ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

UMIDIGI F1のスペックと対応バンド!機能・価格まとめ!

知らない方は一読どうぞ。
↓僕も加入してます。月額たったの700円でスマホもタブレットも1契約で3端末まで保険対象。
「知らない」と比較して選ぶ事も出来ません。是非、チェックしてみて下さい!↓

回線選びに失敗したくない方向け

↓回線品質良好。利用料金が安いのに大手キャリアと使い勝手が大きく変わらないのが最大の魅力です。長期レビューをチェックしてみて下さい。↓

UMIDIGI F1

UMIDIGIにHelio P60を搭載した「UMIDIGI F1」が仲間入り!

本記事ではUMIDIGI F1のスペックと仕様・特徴の解説に加え、UMIDIGI F1の価格情報と、お得にゲットするための割引クーポン・セール・最安値情報をまとめています!

更新履歴

UMIDIGI F1の発売時期と価格

UMIDIGI F1の発売時期は2019年1月頃で、通常価格は約250ドルです!

UMIDIGI F1のスペック

UMIDIGI F1のスペック

項目スペック
OSAndroid 9
SoCMediaTek
Helio P60
メモリ4GB
保存容量128GB
MicroSD最大256GB
ディスプレイ6.3型/19.5:9/ノッチ付き
解像度2340x1080/FHD+
アウトカメラ1600万画素+800万画素
インカメラ1600万画素
バッテリー容量5150mAh
USB Type-C
18W充電対応
カラーレッド系
ゴールド系
ブラック系
サイズ高さ:156.9mm
横幅:74.3mm
厚さ:8.8mm
重量 186g
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n
ネットワーク2G: GSM 2/3/5/8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
3G: TD-SCDMA 34/39
4G: TDD-LTE 34/38/39/40/41
4G: FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13
17/18/19/20/25/26
28A/28B
ドコモ回線 フル対応
ソフトバンク回線フル対応
ワイモバイル回線フル対応
au回線フル対応

UMIDIGI F1の性能をチェック!

UMIDIGI F1はHelio P60を搭載。

ガルマックスでは端末の性能を数値化するAnTuTuベンチスコアを収集しており、UMIDIGI F1と同じHelio P60のスコアを収集済みなので紹介!

  • Helio P60:総合スコアは約138000点、3Dスコアは約30000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でUMIDIGI F1の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

845
(ハイエンド)
710
(ミドルレンジ最上位)
660
(ミドルレンジ上位)
630
(ミドルレンジ)
450
(エントリー)
総合:約27万点
3D:約11万点
総合:約16.5万点
3D:約4.7万点
総合:約13.5万点
3D:約2.9万点
総合:約8.6万点
3D:約1.8万点
総合:約7.1万点
3D:約1.2万点

UMIDIGI F1が搭載するSoCのHelio P60は、安価なモデルに搭載されることの多いパーツですが底力は並以上。メモリも4GBと必要十分で、WEB閲覧、動画や映画視聴、メールやLINE、SNS、カジュアルゲームなどの一般用途なら不足ない性能で長期的に快適な利用が出来ます。

価格も安価ですし性能もパワフルな部類なので人気が高くなりそう。日本でUMIDIGI F1と同じ価格帯ならワンランク性能の低いグレードとなるのでお買い得感は非常に高いです。

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

UMIDIGI F1の対応電波をチェック!

UMIDIGI F1は海外スマホなので技適に関してはご留意下さい。

▼UMIDIGI F1の対応バンドは以下の通り。(参照はUMIDIGI公式)

  • 2G: GSM 2/3/5/8
  • 2G: CDMA1X BC0,BC1
  • 3G: EVDO BC0,BC1
  • 3G: WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
  • 3G: TD-SCDMA 34/39
  • 4G: TDD-LTE 34/38/39/40/41
  • 4G: FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B

ドコモ回線の対応状況をチェック!

結論から申しますと、ドコモ回線にLTE/3G共にフル対応している非常に貴重なモデルです。

ドコモLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンドの3、地下や郊外のつながりやすさを左右するプラチナバンドの19にフル対応。

3Gも全国区をカバーするバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアの6/19に対応。

UMIDIGI F1はドコモで販売されている端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で利用可能です。

ソフトバンク・ワイモバイル回線の対応状況をチェック!

