ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Xperia X Compactは低スペックモデル?!これが事実ならば残念仕様

garumax-2016-04-30_17h07_55

2016年の夏モデルとして登場するであろうXperia Xシリーズでは、製品発表当初、Zシリーズまでお馴染みのCompactモデルが発表されなかった為、落胆した方も多かったですね。

本日、Xperia XシリーズのCompactモデルらしき製品情報をキャッチしたのでどうぞ。

2016/8/26追記:Xperia X Compactのレンダリング画像が流出しました。

Xperia X Compactは2タイプで展開か?!

Xperia情報サイトでお馴染みのXperiaBlogが報じた内容によると、GFXBenchサイト上で新型のXperiaに関する情報を発見!

画面サイズから、まさしくCompactモデル。

気になるのは、性能の異なる2タイプ(Sony F3216/Sony F3311)のスペックが見つかったこと。以下のそれぞれのスペックをまとめてみた。

項目Sony F3216
(高性能)
Sony F3311
OSAndroid 6.0Android 6.0
SoCMediaTek
MT6755
1.9Ghz
MediaTek
MT6735
1.3Ghz
画面4.6型
フルHD
(1920x1080)
4.6型
HD
(1270x720)
メモリ2GB1.5GB
カメラ背面:2100万画素
前面:1600万画素
背面:1600万画素
前面:500万画素

あれ、、、スペック低くない?!

Xperia Z5では、画面サイズの異なる3タイプ展開となっており、スマートフォンの処理性能を左右するSoCが同一であったため、単純にサイズで選んでもSoCの性能差はありませんでしたね。

Xperia Xシリーズのでは、現在、最上位モデルの「Xperia X Performance」を筆頭に、「Xperia X」、「Xperia XA」の3モデルが発表されました。

そう、今度のXperiaはモデルによりスペックが異なるのです。

Xperia Z5と同様にCompactモデルも性能は最上位となることを望んでいましたが、今回の情報が正しければ、Compactモデルは低性能です。

更に今回判明した2機種でも性能が異なる。

先ほどのスペック表左側に記載している「Sony F3216」が高性能版で「Sony F3311」がより低い性能となっています。

実は、以前発表されたXperia Xシリーズで、最も性能の低いモデル「Xperia XA」とCompactモデルであろう「Sony F3216(高性能)」のSoCが同じなんですよね。

もっともっと詳しくお話すると、「Xperia XA」は上位のモデルとSoCメーカーが違います。

最上位モデル「Xperia X Performance」と次点の「Xperia X」はSnapdragonを搭載していますが、最も性能が低い「Xperia XA」のみMediaTekのSoCを搭載しているのです。

もはや別物です。

そして、Compactモデルであろう「Sony F3216(高性能)」と「Sony F3311」はどちらもMediaTek製SoC。つまり、低スペック路線となります。

Xperia Xシリーズは最上位モデル一択か?!

今回判明したCompactモデルの性能が事実であれば、個人的に余り魅力的な製品では無いですね。

Compactモデルは小さくてもハイスペック!って事が1つのウリでも有りましたから、その点が崩れると魅力が薄まるのも必然的かと。

ガルマックスでは新型Xperia Xシリーズについて情報を追っかけていますので、新たな情報が入り次第お伝えしますね!

既に発表済みである「Xperia X Performance」「Xperia X」「Xperia XA」の3機種に関しては以下でスペック比較を執筆していますのでどうぞ。

ページトップへ