楽天モバイル 3ヶ月無料

ソフバンはデータ無制限で6,580円、ワイモバは値下げで5G対応、LINEモバイルは新ブランドでahamo対抗

ソフトバンクが新プラン・サービスを発表。ソフトバンクはデータ使い放題の「メリハリ無制限」、ワイモバイルは値下げと5G対応、LINEモバイルはアハモ対抗で20GB+「LINE がギガノーカウント」を発表しています。

ソフトバンク本家プランで「メリハリ無制限」を発表

“ソフトバンク”、データ容量無制限の4G/5G 共通の料金サービス「メリハリ無制限」を提供開始

ソフトバンクは本家の主力プランで新しい料金プラン「メリハリ無制限」を発表。4G/5G共通のプランです。月額は6,580円で月間3GB以下の場合は自動で1,500円が割引。

これまでのメリハリプランは50GBの容量+対象の動画SNS使い放題という内容で月額8,480円でしたが、「メリハリ無制限」はデータ使い放題となり従来プランから1,900円値下がり6,580円となりました。

割引は自宅の固定回線を指定回線を利用することで発動する「おうち割 光セット」で-1,000円、2人から利用可能な新みんな家族割で-600円〜の割引が適用となります。

サービス提供開始は2021年3月。

各社の5G主力プランと比較。テザリングまで含めて考えるとドコモが魅力

項目 ドコモ au ソフトバンク
(New)
楽天モバイル
データ
容量
使い放題 使い放題 使い放題 使い放題
月額 6,650円 9,350円 6,580円 2,980円
備考 Amazonプライム付き
TELASA付き
通信制限 テザリングも対象 テザリング
30GBまで
テザリング
30GBまで
楽天回線のみ
使い放題

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルはどれも5G使い放題に。ドコモは従来のプランから1,000円割引され6,650円でテザリングも対象。auの新プランはしょぼくて残念賞。

ソフトバンクはデータ使い放題に切り替わり利用料金も1,900円値下げで御三家なら最安。楽天モバイルはエリア的に主力はまだ無理。

各社で大きく打ち出しているのは「5G」と「データ通信使い放題」なわけですが、使い勝手で言えばテザリングも対象となっているドコモがやっぱり魅力的。

ソフトバンクも凄く頑張ってる利用料金なんですが、ドコモはその料金にたった70円足すだけでPCでもゲーム機でも何でもデータ使い放題になるのはデカイですよね。僕ならドコモにするかな。

ワイモバイルで5G対応の新プラン「シンプルS/M/L」を発表

“ワイモバイル”、5G サービスを提供開始

ソフトバンクはサブブランドのワイモバイルでもプランを見直しました。これまでワイモバイルは4Gまで利用可能でしたが5Gに対応します。

プランはシンプルS、M、Lの3種でシンプルLは12月下旬から提供開始予定だったシンプル20の内容を改定したものです。

利用料金がSが3GBのデータ付きで1,980円、Mが10GBのデータ付きで10GB、シンプルLが20GBのデータ付きで3,780円でMとLのみ通信容量超過時の速度が最大1Mbpsとなってます。割引はおうち割 光セット又は家族割引サービスで-500円。

これまでのワイモバイルは10分かけ放題が付いてましたが、新たなシンプルS/M/Lでは従量課金で30秒20円の通話料が発生するようです。

サービス開始は2021年2月。

ワイモバイルは5G対応と通話オプション切り離しがポイント

ワイモバイルはこれまで4Gまでしか利用できませんでしたが、サブブランド初の5G対応で高速な次世代通信を追加料金無しで利用可能に。

また、旧プランでは「10分かけ放題」がプランに組み込まれていましたが、新プランでは通話オプション扱いに。利用料金は10分かけ放題が700円、時間制限のないかけ放題が1,700円。

例えば10分かけ放題が利用できる旧プランに合わせて新プランに10分かけ放題オプションを追加して計算すると以下の通り。

項目 S(3GB) M(10GB) 旧R(14GB)
新L(20GB)
旧料金
(10分かけ放題付き)
2,680円 3,680円 4,680円
新料金
(通話30秒20円)
1,980円 2,980円 3,780円
新料金
(10分かけ放題OP)
2,680円 3,680円 4,480円

旧プランと比較した場合、新Lプラン以外は旧プランの内容と合わせて10分かけ放題を含めると料金に差はありませんが、旧Rプランから刷新される新Lプランはデータ容量が増えて利用料金も200円ほどお得に。

あまり利用料金が変わらないじゃん!と思っちゃうんですが、通話しない人は不要な部分でお金を支払う必要がなくなるので適した使い方ができ、かけ放題が必要な方は従来通りの水準で利用可能なので柔軟性がグッと増した印象です。

利用料金はちょっと高いけど店舗サポート付き

後で紹介するソフトバンクの新プランは「オンライン型」のサービスで、申込みから各種手続きまでオンラインで行うことで人件費を削減できるから安い。でも、僕の両親は申込みや手続きでギブアップしそう。

ワイモバイルはソフトバンク本家よりも安い価格だけど店舗でのサポート付き。ソフトバンクが打ち出した新プランに料金面では敵わないけど、これまで同様に充実した店舗サポートが受けられるのが魅力のポイントでしょう。

新ブランドで20GB+「LINE がギガノーカウント」を発表

20GB+「LINE がギガノーカウント」を発表

ソフトバンクは月額は2,980円(税込)の20GB+「LINE がギガノーカウント」を発表しました。内容としては利用料金はずっと据え置きで2,980円、20GBのデータ容量が利用可能。LINEはデータ容量を消費しないノーカウントで利用可能。5Gも対応しており5分以内のかけ放題も付いてます。

気になっていた通信品質面ですが、ソフトバンクの通信品質と変わりません。なので、LINEモバイルの格安SIMとは異なる高品質な通信が可能。5Gを含む通信で20GBを上回った場合は最大1Mbpsで通信が可能です。

通話は別途1,000円で制限無制限の通話かけ放題も利用可能。SIMは埋め込み型のeSIMにも対応予定です。

LINEから各種申込み可能で申し込みはオンライン専用。2021年3月からサービススタート。

ソフトバンクの対抗プランはLINEが強い、ahamoは海外通信が強い

ドコモが業界を震撼させた衝撃の新料金プラン「ahamo」ですが、これに対抗するプランとして打ち出されたのが20GB+「LINE がギガノーカウント」。

基本的なプラン内容を比較するとこんな感じ。

項目 ソフトバンク対抗プラン ドコモのahamo
月間通信容量 20GB 20GB
データ超過後速度 1Mbps 1Mbps
無料通話 1通話5分まで 1通話5分まで
5G 対応 対応
月額 2,980円(税別) 2,980円(税別)

基本的な内容は同じなんですが、付帯するサービスが異なってきます。

ソフトバンクの対抗プランは「LINE」のデータ通信がカウントフリー。どれだけ使っても20GBを消費せずにLINEが利用できます。また、各種申込みやサポートチャットもLINEを使って行えるます。

一方でドコモのahamoは、海外ローミングが82ヶ国 15日まで無料で利用可能。海外に渡航した際も面倒な手続き不要でデータ通信が利用できます。もちろん、消費するデータ容量はプランに組み込まれた20GBからなので、海外でSIMを購入する必要もなし。

普段からLINEを使っていてカウントフリーが魅力的ならソフトバンクの対抗プラン、海外での利用が多くサクッと海外でも使える点に魅力を感じるならahamoかな。

今回の発表を受けてユーザさんの反応はこんな感じ

ページトップへ