ソフトバンクとワイモバイル回線は同じ電波を利用しているので合わせて紹介!

こちらも結論から申しますとLTE/3G共にフル対応しています。

LTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にフル対応。3Gもバンド1と8に対応しており、ソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で利用可能です。

但し、ソフトバンクの純正SIMに限り、端末とSIMの紐づけがあります。UMIDIGI F1をソフトバンクの純正SIMで利用する場合は、ソフトバンクショップで端末持ち込み機種変更又は端末持ち込み新規契約が必要で、その際に技適の確認があります。海外でUMIDIGI F1を利用するために検討されている方は購入前にソフトバンクに相談したほうが良さげです。

ソフトバンク回線を利用する格安SIMとワイモバイル回線は通信するためのAPN設定を済ませるだけで通信可能です。

au回線の対応状況をチェック!

au回線は通話も通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しているので、仕様的にはau VoLTE端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で利用可能ですが、au回線は少々特殊でバンドが対応していても通信できない場合があります。au回線を活用したいと考えている方は実機レビューなどでau回線での検証結果をチェックしてからの検討をオススメします。

また、3G回線を利用する非VoLTE SIMのCDMA2000にも対応しており、仕様的には非VoLTE SIMに合致していますが、こちらも実際に通信してみないと利用できるかは不明です。また、auは3G回線のサービス終了をアナウンスしているので、UMIDIGI F1でau VoLTE SIMが利用できるのであればau VoLTE SIMへ契約変更して活用したほうが良さげです。

UMIDIGI F1の機能や仕様・特徴をチェック!

この項目ではUMIDIGI F1の機能や仕様、特徴を解説しています!

追記:日本語は対応している?

まだ僕の手元に実機が届いていないので日本語に対応しているかは未確認です。各ショップの仕様にも日本語が含まれていなかったり、マルチランゲージとだけ書かれていることから、ショップ側に確認をとっております。(なんか、ショップ側にもまだサンプル品が到着していないそうです。)

これまでのUMIDIGI製品は日本語に対応しているモデルが大多数でしたが、F1に限り日本語対応の記載が無いので気になるかたは少々お待ち下さい。

更新:販売店様から連絡が来ました。

海外ネットショップのBanggood様から連絡が来ました。UMIDIGI F1は日本語に対応しており、仕様表の言語項目にもJapaneseを追加するとのことです。この事から、Banggoodで購入できる端末については日本語対応確定ということでお知らせいたします。

シンプルでスタイリッシュな外観

▼UMIDIGI F1の外観は丸みを帯びたランドフォルム形状でシンプルな外観。イヤホンジャックやUSB Type-Cを搭載するなど使い勝手も忘れていません。カラーはレッド以外にゴールド系、ブラック系も用意されています。↓

UMIDIGI F1

保護ケースも付属している

UMIDIGI F1の付属品をチェックすると保護ケースも付属しています。日本では海外スマホのアクセサリーが中々リリースされないので嬉しい付属品の1つですね!↓

UMIDIGI F1は付属品に保護ケースも含まれています。

貴重な3キャリア対応のバンド仕様

auに関しては前述通り検証が必要ですが、仕様的にはドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)の回線にフル対応しており、キャリアが変わっても端末を使い続ける事が出来る貴重な海外モデルです。なかなか海外スマホではみない充実したバンド構成なので大人気となりそうです。

保存容量が大容量

UMIDIGI F1は大容量ストレージを搭載。

UMIDIGI F1は安価なモデルですが、ストレージ(保存容量)に128GBを搭載。このクラスだと64GBを搭載するモデルが多いのですが、2倍のストレージ容量があるので沢山アプリをインストールしたり写真や動画データを保存できます。また、MicroSDは最大256GBに対応しているので、容量の大きな映像コンテンツなどは外部ストレージで管理することが可能。保存容量に困ることは少なそうです。

