OCNモバイルONEの最新料金プラン・手数料・仕様や特徴まとめ

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの最新料金プラン・手数料・仕様や特徴を解説。評判や通信速度もまとめてあります。

OCNモバイルONEの最新料金プラン

月間通信容量 データ通信SIM SMS対応SIM 音声通話SIM
1GB/月コース 770円
3GB/月コース 858円 990円 990円
6GB/月コース 1,188円 1,320円 1,320円
10GB/月コース 1,628円 1,760円 1,760円

OCNモバイルONEの料金プランは1GBコース、3GBコース、6GBコース、10GBコースの4つ。容量が1GBのプランは音声通話SIMのみとなります。1日あたり3GBなどの通信制限はありません。

SMS対応SIMは音声通話SIMと金額に違いがなく、業務用・検証用などよほど用途が限定されていない限り選ぶメリットはありません。

データ通信SIMも同様の傾向があり、音声通話SIMと比べると割高と言えそうです。基本的には音声通話SIMで申し込む事を考えておきましょう。

通話料・オプション料金

通話料金 22円/30秒
OCNでんわの通話料 11円/30秒
かけ放題 10分かけ放題:935円/月
トップ3かけ放題:935円/月
完全かけ放題:1,430円/月
SMS送信料 国内への送信:3円/1通
海外への送信:50円/1通
海外からの送信:100円/1通
050 plus 基本料金:165円/月
固定電話への通話料:9円/3分
携帯電話への通話料:53円/3分

通話料金は30秒ごとに22円。この料金はOCNでんわの対象外の通話の場合に適用されます。いわゆる普通の電話の料金。

OCNでんわの通話料は30秒ごとに11円と通話料金が半額になります。国内通話の際に自動でOCNでんわのプレフィックス番号が追加されるため、専用アプリなしでこの特典が受けられます。ただし060で始まる番号や3桁の番号など一部例外あり。

OCNモバイルONEのかけ放題は3タイプあり「10分まで無料の10分かけ放題」「トップ3かけ放題」、「完全かけ放題」となります。

10分かけ放題は10分までなら何度かけても通話料が0円になるオプション。短時間の通話が多い方向けです。

トップ3かけ放題はその月の通話料を高い順に並べてトップ3までの通話料が0円になるオプション。特定の人とよく電話するという方向けですね。

完全かけ放題は国内通話料が0円になるオプション。とにかく多くの宛先と通話をたくさんする方向け。

SMS送信料は電話番号を利用したショートメッセージを送信した場合の料金です。国内への送信は1通/3円ですが、海外への送信は1通/50円。さらに海外から送信した場合は1通100円となりますので海外渡航メインの方はこの点に要注意。

050 plusは月額制のIP電話アプリでありOCNのサービスではありませんが、提供しているのは同じNTTコムなので提携割引があります。OCNモバイルONEユーザなら月額料金が半額の165円に。かけ放題までは不要だけど電話はする、という方に。

初期費用・各種手数料

初期手数料 3,300円
SIMカード手配料 433円
SIM変更手数料 音声対応SIM:3,300円
SMS対応SIM:1,980円
データ通信専用SIM:1,980円
MNP転出手数料 0円
最低利用期間・解約料 なし

初期手数料は契約時に必要な手数料です。大体どのMVNOを選んでも同じくらいの手数料。

SIMカード手配料は契約時にSIMを準備するという名目で徴収される料金です。他社ではSIM発行手数料と表記されている場合もあります。これも初期費用の1つで、さらにSIM変更をした時にもかかってくるので注意。

SIM変更手数料は回線変更などでSIMカードを変更する場合に発生する費用です。回線が変わるとSIMカードも変わるので頻繁に回線変更するのはオススメしません。

MNP転出手数料は他社へ乗り換える際に必要な手数料ですが、OCNモバイルONEは手数料0円なので気軽に乗り換えが可能です。

最低利用期間・解約料は契約時にこれだけの期間使って下さいねというもの。その契約期間よりも早く解約する場合に発生する手数料が解約料です。OCNモバイルONEでは最低利用期間なし、解約金なしなのでユーザが任意のタイミングで乗り換えが可能。

OCNモバイルONEの仕様・特徴

MVNOでよくある機能がOCNモバイルONEで使えるか、特徴をまとめてみました。

データ繰越し 対応
プリペイドSIMは対象外
通信容量シェア 対応
データ容量追加 OCNモバイルONEアプリ経由:550円/1GB
上記以外:1,100円/1GB
カウントフリー 対応
バースト機能 対応
節約モード切替 対応
かけ放題オプション 対応
利用可能回線 ドコモ回線
制限時通信速度 最大200Kbps
支払い方法 クレジットカードのみ

データ繰越しは使わず余った通信容量を翌月に繰越せる機能。申し込みは不要で自動発動します。ただ繰り越せるのは翌月末までなのでどんどん貯金できるわけではありません。プリペイドSIMは非対応。

