ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

格安でDSDVが体感できるUMIDIGI A1 Proにシルバーカラーの限定色が登場!

人気ゲーミングヘッドセット[ONIKUMA K5]のレビュー済み製品を読者プレゼント!簡単に応募出来るので是非ご参加下さい!最終応募日は2018/8/25です!詳しくはこちら!

UMIDIGI A1 Proの限定色。MoonLight Silver。こんにちは。ガルマックスのtatsuです。

今回はUMIDIGIさんから「UMIDIGI A1 Proの紹介と限定色が出る情報があるよ」と資料をもらったので、紹介していこうと思います。

エントリークラスながらDSDVに対応

A1 ProはDSDV対応。

みなさん、DSDVはご存知でしょうか。

現在、市販されているほとんどのLTE(DSDS)対応スマートフォンでは、片方のSIMカードのみが4G LTE/VoLTEが使用でき、もう片方のカードでは2G(日本では停波)/3Gしか使用できないため、高品質な通話をしながら快適にインターネットができません。

しかし、DSDV対応スマートフォンでは、スロット1とスロット2両方とも4G LTE(VoLTE)に対応。通話をしながらでも快適にインターネットを使うことができます。

しかもA1 Proの特筆すべき点は、DSDVを低価格帯で実現したこと。

というのも、日本でのDSDV搭載スマートフォンは新しいZenfone 5シリーズなど、ミドルエンド~ハイエンド帯のもののみ。そんな中、A1 Proは1万円台でDSDV機能を乗っけてきました。「DSDVを試してみたいけどあんまりお金をかけたくない」方は是非ご検討ください。

興味のある方は下記での動画でDSDVがどんな感じなのかご確認ください。(英語になります)

A1 Proの特徴を簡単に紹介

UMIDIGI A1 Proは18:9の縦長ディスプレイを採用しています。

UMIDIGI A1 Proは1440×720(HD+)の解像度を備えた5.5インチ18:9アスペクト比のディスプレイを搭載。画面比率はなんと85%。 SoCはMediaTek MT6739とエントリークラスなものの、3GBのRAMと16GBのストレージと普通のエントリークラスとは差別化を図っています。

バッテリー容量は3,150 mAh。さらにUSB Type-Cも搭載。クイックチャージもでき、2時間以内に完全に充電することができるとのこと。極め付けに顔認証機能まで搭載。さらにAndroid 8.1と新しいOSが使えます。

ガルマックスはUMIDIGI A1 Pro実機のレビューも詳しく書いてあるので、併せてどうぞ。

限定色のシルバーが登場

UMIDIGI A1 Proの限定色。MoonLight Silver。UMIDIGI A1 ProはIcy Blue(青)とPitch Dark(黒)の2色構成でしたが、この度、Moonlight Silver(シルバー)が2018年5月28日にGearbestでプレオーダー予定とのこと。新色が気になる方は公式サイトをご覧いただくか、GearbestのUMIDIGI A1 Pro販売ページからご覧ください。

執筆:tatsu

ページトップへ