ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

[実機スコアあり]ついにAntutuベンチマーク Ver 8のiOS版がリリース!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガジェット好きにとってスマホを評価する時にまず一番にチェックしたくなる要素の一つがベンチマークスコアです。この度最もポピュラーなベンチマーク測定アプリであるAntutuベンチマークのiOS版がv8にアップデートされたので実機ベンチマークと一緒にお届けしたいと思います。

v7→v8で変わった点

Android版では先行してアップデートが提供されていたのですが、v7との主な違いは

  • 90Hz以上の高リフレッシュレートの機種でスコアが伸びやすくなった
  • メモリ(RAM)やストレージ(ROM)の容量が多いほど高スコアになる

という感じです。総合スコアはv7と比べて全体的に高いイメージです。

Antutuが公開しているベンチマークスコアがAndroidはv8、iOSはv7で比較がしにくい状況だったのでようやく同じ土俵で並べることができるようになります。とはいえ同じバージョンでも単純比較できるもんじゃないですけどね。

早速実機ベンチマーク測定!

筆者が持っているiOS端末はiPhoneXR(64GBモデル)、第6世代iPod touch(16GBモデル)なのでその2つの実機スコアを載せたいと思います。

第6世代のiPod touchにはiPhone 6と同じA8というSoCが搭載されているのでiPhone 6勢も参考にしていただけると思います。参考としてAntutuのバージョンが7のときのスコアものせておきます。(左がv7、右がv8)

▼iPhoneXR(64GBモデル)、iOS13.1.3↓

▼第6世代iPod touch(16GBモデル)、iOS12.3.1↓

v8ではMEMの項目で点数が出やすくなったようです。ストレージ容量の多いモデルだともっとスコアが伸びるかもしれません。

また第6世代iPod touchではGPU性能テストがスキップされてしまい、点数は0でした。何度か試してみましたが結果は同じでした。A8は測定の要件を満たしていないのかもしれません。

A12 Bionicは40万点超え

iPhone 6と同じSoCのiPod touchでは9万弱というスコアでv7と比べてあんまり変わりばえがない結果となりましたが、A12 Bionicを搭載しているiPhone XRでは40万を超えるスコアになりました。

Android向けの最新フラッグシップSoCであるSnapdragon 855が44万点前後(GPUスコア17万点程度)と、数字上ではおおよそ同じくらいの能力ということになりました。

iPhone11シリーズに搭載されているA13 Bionicのスコアも気になるところです。

まとめ

来月にはAntutuが公式にiOS端末のベンチマークスコアを公開すると思われるので楽しみですね。第3世代iPad Proに搭載されているA12X Bionicは60万超えとかしそうですね。

ガルマックスではAnTuTu実機スコアの投稿を募集しているのでお持ちの端末のAnTuTu測定結果をご投稿下さい!

実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2019/12/10更新]

安兔兔评测—硬件检测、跑分

安兔兔评测—硬件检测、跑分
開発元:Beijing AnTuTu Technology Limited
無料
posted withアプリーチ
ページトップへ