ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

日本通信のポケモンGO専用プリペイドSIMのメリットとデメリット

ポケモンGO専用プリペイドSIMのパッケージ

日本通信が8月10日より提供開始予定の「ポケモンGO」専用プリペイドSIM。親御さんは気になっている方も多いかもしれません。

日本通信のニュースリリースを読んだのですが、メリットもデメリットも両方兼ね備えているSIMですので、個人的に感じたことを残しておきます。

契約不要でポケモンGOだけ遊べる専用SIM。

日本通信はb-mobileというMVNOを手がけており、格安SIMを扱う業者としては超老舗。その中でも契約不要でデータ通信環境を手軽に利用できる「プリペイドSIM」を積極的に扱っている企業さんです。

ポケモンGO専用に設計された専用プリペイドSIMは、高速なLTE通信が1GBに達するか、30日の利用期限に達するまで利用可能なSIMとなってます。

1枚1,500円となっており、標準SIM・MicroSIM・NanoSIMのサイズから選べます。

ポケモンGO専用SIMの良いところ。

契約不要で解約不要。

冒頭でもお伝えした通り、プリペイドSIMは契約の必要がありません。SIMの利用料金を前払いすることで契約の必要が無いんですね。

また、契約に必要な事務手数料もないので、ランニングコストは安いです。

また、契約する必要が無いので解約の必要もありません。30日の利用期限後、10日を過ぎると完全に使えなくなる仕様です。

500円でチャージが可能。

データ容量で考えると、1GBが1,500円という価格は全く安くありません。が、これは初回のパッケージ価格(SIMカード代金)も含まれての価格です。

前項目で「30日の利用期限後、10日を過ぎると完全に使えなくなる仕様」と書いていますが、この10日の間に500円でデータ容量をチャージ可能です。

つまり、初回分の1GB又は30日の利用期限を使いきってしまった後は、500円で同条件を継続利用可能というわけ。

チャージが可能ということで、契約不要、継続利用可能、解約不要の非常に使い勝手の良いプリペイドSIMです。

ポケモンGO専用なので安心。

このポイントが親御さんにとっては、一番の魅力かも知れません。

ポケモンGO専用SIMですので、ポケモンGO以外の通信が出来ないように設計されてます。ブラウザ機能やSNSなど、使わせたくないサービスをシャットアウト可能ということで、スマホをポケモン専用のゲーム端末として簡単に構築可能となってます。

ドコモ回線なので、端末の確保も簡単。

ポケモン専用SIMはドコモのネットワークを利用しているので、エリアはドコモと同じ。

中古のドコモスマートフォンやドコモ回線が利用できるので、古いスマートフォンの再利用も可能となってます。

格安スマホでポケモンGOを遊ぶ場合は端末選びに少し注意が必要です。この件に関しては以下の記事でまとめてます。

ポケモンGO専用SIMのイマイチなところ。

ポケモンGO以外利用できない。

ポケモンGO専用SIMの良いところでも有り、イマイチな部分はこれに尽きます。

ポケモンGO専用SIMは、ポケモンGOのみでしか通信出来ない設計となっているので、LINEやGmail等の連絡手段も、もりろん利用(通信)できません。

子供が友達とポケモンGOで遊びに行く際も、他に連絡手段を持たせないとポケモンGO専用SIMを挿した端末のみでは連絡が出来ないことになります。

また、連絡手段に利用できるLINEやメールだけに留まらず、ポケモンGO以外の通信が出来ません。

どの様な状況になるのかは、ご自身のスマートフォンで機内モードにでもしてみて下さい。通信が出来ないスマートフォンで出来ることは非常に限られてます。

ポケモンGO専用SIMが気になる方は、じっくり検討しましょう。

ポケモンGO専用SIMは、良い部分はもちろんありますが、利用するシーンによってはイマイチな部分が気になります。

個人的にポケモンGOを利用している中で一番通信の多いアプリが「WEBブラウザ」。ポケモンの位置を確認出来る「ポケビジョン」を利用したり、移動先のポケモン情報をTwitterを利用してリアルタイムに確認する。などなど、ポケモンGO以外での通信が多かったです。

ですので個人的には、ポケモンGO専用SIMは特段魅力を感じません。

私なら、「ポケモンGOの通信費がタダのプランよりこっちの方がいい」で書いた通り、格安SIMのキャンペーンを利用してタダで通信。子供にスマホをもたせる場合、利用させたくないアプリは「アプリロック系」のアプリを利用して、個別にアプリ利用制限をかけます。

日本通信のポケモンGO専用プリペイドSIMは、親御さんと一緒に出歩いて遊ぶためなら選択股として検討しても良いかもしれません

ページトップへ