ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

富士通arrowsM02の画面割れ「特に多くはない」mineoの見解に疑問

garumax-arrows M02

先日、「人気格安スマホ富士通「arrowsM02」強度不足か。画面割れ報告多発」でも書きましたが、富士通製simフリースマートフォン「arrowsM02」で画面割れの報告が多発しています。

問題となっている故障の特徴は、ガラスの破損はなく、内部の「有機ELパネル」のみが破損するというもの。

この画面割れの故障に対して、arrowsM02を取り扱うMVNOのmineoが公式見解しました。

まずはじめに断っておきたいのですが、arrowsM02は家電量販店や様々なMVNOで取り扱われており、mineoだけが本製品を取扱っている訳ではないです。

mineoは真っ先にユーザーへ向けて、知る限りの情報を公開しており、ユーザー視点で考えると、mineoの迅速な行動やユーザーに対する姿勢は、非常に好感的で評価すべきことです。

arrowsM02の画面割れ問題で感じる事。

mineoでの見解を一部抜粋します。

具体的な数字をお出しするのはご容赦いただきたいのですが、この画面故障とそれ以外のさまざまな故障も含めたarrows M02の故障受付率は特別高いものではなく、現時点では一般的な端末での故障受付率と大きく変わりありません。

引用:富士通製端末 arrows M02 の画面故障について-mineo

画面故障を含んだ「全ての故障受付率」では意味が無い。

mineoでは「画面故障を含んだ全ての故障率」は「他の製品の故障受付率と大きく変わらない」としてます。だから、特別に多いわけではないと。

しかし、画面割れ故障の多い、少ないを判断するには、arrowsM02全体の故障で、どの程度の割合が画面割れ故障であるかが重要。

全体の故障率だけで多くはないと言われても。。。という感じ。

ですので、各故障の割合が分からないことには全く当てにならないです。

なんで?と感じるから話題となり、大きく騒がれているから異常なのです。

問題の故障は、常識的な使用方法にも関わらず、内部パーツの有機ELパネルのみが破損した事で、利用者は「え、なんで?こんな事で壊れるの?」と感じたから報告が上がり、沢山の方が同様の画面故障を体験したので騒がれているのです。

スマートフォンのガラスが割れたり、外装が変形するような大きな負荷がかかった形跡があるのであれば、大人しく修理に出すでしょう。

ですので、故障に対し疑問を感じたので声が上がり、多数の方も同じような症状が起こっているから異常なのです。

そもそもarrowsM02は、米国の軍用規格であるMIL規格(MIL-STD 810G)をクリアした、防水・防塵・耐衝撃モデルですよ。

壊れにくさもarrowsM02の大きな訴求点の1つだったはずですし、MIL規格製品が一般的な故障率と同じという事も問題と感じます。

というわけで、個人的にはarrowsM02の画面割れ問題は異常事態だと感じています。

arrowsM02は手頃な価格で、ハイエンド譲りの高機能なsimフリースマートフォンとして、非常に注目が集まり、発売後はarrowsM02を取り扱う多くのMVNOで在庫が切れるほどの人気端末です。

富士通も本件に関して、しっかりとユーザーに対し報告しなければ信用を失うこととなります。本来であればmineoからではなく、端末メーカーである富士通が真っ先に公式見解すべきことでしょう。

信用や信頼を築く為には多くの時間が必要ですが、崩れるときは一瞬です。

以下にmineoの公式見解を残しておきます。

ページトップへ