1100-150 Xiaomi 14

GMK NucBox M3のスペックまとめ!Core i5-12450Hを搭載したシルバーボディのミニPC!

GMK NucBox M3

近年ミニPCを精力的にリリースしているGMKからCore i5-12450Hを搭載したGMK NucBox M3が登場!シルバーで無骨なボディを纏ったミニPCの特徴をチェックしていきます!

GMK NucBox M3の特徴

GMK NucBox M3の特徴は以下の通り!

GMK NucBox M3のハイライト

  • シルバーを基調としたシンプルなデザイン
  • Core i5-12450H搭載
  • 最大3画面の映像出力に対応
  • バランス良くまとまっている外部接続端子類

▼GMK NucBox M3はシルバーカラーを基調としたシンプルな造形をしています。↓

GMK NucBox M3

▼CPUには8コア12スレッドのCore i5-12450Hを搭載。Alder Lake H世代のプロセッサなので性能はCore i5といえど高め。↓

GMK NucBox M3

ただし、内蔵グラフィックスはUHD GraphicsとIris Xeよりも性能低めなのは注意が必要。ちょっとしたゲームを遊ぶ目的でミニPCを探している方はこの辺りも考慮しておいた方がいいかも。

▼メモリ/ストレージはデフォルトではDDR4/PCIe 3.0の組み合わせ。どちらも換装が可能とのことなので、自分好みにカスタマイズするのもアリかも。↓

GMK NucBox M3

▼GMK NucBox M3はHDMI2基とType-C 1基を利用した最大3画面の映像出力にも対応。こういうのって地味に便利。↓

GMK NucBox M3

▼外部接続端子類はこんな感じ。こうして見るとミニPCとしては結構バランス良く搭載されているって印象を受けますね。でも欲を言うならUSB 3.2端子はもう少し欲しかったかも?↓

GMK NucBox M3

  • USB 3.2 x 3
  • USB 2.0 x 1
  • Type-C(映像出力、データ転送対応) x 1
  • 3.5mmイヤホンジャック x 1
  • イーサネット端子 x 1
  • HDMI x 2
  • DC端子 x 1

GMK NucBox M3の記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ16GB+容量512GB:439.99ドル(約6.6万円)
  • メモリ16GB+容量1TB:457.99ドル(約6.8万円)
  • メモリ32GB+容量1TB:479.99ドル(約7.1万円)

GMK NucBox M3はGMK製のミニPCの特徴であるシンプルな見た目の筐体を採用していますが、CPUはパワーのあるCore i5-12450Hにバランス良く搭載された端子類と、わりかし侮れないポテンシャルを秘めているPCです。

価格は直販で6万円台半ばと高くもないんですが、そんなに安くないなというのが正直なところ。執筆時点では339.99ドル(約5.1万円)とガッツリ値下げされているので、Core i5-12450Hの性能を考えると選ぶ価値はありそう。

ただ、先述したように内蔵グラフィックスがUHD GraphicsとIris Xeよりも劣るものが搭載されているので、ゲームなどは苦手な点は押さえておきましょう。まぁ、ミニPCで重量級のゲームを遊ぶ人はそんなに居ないでしょうけどね…

ページトップへ