▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Galaxy A10sがFCC通過。デュアルカメラと3900mAhバッテリーを搭載

低価格帯でミドルクラスSoCを備えてきそうです。

Samsungは今年6月、Galaxy A10の廉価版となるGalaxy A10e発表しました。スペックの詳細や具体的な発売日は明かされませんでしたが、最近になってGalaxy A10の上位機種「Galaxy A10s」と思われるスマホがアメリカのFCC(連邦通信委員会)を通過したことが明らかになりました。

FCCに登録されたリストから、Galaxy A10sのスペック詳細が一部明らかとなった形です。

目次をクリックすると各項目へ移動します

Galaxy A10sの予想スペックは?

Galaxy A10sはFCCにて、モデル番号SM-A107Fで登録されていると見られています。

FCCのリストによると、Galaxy A10sは「デュアルカメラ」「指紋認証センサー搭載」「SoCはExynos 7884」「6.86インチディスプレイ」とされています。

Exynos 7884はミドルクラスのスマホに搭載されるSoCです。Galaxy A10sは179.99ドル(約2万円)で販売されると噂されているので、コストパフォーマンスは高そうです。

Galaxy A10とどこが違うの?

出典:mxmemoxpress.com

前機種とされるGalaxy A10は今年3月に発売されています。

こちらのスペックは「シングルカメラ」「指紋認証センサー非搭載」「SoCはExynos 7884」「6.2インチのしずく型ノッチディスプレイ」で、お値段は約14,000円です。少し高くなった分、ハードスペック全体が向上した模様です。

Galaxyシリーズは独自OSが日本語にも対応しており、日本未発売のスマホでも日本語対応している点が強みです。FCCに通過したので、正式に発売されるのも時間の問題でしょう。2万円で大画面のGalaxyスマホが欲しい人におすすめの端末です。

ソース

ページトップへ