ZTE Blade V10のスペック、対応バンド、価格、特徴!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ZTE Blade V10

本記事では「ZTE Blade V10」のスペック、対応バンド、価格、特徴をまとめています!残念ながら2019年3月に発売予定とされていましたが、2019年5月時点で販売はおろか公式サイトも削除されています。

ZTE Blade V10は日本市場モデルのリリース案内はありません!
追加情報があれば追記してお知らせします!どちらかと言えば世界中で日々リリースされているスマートフォンの情報を見て楽しむようなコンテンツです!ものによっては日本の対応バンドに対応している場合も有るのでチェックしてみて下さい!
スペックデータベース登録済み

読者様からのレビューを募集中!

ZTE Blade V10の読者レビューを募集中!投稿頂いた方には謝礼としてAmazonギフト(最大2,000円)をプレゼント!詳細は以下からどうぞ!

ZTE Blade V10の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
製品情報
端末名 ZTE Blade V10
発売年 2019年3月/日本未発売
メーカー ZTE
対応バンド・ネットワーク
3G 公式掲載後に追記
4G 公式掲載後に追記
ドコモ対応状況

公式掲載後に追記

ソフバン・ワイモバ対応状況

公式掲載後に追記

au対応状況

公式掲載後に追記

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.3インチ/液晶
解像度 2280×1080/FHD+/画面比率19:9
画素密度 400ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 158×75.8×7.8mm 
重さ 公式掲載後に追記
本体色 ブラック系/ブルー系/グリーン系
システム仕様
OS Android 9.0
SoC Qualcomm
CPU SoC型番が分かり次第追記
GPU SoC型番が分かり次第追記
ベンチマーク SoC型番が分かり次第追記
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ3GB/4GB
容量32GB/64GB
ストレージカード MicroSD対応/最大256GB/片方のSIMスロット共用
カメラ
メインカメラ 16MP+5MP/2カメラ仕様
F値1.8
前面カメラ 32MP/1カメラ仕様
カメラ備考 最大画素数/1080、最大FPS/30FPS
機能仕様・センサー
GPS A-GPS、GLONASS
センサー 指紋認証、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)、FMラジオ
バッテリー
バッテリー容量 3200mAh
充電 有線充電
ポート USB Type-C
その他
価格 メモリ4GB/容量64GB:394ドル
公式サイト

なぜか公式サイトが削除されました。

購入先/割引情報

分かり次第追記します。

スペック表に関する免責事項

ZTE Blade V10の発売時期と価格

ZTE Blade V10の発売時期は2019年3月頃ですが、2019年5月時点で販売しているのを見かけません。

ZTE Blade V10の発売状況

ZTE Blade V10は海外モデルで日本向けモデルのアナウンスは現時点でありません。

ZTE Blade V10のAnTuTuベンチマークをチェック

AnTuTu 最新

公式サイトが削除され搭載SoC情報が確認できていないので追加情報を待ちましょう

ZTE Blade V10の性能をチェック!

公式サイトが削除され搭載SoC情報が確認できていないので追加情報を待ちましょう。

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!↓

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

ZTE Blade V10の対応バンドをチェック!

ZTE Blade V10は海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

公式サイトが削除され対応バンド情報が確認できていないので追加情報を待ちましょう。

ZTE Blade V10のドコモ回線対応状況

公式サイトが削除され対応バンド情報が確認できていないので追加情報を待ちましょう。

ZTE Blade V10のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

公式サイトが削除され対応バンド情報が確認できていないので追加情報を待ちましょう。

ZTE Blade V10のau回線対応状況

公式サイトが削除され対応バンド情報が確認できていないので追加情報を待ちましょう。

ZTE Blade V10の特徴をチェック

ここからはZTE Blade V10の特徴をチェックしています。

日本語に対応しているか現時点で不明

ZTE Blade V10の日本語対応状況は現時点で不明です。

ZTE Blade V10が日本語に対応しているという情報を知っている方がいらっしゃいましたら、お問い合わせからご連絡下さい!

おサイフケータイには対応していない

ZTE Blade V10はおサイフケータイに対応していないので、既にFeliCa搭載端末でおサイフケータイ機能をフル活用している方はZTE Blade V10に乗り換えるとライフスタイルまで変わることになるので注意。

最近流行りのQRコード決済(PayPay、LINEペイ、楽天ペイなど)は利用可能です。

ZTE Blade V10はAI搭載インカメラを搭載

ルセロナで開催となったMWC 2019では3200万画素の高精細センサーを備えたインカメラが特徴としてピックアップされました。インカメラはスマートセルフィー技術とAI技術によりバックライトや暗いシーンでも細部までクッキリと高品質な写真が撮影できるとのこと。

ZTE Blade V10の追加情報まち

発表後音沙汰が無くなったZTE Blade V10。発売したという情報も得られないので、もしかしたらお蔵入りかも。追加情報が入り次第更新します。

ページトップへ