ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Android One S6のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Android One S6

国内メーカーである京セラから新たに出たスマホ「Android One S6」がワイモバイルより発売!今回のAndroid One S6は結構革新的な面がある面白い機種ですよ!早速性能をチェックしてみましょう!

Android One S6のレビュー!

なんと、この記事を書いている時にガルマックスから連絡があり、Android One S6の実機を入手したようです!そして、レビューはワタクシ柳生が担当することに!

実機レビュー公開時はTwitterFacebookでお伝えするのでAndroid One S6が気になる方はフォロー宜しくおねがいします!

Android One S6の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Android One S6
型番/別名 S6
発売年 2019年12月
発売地域 日本:ワイモバイル
メーカー 京セラ
言語 日本語対応
Googleサービス対応
対応バンド・ネットワーク
2G 非対応
3G 1/8
4G FDD-LTE : 1 / 2 / 3 / 4 / 8 / 28
TDD-LTE : 41
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット Nano SIM×1+MicroSD
ネットワーク関連備考 シングルSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 5.84インチ
TFT液晶
画面占有率は非公表
解像度 2,280×1080/FHD+
画面比率19:9
画素密度 432ppi
高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ153mm
横幅73mm
厚さ8.9mm(カメラの突起を除く)
重さ 151g
本体色 ブラック/ホワイト/ラベンダーブルー
システム仕様
OS Android 10
SoC Mediatek Helio P35 / MT6765
CPU Cortex-A53 / 2.3GHz+1.8GHz / 8コア
ベンチマーク AnTuTu v7(参考):総合スコアは85000点、3Dスコアが13000点
Geekbench4(参考):シングルコア900点、マルチコア3900点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ3GB+容量32GB
ストレージカード MicroSD対応/最大512GB
カメラ
メインカメラ 16MP+8MP
特性:135°の広角カメラ搭載、背景ぼかし対応
AI:対応
手ぶれ補正:対応
前面カメラ 8MP
カメラ備考 大きいカメラが広角で、小さいカメラがメインカメラの構成
機能仕様・センサー
GPS GPS
センサー 指紋認証(背面)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP68
MIL規格準拠
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC/FeliCa(おサイフケータイ対応)
その他機能 赤外線センサー搭載(ガラケーからデータ転送可能)
ワンセグ搭載(内蔵アンテナあり)
Android One仕様
バッテリー
バッテリー容量 3,050mAh
充電 有線充電:対応
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 36,000円(ワイモバイルオンラインショップ)
公式サイト

Android One S6

購入先/割引情報

Android One S6

スペック表に関する免責事項

Android One S6の発売時期と価格

Android One S6の発売時期は12月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ3GB/容量32GB:36,000円(ワイモバイルオンラインショップ)

購入先は記事の最後に記載しています!

Android One S6の性能をチェック!

Android One S6は発売時点で性能が一番下っ端ランクとなるモデルです!非常に価格が安価であることから連絡用やサブ端末として人気の高い性能帯です!機能や性能よりもコスト重視となるので、カメラなどもオマケ程度が多いです!

  • 普段使い:動作の鈍さを感じる事がある
  • ゲーム:処理性能不足でゲームが起動できない場合もある

Android One S6(Helio P35)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだAndroid One S6実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Helio P35」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Helio P35(参考):総合スコアが80000点、ゲーム性能(GPU)が13000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でAndroid One S6が搭載するHelio P35の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Android One S6の対応バンドをチェック!

Android One S6は海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Android One S6のドコモ回線対応状況

Android One S6のLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。

また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。

Android One S6はドコモ回線で利用する一部のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

Android One S6のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Android One S6のLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Android One S6はソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたい。

海外でAndroid One S6をソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

Android One S6のau回線対応状況

Android One S6は残念ながら通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。

Android One S6の特徴ピックアップ!

外観はシンプル。大きさはちょうどいい感じのサイズ感

▼ソフトバンク&ワイモバイルショップにモックがあったんで手にとってみた。いたって普通のサイズ感。手の小さい人でも無理なく持てそうって感じでした!

Android One S6

側面の電源キーと音量キーも高すぎない位置にあるので、押しにくいってこともありません。万人に扱いやすい、いたってシンプルな形状となっております!

▼充電端子はオモテウラを気にせず挿せるType-Cになっており、横にはストラップホールも。今までのガラケーユーザーさんにウレシイポイントですね!↓

Android One S6

▼カラーはラベンダーブルー、ホワイト、ブラックの3色展開となっております!↓

Android One S6

京セラ機種初のノッチ搭載ディスプレイ

▼ディスプレイは5.84インチで、ボディサイズに対して広く画面をとっている設計になっております!京セラ機種では初のノッチ搭載。

Android One S6

本体サイズそのままにより大画面になっているので、操作しやすくなったり動画視聴やゲームでは大画面でたっぷり楽しめるようになっております!

