ワイモバイル バナー ヘッダー

OCN、音声SIM契約で最大13,000円キャッシュバック。お試しも乗り換えも今がチャンス

OCNモバイルONEが最大13,000円キャッシュバック

OCNモバイルONEが音声通話SIMの申し込みで最大13,000円キャッシュバック。格安SIM会社がスマホの抱き合わせなしにこんなに大きなキャンペーンをやるのは珍しいですね。詳細は以下から。

OCNモバイルONEの音声SIM申し込みで最大13,000円キャッシュバック

通信速度が落ちる代わりに月額料金も落とせる格安SIM。その中でもガルマックスがよくおすすめするOCN モバイル ONE。通信品質が比較的良い、解約料金がかからない、プラン変更も毎月無料と特徴の多いMVNOです。

そして何より音声通話SIMとセットのスマホセールがめちゃくちゃ安い。現在はAQUOS sense4 plusが発売記念で特価になっているくらいでややおとなしめですが、たまに新機種も旧機種もビックリするほど値下げしてくるので定期的にチェックしておきましょう。

今回はスマホに関係なく音声通話SIM単体のキャンペーンですが、これも超おトク。新規契約でも9,000円、条件によっては最大13,000円のキャッシュバック。

「新コース」と呼ばれている現在の料金体系だったらどのプランでもいいみたいです。1GBプランでも大丈夫。「旧コース」はお得じゃないので無視でOK。

OCNモバイルONEのキャッシュバックキャンペーン

期間:1月5日(火)~1月31日(日)

条件:音声通話SIM(新コース)の申し込み

内容:キャッシュバック(新規契約で9,000円、MNP乗り換えで12,000円、さらにAmazon Music Unlimited申し込みで1,000円)

適用時期:利用開始から9ヶ月目

どれくらいお得?

格安SIMは月額料金自体が大手キャリアよりも安いので、キャッシュバック金額によっては数ヶ月分の月額に相当します。例えばOCNの月間3GBプランは月1,628円(税込)。新規契約9,000円のキャッシュバックで考えると5ヶ月間無料みたいなものですね。

ところでDTI SIMなら半年無料で格安SIMが試せます。「半年お試しプラン 3GB」ってやつです。データ通信SIMなので通信品質のチェック用途。当然何回線もいけるわけはなく、DTI SIMに初めて申し込む人限定のお試しサービスですが。

今回のOCNモバイルONEの13,000円キャッシュバックって同等クラスに安いんじゃないの?と思ったので計算してみました。以下はDTI SIMの「半年お試しプラン 3GB」とOCNモバイルONEの「音声通話SIMプラン 3GB」を比較したもの。

OCN側は最大のキャッシュバック額と仮定している(つまりMNP乗り換え時)のでやや強引な比較ですが、DTI SIMがデータSIMなのに対しOCNモバワンは音声通話SIMでこのランニングコスト。どれだけお得かわかるはず。

支払い OCNモバイルONE DTI SIM
初期費用 3,733円 3,733円
月額料金 1,628円(初月無料) 924円(半年無料)
6ヶ月間の総支払額 11,873円 3,733円
キャッシュバック 9ヶ月目(13,000円) なし
9ヶ月間の総支払額 3,757円 6,505円

格安SIM単体を考えてた人は大チャンス

格安SIMは大手キャリアに比べて通信速度が下がるのは事実ですがエリア(OCNの場合はドコモ回線)は変わらないので通話の品質はそのままですし、使ってみたら別に十分なスピードだなと感じるユーザもたくさんいます。

格安SIMの使用感のお試しにも使える。そのまま継続でもトータル激安。スマホを新調する予定はまだないけど格安SIMへの乗り換えには興味があったという方はこのタイミングでどうぞ。おトク度は太鼓判を押します。1/31まで。

ドコモのスマホを使っているならそのまま、auやSoftbankのスマホを使っているならSIMロックが解除してあれば基本的には大丈夫。詳しくは公式サイトを見てみて下さい。2021年を格安SIM元年にしましょう。

なお1,000円引きの条件になっているAmazon Music Unlimitedは月額980円の音楽聴き放題サービスですが、初回に限りこれも3ヶ月無料なのでとりあえずつけておけばOKです。

ページトップへ