ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

[2019年7月7日版]週刊ガルマックス – 今週の出来事

週刊ガルマックス

毎週日曜日にお届けする週刊ガルマックス。1週間で起こったガジェット界の出来事を中心にピックアップしてお届けするコーナーです。

ここでしか見ることの出来ないガルマックス編集部での裏話や、ガルマックス編集長の周りで起こった出来事が掲載されることもあるので要チェック!

ニュースで話題になった記事

Huawei制裁緩和で日本でも同社端末発売が始まる

深刻化していた米国によるHuaweiへの制裁。G20でトランプ大統領が禁輸処置を一部解除したことにより、日本で発売を見合わせていた一部メーカーでもHuawei端末の発売を開始したりと大きく進展。華麗に復活・・・とまではいきませんが、Huawei好きには朗報となりました。

Huawei端末の販売再開に期待。G20でトランプ大統領が禁輸処置一部解除

液晶ディスプレイでの画面内蔵指紋センサー搭載が量産体制へ

これまで画面内蔵指紋センサーは技術的な問題で液晶への実装が難しく、有機ELディスプレイを搭載するモデル高級機のみに採用される事が多かったのですが、中国のディスプレイメーカーが液晶ディスプレイへの実装に成功。すでに量産体制へと推移しており、今後、低価格なモデルでも画面内蔵指紋センサーの採用が一気に普及するのではないかと期待が高くなりました。

画面内蔵指紋認証、一気に普及か。液晶への実装に成功・量産体制へ

実機レビューで話題になった記事

爆発的に売れたTigerhuスマートウォッチ

実機レビューをお届けした「Tigerhuスマートウォッチ」。同社最新のスマートウォッチですが、4,000円以下のお手軽価格と日本語対応、巨大なディスプレイを搭載することでLINEなども通知時に内容を確認できること、そして、このディスプレイサイズながら良好なバッテリー持ちであることが話題となり大きなヒットとなりました。凄く売れました。

大画面と電池持ちが魅力!Tigerhuスマートウォッチのレビュー!

安価に手に入るUMPCのMiniBook

フルサイズ並のキーボードを搭載する実用性を兼ね備えた8インチクラスのUMPC「MiniBook」。これまで同等サイズモデルは800ドル〜という価格帯でしたが、CPUにN4100を選択出来るMiniBookは”4万円台で手に入る8インチクラスUMPC”として大きな注目を集めました。

MiniBook(N4100版)のレビュー!安価に手に入る実用的な8インチUMPC!

ガルマックス編集部の出来事

ガルマックス編集部では従業員が2名増え、デスクを新調することに。

▼これまで、昔の事務所(6畳オフィス)で利用していたデスクをそのまま利用していたので統一感は皆無。しかも、従業員が増えたので無理やり打ち合わせ用のデスクを組み合わせ、最高にまとまり感の無い編集部デスクに。↓

▼前々からデスクの新調も考えていたので、デスク4つとチェアーなど一式購入。ガルマックスのイメージカラーであるブラック×レッドで統一してみました。カッコよくなって統一感が出た!↓

▼新調したデスクで作業するフレットさん。新調したデスク一式は従業員さんにも好評でした。良かった、良かった。↓

来週の予定

以前からプロジェクトが進行していたスマホデータベースプロジェクト。編集部では最終的なデータベース登録を進めており、詳細検索機能も固まりつつあるので本格的なローンチはもう少し先になりそうですが裏でジワジワと着実にプロジェクトが進んでいます。

実機レビューでは近い内にデジタルガジェットを多くリリースするAUKEYの最新Bluetoothイヤホンや、SoftBankのarrows Uの実機レビューを公開予定。その他、UMPCのMiniBookにUbuntuをぶち込むレビューも(YouTube動画撮影後に)お届け予定となっています。

読者投稿レビューではLenovo Z6 ProやXiaomi Redmi K20 Proの事前投稿予約がありました。どちらも非常に注目度の高いスマートフォンなので編集部でも興味津々。早ければ来週お届けできそうです!

その他、裏話ではサーバー負荷が高くなり、もう、一般的なレンタルサーバーでは落ちる事も出てきたので、現在、AWSへのサーバー構築を進めている段階です!

それでは来週もガルマックスの更新をお楽しみに!

週刊ガルマックスのバックナンバーは以下からご確認下さい!

ページトップへ