▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Xiaomi Mi CC9e発表。Snapdragon 665搭載で確定

ついに発表されました!

Xiaomiは公式サイトにてXiaomi Mi CC9eの予約販売を開始しました。7月9日午前10時(中国時間)に発売開始のようです。

▼追記:Xiaomi Mi CC9eをベースとしたAndroid One仕様のスマートフォンは「Xiaomi Mi A3」として発売となりました。以下の記事で詳細を纏めています。↓

Xiaomi Mi A3のスペック、対応バンド、価格、特徴!

Xiaomi Mi CC9eの詳細スペックが明らかに

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Xiaomi Mi CC9e
型番/別名 別名:Mi A3(グローバルモデル)
発売年 2019年7月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Xiaomi
言語 日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・ネットワーク
2G 2/3/5/8/BC0
3G 1/5/8/34/39
4G 1/3/5/8/34/38/39/40/41
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.088インチ/有機EL/GorillaGlass 5
解像度 1560×720/HD+/画面比率19.2:9
画素密度 282ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ153.48mm
横幅71.85mm
厚さ8.475mm 
重さ 173.8g
本体色 ブラック系/ホワイト系/ブルー系
システム仕様
OS Android 9.0/MIUI 10
SoC Snapdragon 665
CPU A73×4/A53×4/2GHz/8コア
GPU Adreno 610
ベンチマーク AnTuTu(参考):総合スコア125000点、3Dスコア:31700点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
メモリ6GB+容量64GB
メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応/最大256GB/片方のスロット共用
カメラ
メインカメラ 48MP+8MP+2MP
3カメラ仕様
AI対応カメラ
メイン+超広角+深度
F値1.79+2.2+2.4
PXサイズ:1.6μm+1.12μm+1.75μm
前面カメラ 32MP
1カメラ仕様
AI対応カメラ
F値2.0
PXサイズ:1.6μm
カメラ備考 最大画素数/1080P、最大FPS/60FPS
機能仕様・センサー
GPS GPS、A-GPS、GLONASS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 なし
その他機能 ゲームターボモード
バッテリー
バッテリー容量 4030mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 メモリ4GB+容量64GB:1299元(約2万円)
メモリ6GB+容量64GB:1399元(約2.2万円)
メモリ6GB+容量128GB:1599元(約2.5万円)
購入先/割引情報

Xiaomi Mi CC9e

端末詳細記事

公式ストア

Mi CC9eは約6.088インチのしずく型ノッチディスプレイ、背面にはトリプルカメラ(48MP + 8MP + 2MP)を搭載しています。画面内指紋認証と顔認証にも対応し、バッテリー容量も4030mAhと大容量です。

お値段も、一番スペックを抑えたモデル(メモリ4GB、容量64GB)の最低価格が1,299元(約2万円)と、驚きの低価格ですね!

背面ボディはリーク通りの特徴的な光沢を帯びたデザインで、スペックについてはほぼ事前リーク通りでした。

XiaomiがMi CC9/CC9eのオフィシャルイメージを発表

気になっていたCPUはSnapdragon665を搭載し、これもまた事前リーク通りの内容です。Xiaomi Mi CC9eにはコードネーム「sprout」がつけられていることは、過去のリーク記事でもお伝えしてきました。

コードネーム「sprout」はAndroid Oneデバイスにつけられるコードネームの為、Mi CC9eはグローバルモデルで「Mi A3 Lite」、上位機種のMi CC9は「Mi A3」として発売されるのではないかと期待されています。

Xiaomi CC9eのグロ版はスナドラ665搭載のAndroid One仕様?

Xiaomi Mi CC9シリーズにグローバルモデルが存在するのか、公式からの発表はありませんでした。しかし、いままでのリーク情報から総合的に考えると、Xiaomi Mi CC9シリーズ=Android Oneデバイス、として発表される可能性は非常に高いです!

「Xiaomi Mi CC9eにSnapdragon 665が搭載される」という予想を的中させたことからも、リーク情報の信頼性は一定以上あるとみて良いでしょう。

ソース

ページトップへ