ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

HONOR 9Xが登場!Kirin 710Fにポップアップカメラ搭載のミドルレンジスマホ!

HONOR 9X

HUAWEIのサブブランドであるHONORはフィンランドにてミドルレンジクラスのスマホであるHONOR 9Xを発表しました。先行販売されていた他国向けのHONOR 9Xとは異なるスペックで全くの別機種に仕上がっています!

HONOR 9Xの仕様

HONOR 9Xの特徴は以下の通り。

  • Kirin 710F搭載!メモリは4GB、ストレージは128GB!
  • 6.59インチディスプレイを搭載!
  • リアカメラは4,800万画素のカメラをメインとしたトリプル構成!
  • フロントカメラはポップアップ式!
  • 給電能力は非公開。バッテリーは4,000mAh!MicroSDにも対応!

Kirin 710F搭載!メモリは4GB、ストレージは128GB!

HONOR 9Xの心臓部であるSoCはミドルレンジのKirin 710Fを搭載!Kirin 710FはKirin 710の製造プロセス違いのモデルで、性能に関しては特に差異はないとのこと。

また、メモリ容量は公式サイトでは6GBと書かれていますが、フィンランド向けは4GBのようです。ストレージは変わらず128GBとなっています。

6.59インチディスプレイを搭載!

HONOR 9Xは6.59インチディスプレイを搭載。解像度は2,340×1,080(FHD+)となっています。ポップアップカメラ搭載の恩恵もあり、画面占有率は91%を達成。圧倒的な全画面を味わえます!

リアカメラは4,800万画素のカメラをメインとしたトリプル構成!

HONOR 9Xには4,800万画素(メインカメラ)+800万画素(超広角カメラ)+200万画素(深度測定カメラ)のトリプルカメラ構成です。

フロントカメラはポップアップ式!

HONOR 9Xのフロントカメラはポップアップ式。フロントのベゼル内にカメラが配置されていないので、ディスプレイには切り欠けもなく広々と使えます。また、解像度は1,600万画素でポートレートにも対応しています。

給電能力は非公開。バッテリーは4,000mAh!MicroSDにも対応!

HONOR 9Xの給電能力は残念ながら非公開になっています。また、バッテリー容量は標準的な4,000mAhとなっています。

その他、MicroSDにも対応。NMカードと違い、汎用性の面でのアドバンテージは大きいです。

カラーリングは2色

▼HONOR 9Xのカラーリングはサファイアブルー(ブルー系)、ミッドナイトブラック(ブラック系)の2色で構成されています!↓HONOR 9X

バンド仕様はソフトバンク・ワイモバイル回線向け!

HONOR 9X バンドHONOR 9XのLTEですが、バンド1、バンド3、バンド8、バンド41に対応していますが、au VoLTEで利用されているバンド18、バンド26やドコモプラチナバンドのバンド19には対応していないので注意が必要となります。また、3Gはバンド1および8には対応していますが、バンド6には対応していません。

以上から、各社のバンド対応状況は

  • ソフトバンク・ワイモバイル回線:LTE、3G共にフル対応
  • ドコモ回線:LTE、3G共に一部対応
  • au回線:LTEは一部対応の上、実際に使えるかは検証が必要

となります。

価格は€199(約23,000円)から!

HONOR 9Xですが、価格は各種ECサイトにて€199(約23,000円)からとなっています。

記事の最初に他国向けのHONOR 9Xとは違うと書きましたが、実は前機種であるHONOR 8Xをベースとしているんです。だから新機種ではNMカードがメインとなったHUAWEI系のスマホでもMicroSDが対応してるってこと!Google系サービスに関しては公式サイトで明言されていないものの、対応していることに期待したいところです!

ガルマックスでも詳しい仕様の紹介を行う予定です。公開したらTwitterFacebookでお知らせするのでフォロー宜しくおねがいします!

ページトップへ