ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Mode 1 RR(MD-04P)のスペック、対応バンド、価格、特徴!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Mode 1 RR

ピーアップが投入するModel 1シリーズの第4段「Mode 1 RR」の登場です!発売日は2019年7月29日!ガルマックスも入手しているので近いうちにレビュー記事が公開出来ると思います!詳しいスペック表や特徴を掲載しているのでチェックしてみて下さいね!

スペックデータベース登録済み

Mode 1 RRの実機レビュー

▼追記!実機レビューを公開しました!↓

Mode 1 RR(MD-04P)のレビュー。スペックよりも見た目重視なスマホ

▼ガルマックスではMode 1 RRの実機を入手済み!近日中にレビュー記事を公開致します!↓

Mode 1 RR

Mode 1 RRの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Mode 1 RR
型番/別名 MD-04P
発売年 2019年7月
発売地域 日本:SIMフリー
メーカー ピーアップ
言語 日本語対応
Googleサービス対応
対応バンド・ネットワーク
2G 850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz
3G 1/6/8/19
4G 1/3/8/19/26/28/41
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

※実機で通信出来ることを確認済み

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

※実機で通信出来ることを確認済み

au対応状況

フル対応
プラチナバンド対応

※実機で通信出来ることを確認済み

SIMサイズ・スロット NanoSIM+MicroSIM
ネットワーク関連備考 DSDV対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.3インチ/液晶
解像度 2340×1080/FHD+
画素密度 409ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ156.4mm
横幅74.9mm
厚さ非公表
重さ 178g
本体色 ホワイト系/レッド系
システム仕様
OS Android 9
SoC MediaTek Helio P22/MT6762
CPU Cortex-A53×8/2.0GHz/8コア
GPU PowerVR GE8320
ベンチマーク AnTuTu(実機):総合スコア78196点、3Dスコアが12578点
Geekbench 4:シングル778点、マルチ3459点
PUBGモバイル:スムーズ+中
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSD対応/最大256GB/片方のSIMスロット共用
MicroSDを内部ストレージとして利用可能
カメラ
メインカメラ 16MP+2MP
カラー+モノクロ
前面カメラ 20MP
機能仕様・センサー
GPS GPS、A-GPS
センサー 指紋認証(側面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他機能 レーシングサウンドを多数収録
バッテリー
バッテリー容量 3200mAh
充電 有線充電:18W(9V/2A)
ワイヤレス充電:対応
ポート USB Type-C
その他
価格 31,212円
公式サイト

Mode 1 RR

購入先/割引情報

+Style

端末詳細記事

Mode 1 RR(MD-04P)のスペック、対応バンド、価格、特徴!

Mode 1 RR(MD-04P)のレビュー。スペックよりも見た目重視なスマホ

スペック表に関する免責事項

Mode 1 RRの発売時期と価格

Mode 1 RRの発売時期は2019月7頃で価格は以下の通り!

  • メモリ4GB/容量64GB:31,212円

Mode 1 RRの性能をチェック!

Mode 1 RRは発売時点で性能が一番下っ端ランクとなるモデルです!Mode 1 RRは日本市場向けに投入されたスマートフォンですが、海外製品を多く見ているガルマックスユーザーさんはコスパがそれほど高く無いと感じるかも!その代わりに日本で充実したサポートが受けられるので、日本市場向けとしてコスパは普通といったところですが、3万円台は競合揃いなので、ややパンチにかける印象かも。

  • 普段使い:動作の鈍さを感じる事がある
  • ゲーム:処理性能不足でゲームが起動できない場合もある

Mode 1 RR(Helio P22)のAnTuTuスコア

まだMode 1 RR実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Helio P22」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Helio P22(参考):総合スコア78000点、3Dスコアが12000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でMode 1 RRが搭載するHelio P22の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Mode 1 RRの対応バンドをチェック!

Mode 1 RRは日本向けなので技適付き。対応キャリアも好評済みなので安心して利用できる事も特徴です。

Mode 1 RRのドコモ回線対応状況

Mode 1 RRのLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに対応しています!

Mode 1 RRはドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするドコモ回線SIMはこれ!↓

Mode 1 RRのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Mode 1 RRのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Mode 1 RRはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でMode 1 RRをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

Mode 1 RRのau回線対応状況

Mode 1 RRは通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています!

残念ながら3Gには対応していない(auでは3Gを廃止するので現在は多数の製品が通話もデータ通信もLTE(4G)を利用するau VoLTE SIMとなっている)ので注意!

Mode 1 RRの特徴をチェック!

6.3型の水滴ノッチ画面!スマートにトレンドを採用してます

▼画面サイズは6.3型でやや大きめですが、水滴ノッチ採用なのでより高い画面占有率を実現できています。↓

Mode 1 RR

流れる流線型の画面形状はまさにスマートの名にふさわしいといえますね!また本体サイズとほぼ同等の画面のデカさなので、ゲームや動画視聴にうってつけなんです!画面解像度もFHD+なので、画面ドットの粗さも気になりません!

「レーシング」の名にふさわしい!超スポーティールック!

