ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

DSDSスマホでオススメなデータ専用の格安SIMはこれ!【2017/1/14更新】

デュアルスタンバイ端末で手に入れておきたい格安SIMまとめ!

  • ▼2017/1/1更新▼

    LINEモバイルの3GB×3ヶ月プレゼントキャンペーンが延長しました!

2016年の年末からSIMフリースマートフォンのトレンド機能と言っても過言では無いDSDS(デュアルスタンバイ)機能。

本記事では、DSDS機能の利点に触れながら「DSDSでオススメな”データのみ”の格安SIM」をピックアップ!

DSDSスマホはこんなに素晴らしい!

今まで、スマホ代を安くする為にガラケー+スマホなどの2台持ちが主流でしたが、DSDSスマホを利用すると1台の端末で2枚のSIMを同時待受で利用可能です。

「g07」はデュアルスタンバイが利用可能!
DSDSは2枚のSIMで同時待受可能なので格安SIMを利用して月々の利用料金が激安に!

一般的に大手キャリアの契約を通話のみにして、別途、格安SIMのデータのみを契約してトータルコストを下げます。

メリットは・・・

  • ガラケー+スマホの2台持ちからおさらば。
  • 端末もDSDS対応機種一台分で済むので低コスト。
  • 現在キャリアからMNPしなくてもオッケー。
  • 音声+音声も待受可能なので仕事とプライベートを1台の端末で利用できる。
  • 利用料金の安い格安SIMのデータプランが利用可能。
  • 基本的に格安SIMのデータプランは2年縛りや解約金が発生しない。
  • 格安SIMの通信品質が気に食わなくても即乗り換え可能。
  • 格安SIMは縛りが無いので、0円キャンペーン等でコロコロ乗りかえが可能。
  • 格安SIMが気に入らなくても、大手キャリアでデータプランを契約するだけで元通り。

デメリットは・・・

  • DSDSは【同時待受】なので通話しながらデータ通信する【同時利用】が出来ない。

個人的に面倒くさいと感じたのはこれくらい。

DSDS対応のSIMフリースマートフォン一覧。

ガルマックスでは数多くの製品を性能評価しています。DSDS対応機種だけでなくSIMフリー端末を利用する場合、【何処の電波が利用できるか?】が非常に重要です。

例えば、auユーザーがドコモとソフトバンクの電波のみに対応している端末を購入するとauのSIMで使えません。

各機種で対応している電波をチェックしてお気に入りの一台を見つけてくださいね!

オススメの購入方法は、格安SIMでのセット購入!この後、DSDSにピッタリな格安SIMを紹介しますが、欲しい端末が格安SIMの会社で販売している場合、セット購入することで割引価格で購入可能なMVNOが多数です!

格安SIMはこんなに魅力的!DSDSスマホで使いたい格安SIMまとめ!

DSDS対応機種で相性バッチリな格安SIMをピックアップ!

  • ▼SIMを申し込む前に▼

    格安SIMを申し込む際にSIMサイズを選択します。この時、SIMサイズは一番小さな【NanoSIM】で申し込み、別途【SIMサイズ変換アダプター(Amazonへのリンクです)】を購入しましょう。

  • SIMサイズは「小は大を兼ねる」ので、一番小さなNanoSIMでもSIMサイズ変換して使えます。今後、端末を乗りかえる際にどの様なSIMサイズスロットでも利用できます。

常用的に利用したい格安SIM一覧!

安定性と利便性から長期的に利用したい格安SIMまとめ!

LINE・SNSが使い放題で利用できるLINEモバイル!

LINEモバイルの月額500円のLINEフリープランが到着

個人的に最近DSDSスマホで利用している格安SIMがLINEモバイル。ドコモ回線を利用した格安SIMで通信速度は安定しているので重宝してます。

LINEが手掛ける格安SIMで「コミュニケーションフリープラン」は月額1,110円~3GBのデータプランが利用可能。LINE・Twitter・Facebook・instagramの主要メッセンジャー&SNSのデータ通信が全部タダ!

1GB位しか使わない!という方は月額500円で利用できる「LINEフリープラン」もオススメ

今なら「コミュニケーションフリープラン」を12月31日3/31までに申し込みすると3GB×3ヶ月プレゼント!低容量プランで契約してLINEや各種SNSをいつも通り利用して最適なプランをチェック出来るようになってます!

もう格安SIMじゃ無い?通信速度がド安定なUQmobile。

UQmobileはauの事実上のサブブランド

au回線を利用した格安SIMですので、端末がUQmobileに対応していなければ駄目ですが、auのサブブランドと言われるUQmobileの通信安定度はau並に安定しています!

私も使っていますが、月額980円で3GBのデータプランが契約出来るので、au回線が利用できるDSDS端末を持っているなら是非どうぞ!

メールやLINE位しか利用しない方にピッタリな格安SIM!

普段、メールやLINE位しか利用しないから通信速度は重視しない!その代わりに徹底的にローコストでデータ通信を維持したい!そんな方には低速格安SIMがオススメ!

ロケットモバイルは月額298円!たったこれだけでメールやLINE用のデータ回線が維持可能!

ロケットモバイルの神プランを契約しました!

ロケットモバイルでは、200kbpsの通信速度ながら使い放題!メールやLINEはするけどWEB閲覧は殆どしないよ!って方には要注目な格安SIMです!

ポイントサイトのようにアンケートやアプリインストールでポイントを貯めて利用料金に充てることも可能なので0円維持も可能となってます!

キャンペーンを渡り歩き利用料金を徹底的にカット!

データ契約だから解約金も最低利用期限もなし!キャンペーンSIMで徹底的にローコスト運用可能!DSDSスマホだからこそ気兼ねなく利用できる「データSIMキャンペーン」は現在最も「美味しい」運用方法です!

まずは試したい?初期費用もタダなU-mobile。

5GBのデータ利用料金が無料となるキャンペーン

ガルマックスでドドーンと売上が急上昇している格安SIMのU-mobile。これもドコモ回線!

2ヶ月間は5GBのデータ容量の利用料金が0円(ユニバーサル料は3円)、契約時に必要な事務手数料3,000円も0円。更に、データプランは縛りや解約金が必要ないので、【キャンペーンを渡り歩く】にはもってこいな格安SIM。

初めて格安SIMを利用したい!という方も、超低コストで利用できるので問答無用で申し込んでオッケー。但し、キャンペーン期間はいつ終わるか分かりません!

いつ申し込んでも3GBが月額3円×6ヶ月利用可能なDTI SIM!

月額3円で利用できる格安SIM!

DTI SIMでは初期費用が3,000円必要ですが、3GBのデータ容量が半年間の長期に渡り0円となるキャンペーンを打ち出しています!(ユニバーサル料の3円は必要)

データのもプランは契約期間や解約金が無いので、前項目のU-mobileを利用してからDTI SIMを利用するのが最もお徳!DTI SIMもドコモ回線です!

nuro mobile(ニューロモバイル)は最大半年間2GBが700円引きでプラン料金タダ!

ニューロモバイルの700円OFFのキャンペーン!

SONY系の格安SIMで、利用している回線はドコモ!

2GBのプラン料金が700円のところ、初月無料+5ヶ月間毎月700円引きで最大半年間ユニバーサル料金のみ(月額3円)で維持が可能!

nuro mobileも事務手数料が必要なので、U-mobile利用後に乗り換えがオススメ!

ページトップへ