指紋認証と顔認証を搭載

UMIDIGI F1の指紋認証センサーは本体背面に備わっておりタッチするタイプ。この位置の指紋センサーはポケットから取り出しながらのロック解除が行いやすいタイプです。

更にインカメラを利用する顔認証にも対応。指紋認証との併用も可能なのでサングラスやマスクを装着している時は指紋センサーを利用するなど使い分けも可能です。↓

UMIDIGI F1は顔認証も利用可能

最新のAndroid 9を搭載

UMIDIGI F1はAndroid 9を初期搭載。

UMIDIGI F1はOSに最新のAndroid 9を採用しています。海外スマホはOSに古いバージョンを搭載することも珍しくないのですが、古いOSはセキュリティー関連もアップデートされることが少なく、また、最新OSで利用できる様々な機能が利用できないのでデメリットが多いです。UMIDIGI F1は最新OSを搭載しているので長期的に安心して利用できますね。

大画面ノッチ付きディスプレイはFHD+の解像度

UMIDIGI F1はノッチ付きの大画面ディスプレイを搭載。

UMIDIGI F1のディスプレイサイズは6.3型で流行りの縦長ディスプレイを搭載。画面上部にノッチ(切り欠け)があるのですが凄くコンパクト化されており画面占有率が非常に高いモデルとなってます。

安価なスマートフォンではワンランク解像度の低いHD+が採用されることが多いのですが、UMIDIGI F1はFHD+解像度のパネルを搭載しているので画面の粗さも気にならないですね。

6.3型は数値だけみると非常に大きい印象を受けますが、UMIDIGI F1は縦に長く横幅がスリムなディスプレイを搭載しているので、横幅は74.3mm!5.5型のiPhone 8 Plusが横幅78mmなので大画面でもスリムで持ちやすいことが特徴です。

F値1.7の明るいレンズを搭載したデュアルカメラを搭載

▼UMIDIGI F1のデュアルカメラは縦並びタイプ。F値1.7の非常に明るいレンズを採用しており、暗所でもノイズの少ないクリアな写真が撮影出来るとのことです。

UMIDIGI F1は非常に明るいF値1.7のカメラを搭載。

▼サンプル写真が公開されていたのでチェックしてみて下さいね!↓

UMIDIGI F1で撮影したサンプル写真。

NFCを搭載

▼UMIDIGI F1はNFCを搭載しているので海外でおサイフ機能が利用できます。残念ながら日本で利用するFeliCaには対応していないので日本でおサイフケータイ機能は使えませんが、NFCを利用するWi-Fi機器やBluetoothスピーカーへの接続が簡単に行なえます。

UMIDIGI F1はNFCを搭載。

超大容量バッテリーを搭載。充電も高速な18Wに対応

UMIDIGI F1が搭載するバッテリーはスマホでは超大容量な5150mAhバッテリーを搭載。バッテリー容量が増えると待機時間ではなく実利用時間がグンッと伸びるのでスマホを沢山触る方は嬉しい仕様です。↓

UMIDIGI F1は5150mAhの超大容量バッテリーを搭載。

▼大容量バッテリーの欠点は大容量故に長い充電時間が必要なこと。UMIDIGI F1は長時間の充電時間を短縮するために18W(通常充電は5Wなので3倍以上の速度)で充電出来るFast Chargeに対応しているので、大容量バッテリーもスピーディーに充電が可能となっております。↓

UMIDIGI F1は18Wの超急速充電に対応。

UMIDIGI F1まとめ!

UMIDIGI F1の特徴を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

パワフルなHelio P60と大容量ストレージで快適に利用できるだけでなく、日本の主要キャリアの全てにフル対応するバンド構成、ノッチ付きの大画面、大容量バッテリー搭載など魅力的な要素をふんだんに取り入れた”優等生タイプ”のSIMフリースマートフォンでした。

また、端末価格も日本では考えられないほどに安価なので人気が高くなりそうな予感がします。是非、購入時はお安いショップで手に入れて下さいね!

UMIDIGI F1の割引クーポン・セール・最安値まとめ!

この項目ではUMIDIGI F1をお得に手に入れるための情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、UMIDIGI F1の割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

日本のアマゾンから購入可能です。

ページトップへ