▼背面見てください、コレ、ケースつけてるワケじゃないんです。生です、生ボディなんす!イエス、筆者の大好きなカーボンルックボディ!

Mode 1 RR

イカにも「男の子ってこういうのが好きなんでしょ?」って感じのカーボンルックス。スポーティーでスタイリッシュですごいカッチョいいです。えぇ、ワタスはこういうの大好きです。

カラーはブラック・カーボンとホワイト・カーボンの2色展開!え?カラバリ少ないって?だまらっしゃい!イカしたカーボン柄があるじゃない!

DSDV機能搭載!!VoLTEにも対応する希少機種!

▼SIMスロットはSIMが2枚入るデュアルSIM構成!また、NanoSIMだけでなくMicroSIMやMicroSDカードも挿せちゃいます。↓

Mode 1 RR

最近はDSDSスマホは増えてきているんですが、DSDVスマホって殆ど見ませんよね?au回線ユーザーさんには悩ましい所です。

ですが!Mode 1 RRは別です!なんとDSDV対応なんですよ!やったね!デュアルSIM使いたかったau回線ユーザーさんにむっちゃ嬉しい機能ですよ!

ただしスロット片方はMicroSIM専用形状になっているので、NanoSIM使いながらMicroSDを使うことができないという謎のネックが。

って思いきや付属品でNanoSIMをMicroSIMに変換するSIMアダプターが付属されていました!しっかりこういうポイントもおさえてくれています。よかったよかった。

指紋センサーは側面配置!電源キーと共用式になって使い勝手バッチリ

▼指紋センサーは本体背部でも正面でもありません。側面です!なんと電源キーと合体しちゃいました。↓

Mode 1 RR

XperiaのXZぐらいしか見かけない激レアな構造も魅力なんですが、ソレ以上に使い勝手の良さが(個人的には)最大の魅力。電源キーをポチっと押すだけでロック解除がカンタンにできちゃいます!

個人的には側面配置がかなり嬉しい構造なのでこれはもっと流行ってほしいんです。押しやすいし画面汚さないしでメリットありまくりですゾ。流行れ!流行れ!って声を大にして叫びたいぐらいイイポイントです。

スタイリッシュな縦並びのデュアルカメラ搭載!品質も良さげ!!

▼デュアルカメラを搭載!縦に並べてスマートなインテリアに仕立てています!↓

Mode 1 RR

画素数はメインが1,600万画素、サブは200万画素の構成!メインカメラはカラーセンサーでサブカメラはモノクロセンサーなので、より明暗のくっきりした品質が期待できそうです!

公式写真によればキレイな夜景を撮影できるとのこと!F値は明らかにされていませんが、コレを見る限り結構期待できそうです!

フロントカメラは2,000万画素とリアより高く高解像度な撮影が可能!セルフィーもしっかりしたものが撮影できるでしょう。

ワイヤレス充電対応!充電だってスマートにできる!

Mode1 RRはなんとワイヤレス充電にも対応!専用機器を用いれば、充電の動作がよりカンタンでスマートになりますよ!超便利!↓

Mode 1 RR

またケーブル充電のみですが9V2Aの急速充電にも対応!ミドルクラスながらもしっかりした機能を詰め込んでいます。素晴らしいぜ!

バッテリー容量は3,200mAhと大きめ!またバッテリー管理機能もあるため駆動時間も一般的なスマホより長くできてるんですって。スマホの要である駆動時間が長くなっているのはとっても嬉しいポイントですよ!

レーシングサウンドが内蔵!着信音もスポーティーにキメよう!

▼ものスゴい面白いことにレーシングサウンドが内蔵されています。↓

Mode 1 RR

というのも、開発元の株式会社ピーアップさんはなんとレーシングチームを運営しているんですよ!それつながりで、これまでも数々のオサレなレース仕様スマホを発売してきているんです。

実際のレースから収録したサウンドなので、迫力も品質も凄まじんです。公式サイトから視聴できますので気になる方はぜひ!!

Mode1 RRまとめ – スポーティーでクールなスマホ!

Mode 1 RR

性能自体はエントリーに近いミドルスマホなんですが、イカした外観に品質に期待できるカメラ、そして何よりバリバリなレーシング仕様っていう面白いスペシャリティがそそる魅力の一台。

お値段も31,212円(税込)で国内で手厚いサポートが受けられる安心感を加味すると中々魅力的なお値段。何より全キャリアに対応しする日本市場向けモデルなので誰だってとっつきやすい安心感もあり、お値段以上の価値が詰まっているんですよ!きっと!もちろんSIMフリーなのでどんなキャリアでも安心して使えます!

個人的にはどんな実機なんだろう?ってかなり気になる一台。実機を触りたい!筆者柳生は今までいろーんな変態スマホを見て触ってきた変態野郎なんすけど、今回もまた面白い特徴を搭載していてイイなぁ!って思わされました。

Mode 1 RRの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

現在、Mode 1 RRの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

Mode 1 RRの購入先情報

Mode 1 RRは以下で取り扱っています!

Mode 1 RRの公式サイト

Mode 1 RRの公式サイトは以下です!

ページトップへ