1100-150 Xiaomi 14

Blackview BL8000が初売りセールで約2.9万円!背面ディスプレイ搭載のド変態タフネススマホ

Blackview製のタフネススマホBlackview BL8000が初売りセール!Dimensity 7050を搭載したミドルレンジの中上位クラスのスペックを持ち、カメラ部分に小型のサブディスプレイを搭載している1台がお安くなっています。

Blackview BL8000が初売りセール

Blackview BL8000がAliExpressで初売りセールを2024年1月17日17時から19日23時59分まで開催!先着1,000名のみ199.99ドル(約2.9万円)、さらに先着100名は新製品のBlackview W50スマートウォッチ付き!それほどセール期間は長くないので気になった方は以下リンクからチェックしてみてください。

■Blackview BL8000■

初出時価格→399.99ドル

▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]1月17日17時から初売りで先着1,000名は199.99ドル(約2.9万円!)、更に先着100名はスマートウォッチ付き!↓

▼スペックや特徴をおさらいするとこんな感じ。見た目は重厚感溢れるボディでカラーは2色となっています。ベースカラーはカーボン模様のブラックで、アクセントカラーがグレーかシルバーかで変わるタイプ。↓

▼タフネススマホだけあって耐久性の高さは折り紙付き!IP69KとMIL-STD-810Hに準拠しており、衝撃も水没にも強く壊れにくいっていうのが魅力ですよ!↓

▼カメラ部分の見た目も注目です。iPhone 12 Proらしい見た目のほか、カメラ横に1.32インチのサブディスプレイを搭載しているのが特徴!↓

▼このサブディスプレイは時計や天気予報、音楽コントロール表示など対応。メインディスプレイを使わなくてもある程度の操作ができることを謳っています。↓

個人的にはこの手の機能は実用性よりかは見た目のロマンに振っているんで、純粋に人がまず持たないであろうウルトラレアな変態スマホをアピールしたい、あるいは好きな画像をスマホの見た目に同化させて使いたい、って方にオススメ(`・ω・´)。

▼SoCはMediaTek Dimensity 7050を搭載しており、AnTuTu参考値は総合56万点クラス。ミドルレンジの中位~上位ほどのスペックを持ち合わせます。少なくとも普段使いは快適でサクサク動くぞ!↓

ゲームに関しては2Dなら快適!一方で3D系ゲームは画質を落とせばワンチャン快適の可能性に期待できるレベルです。とはいえこのモデルは重さが385gとスマホ2台分レベルの重さゆえ長時間のゲームプレイは体力的にキツい可能性がある点には留意しときましょう。

またメモリはLPDDR5X、ストレージ規格はUFS3.1を採用しているのもGood!電力効率や安定性、ファイルの読み書き速度においても高まっているというメリットが魅力です。

▼メインディスプレイは6.78インチのデカさ!解像度はFHD+クラス、最大120Hzの高リフレッシュレートに対応!スクロールがなめらかに動くのが特色!↓

スピーカーはSmart PA BOXスピーカーとのこと。ただし基数は書いておらず、デュアルスピーカーなのかシングルスピーカーなのかは不明です。

▼カメラはメインカメラが5,000万画素、超広角カメラは800万画素、震度測定カメラは200万画素の構成!メインは高画素で大型サイズの写真が撮影でき、超広角カメラは広範囲を1枚に収められるのが魅力です。↓

▼バッテリー容量は8,800mAhとスマホながら大容量!動画再生における電池持ちは14時間とのことで、普段使いにおいては1日余裕で持ちそうですね。急速充電は最大33Wまで対応しています。↓

上でも書いたけどセール価格は2.9万円。背面にディスプレイを搭載するモデルはBlackviewから幾つかでているんですがその中でも安め!どういう使い勝手か気になる方はチェックしてみていいと思います。

▼Blackview BL8000の詳細スペック記事は以下からどうぞ。↓

Blackview BL8000のスペック・対応バンドまとめ!Dimensity 7050搭載の背面ディスプレイ搭載タフネススマホ

■Blackview BL8000■

初出時価格→399.99ドル

▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]1月17日17時から初売りで先着1,000名は199.99ドル(約2.9万円!)、更に先着100名はスマートウォッチ付き!↓

ページトップへ