通信容量シェアは親回線の契約している容量を子回線で使える機能です。最大5枚のSIMカードで可能。子回線一枚あたり433円のSIMカード手配料がかかりますが、データ通信SIMは月額440円、SMS対応SIMと音声通話SIMは月額572円で親回線の通信容量を使う事ができます。

データ容量追加は1GB/550円です。契約しているデータ容量が足りなくなった場合に必要な容量を追加購入しましょう。毎月容量を追加しているなら容量の多いプランへの変更も検討しましょう。アプリ経由の方が安いので確実にアプリから。

カウントフリーはOCNモバイルONEでは「MUSICカウントフリー」という機能名で対応しています。対象の音楽サービスは通信容量の消費なし。追加料金なしで設定不要、デメリットがないので必ず申し込みましょう。amazon music、AWA、LINE MUSIC、Spotifyなどが対象サービスです。

バースト機能は「容量を使い切るなどして速度制限がかかった際や低速モード時、通信開始のわずかな時間だけ高速通信して快適にWebにアクセスできる機能」です。OCNモバイルONEでは「バースト転送機能」という機能名で対応しています。

節約モード切替を使うと通信速度が最大200Kbpsに落ちるかわりに通信容量を消費しなくなります。週末に動画をたくさん見る予定があり平日はSNS程度の利用なので低速でもかまわない、という時に活用すると通信量が節約できますね。

かけ放題オプションは10分かけ放題・トップ3かけ放題・完全かけ放題の3つに対応しています。それぞれの違いは前述。

利用可能回線はドコモ回線のみです。au回線やソフトバンク回線は提供していません。

制限時通信速度は200Kbpsです。契約している容量を使い切っても低速で通信ができますが、テキストベースのWEBページを見たり、LINEで文字メッセージ送る程度の速度しか出ないので高速通信を引き続き行いたい場合は通信容量の追加も検討しましょう。

支払い方法は契約する本人名義のクレジットカードのみです。口座振替は対応していないのでご留意下さい。

ドコモ回線の通信品質が良い

OCNモバイルONEはドコモ回線を採用しているMVNOですが、通信品質には定評があります。MM総研のMVNOネットワーク品質調査では二期連続で総合1位を獲得。

格安SIMは仕組み上どうしても混雑する時間帯を中心に通信速度は落ちます。大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの通信速度には絶対に敵いません。

そんな中でもOCNモバイルONEは比較的満足度の高い通信品質を提供し続けられているという事になります。節約モードを活用する事で通信容量のマネジメントができる点も大きいですね。

スマホのセールが多くて安い

これはOCNモバイルONE自体のサービス内容とは少し違いますが、OCNモバイルONEはスマホのセールを高頻度で開催します。それが激安。

gooSimsellerというグループ会社の販路とタイアップしており、OCNのSIMカードの申し込みと同時にスマホを購入する事で割引が受けられます。

最新の取り扱い機種がセール対象になる事もザラですし、物によっては1円で販売されたりもします。格安SIMへの乗り換えと同時にスマホも新調したい、というユーザはOCNモバイルONEを要チェック。

OCNモバイルONEの評判・通信速度

届いたSIMをスマホに挿入してAPN設定(通信設定)を行うだけで即使えます!OCNモバイルONEのAPN情報は以下です!

OCNモバイルONEのAPN

  • 名前:(任意)
  • APN:lte.ocn.ne.jp
  • ユーザ名:mobileid@ocn
  • パスワード:mobile
  • 認証方式:CHAP
  • APNプロトコル:IPv4

格安SIMは混雑する時間帯に通信速度が落ちる代わりに安いSIMなので、利用者が増えると通信速度も変わってきます。以下はOCNモバイルONEの通信速度サンプル。

▼ドコモ回線↓


▼OCNモバイルONEの評判と口コミも調べてみました。こちらは良い口コミ。通信速度や使い勝手が評判の様子↓

▼こちらは悪い評判。どうもSIMカードの通信仕様でバッテリー消費が早くなる人もいるようです。特に古いスマホで電池が劣化しているなら相性は良くないでしょう。またドコモ回線なので今までの通信キャリアから変わる場合は電波の入り具合が違うかもしれません↓

まとめ:スマホを新調したいならOCNモバイルONE

確かなサービス品質、圧倒的な端末の安さとラインナップがOCNモバイルの人気の理由。ぜひ一度公式サイトにアクセスして見て下さい。OCNモバイルONEのおすすめ端末・スマホまとめも見ておくと満足のいく買い物ができるはず。

現在ドコモ回線を使っていてエリアが問題ない人は使用感そのままにケータイ代を下げる事が可能です。動画をとにかくたくさん見る、という方でない限り通信速度に不満は少ないと思います。

反面、SIMの仕様からか端末のバッテリー消費が大きいという口コミも上がっていますが。特に古いスマホとは相性が悪そう。その意味でも、OCNモバイルONEを申し込むなら同時に最新機種を購入すると良さそうですね。

ページトップへ