利用する格安SIMを見送っていた方は再検討してみて下さいね!

ページトップへ