ただ個人的にはもう少しアゴ(下部ベゼル)部分が無駄なスペースに感じるところなんで、もう少し広くしてほしかったかも!ちょっともったいない。

最新OS「Android 10」を搭載!

▼Android One S6はピッカピカのAndroid Oneシリーズ!どんなスマホよりも、いち早く最新OSにアップデートできて使えるのが魅力的。ってワケでAndroid One S6は初期からAndroid 10となっております!↓

Android One S6

具体的にはダークモード、スマートリプライ、ジェスチャー操作が使えて、セキュリティスキャンや定期的なアップデートが受けられるんす。複雑な要素がなく、シンプルで使いやすいのも魅力的です!触るの楽しみ!

シングルカメラっぽいけど実はデュアルカメラ搭載

▼一見シンプルなシングルカメラに見えますが実は違うんす。デュアルカメラ搭載なんです。AI搭載のメインカメラに加えて広範囲を撮影できる広角カメラを搭載!

Android One S6

Android One S6

面白いことに、メインカメラに見える部分が実はサブの広角カメラ。メインは隣りにある小さなサイズのカメラなんです。すごい天邪鬼感漂ってて面白い!あと広角カメラの見た目も結構独特で、まるで生き物の瞳のような見た目してます。

カメラの性能も結構進化してるっぽい!

面白いのは見た目だけじゃないんす。AI搭載と広角カメラ搭載で、これまでの京セラ機種よりも幅広いシーンで対応できるのが魅力的に進化してるんですよ!いままでは京セラ自体がカメラにあまりこだわってなかったために、このチョイスを選ぶのはかなり意外です。

メインカメラは被写体に応じて自動で補正掛けてくれる便利なAI搭載!一発で「イイ感じ!」な写真が撮れるので、カメラにあまり興味のなかった方でも楽しめるかも!さらに、手ブレ補正対応なので動く被写体でもキレイに撮影できるんだそうです。↓

Android One S6

▼サブの広角カメラは135°のひろーい範囲を一枚にカシャリと収められますんで、一歩引きたいって状況でかなり役立つ優等生。これは一度使うとなかなか手放せなくなりますよ!↓

Android One S6

▼デュアルカメラをイカした、一眼レフのような背景ぼかしの写真も撮影可能!ソフトウェア処理ではなく2つのカメラを用いて撮影するので、これまでの機種よりも高品質な写真が期待できそうす。↓

Android One S6

Android One Sシリーズ初の指紋センサー搭載!より便利になった

▼背面にはなんと指紋センサーが!指を置くだけで面倒くさいパスワードやパターンの入力が不要になる、便利ギミックなんす。↓

Android One S6

個人的には結構意外なギミック積んできた感が強い!というのも、廉価シリーズであるAndroid One Sシリーズで初めて指紋センサーを搭載したから。これはとても嬉しいポイントだ!京セラ、やるじゃん!

京セラらしくとても頑丈!IP規格も取得済み

最高級クラスのIP68の防水防と、耐衝撃性能もしっかり兼ね備えているので、スマホを落としがちなユーザーさんも安心して使えそう。↓

Android One S6

赤外線センサー搭載!ガラケーからデータ移行が可能に

▼本体上部には赤外線センサーがドドンと配置されています!今まで使ってきたガラケーから電話帳などのファイルを転送できるので、ガラケーからスマホに乗り換える方にも安心の機能も持ち合わせております。テレビなどリモコンアプリも使えるのが嬉しいポイント!

Android One S6

おサイフケータイ対応!電車やバスではかざすだけ!

▼国内独自規格のFelicaに対応しているので、Android One S6をかざすだけでおサイフケータイでカンタンに決済ができて便利!わざわざサイフ出して小銭を数えなくてもいいので便利なのよね。↓

Android One S6

Android One S6まとめ!京セラ機種の中でも革新的で挑戦的!面白い機種です

Android One S6

今回のAndroid One S6は久々に京セラが提供するスマホ。京セラはガラケーユーザーをメインにしているので、だれにでも扱いやすく、それでいてガラケーの良さを重視した機能性に仕上がっているのがウリ。

初のAI対応デュアルカメラやノッチ搭載といったトレンドを新たに取り入れつつも、これまでの京セラらしさを捨てないシンプル&ガラケーらしさをしっかり残してて、全体的にバランスがまとまったスマホといえますね!なおかつ、いろんなスマホを触ってきた筆者にとっては挑戦的でなかなか面白い機種。今後の京セラに注目したいところです。

Android One S6の価格はワイモバイルオンラインショップで36,000円となっております!スマホセット(ベーシックプランS/データ増量で4GB)の場合、端末代金込みでこんな感じです!

Android One S6の割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではAndroid One S6をお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、Android One S6の割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

Android One S6の購入先情報

Android One S6は以下で取り扱っています!

ページトップへ