ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

海外版ZenFone3、アップデートでau VoLTEが使えなくなったと報告相次ぐ。

ZenFone3(ZE520KL-BK32S3)、ZenFone3Deluxe(ZS550KL-SL64S4)、ZenFone3Deluxe(ZS570KL-SL256S6)

10月7日に日本向けZenFone3が発売開始となりましたが、海外版と比較して価格が高いと話題になり、一部メディアでは海外版を推奨する記事が公開される状況となってました。

アップデートで海外版ZenFone3がau VoLTE非対応に。

以下はツイッターからの引用です。WW版のZenFone3(型番:ZE520KL)をアップデートした所、au VoLTEが使えなくなったと報告が挙がりました。

海外版は日本向けではないので仕様が保証されていない。

そもそも、海外版は日本の技適を通過していない製品が多く、技適なし製品を利用して通信すると現時点では違法となります。この点に関してはグローバル化が進んだ現代ではナンセンスだとも感じていますが、法律ですので仕方ありません。

私も海外版のスマホやPCを記事で紹介する場合、国際ローミングを利用する方法で使ってます。ちょっとの通信で数千円~万単位の通信費がかかるので大変。

少し話がそれましたが、技適以外の注意点として海外版は日本向けの機能や仕様を担保していません。つまり、今回のような「アップデートで国内向けの通信できなくなった」という場合も自己責任となります。

通信、通話が出来なくなることは死活問題となる。

ガルマックスでもZenFone3に関してのスペックレビュー「ZenFone3/Deluxeのスペックレビューと比較。DSDS対応の大本命スマートフォン」を書いてますが、海外版ZenFone3を推奨することは書いてません。むしろ、高くても日本向けモデルを購入するように国内モデルを推奨しています。

技適の問題に加え、今回のアップデートで仕様が変更となった場合の代償が非常に大きいからです。

「海外版のZenFone3は日本向けよりも安いから海外版を推奨する記事」を読んで海外モデルを購入して、auの格安SIMを契約して一台運用されている方も大勢いらっしゃるかと思います。

でも、その様な方にとって、通信が出来なくなるということは死活問題に発展する可能性が高いです。

私はプライベートで使用するスマホは国内向けしか使いません。

ガルマックスでは海外モデルを含めて沢山のスマートフォンを所有していますが、個人的に利用する端末は全て日本向けのモデルです。それは、何か問題のあった場合に自分自身が困るから。

中華スマホなども実機レビューしていますが、「国内で利用するのは難しい」という表現で紹介しています。つまり、私自身が海外モデルに対して玄人向けと判断しており、万人に勧めるに値しないからです。

一部メディアでは、ZenFone3の価格に対して日本向けは高すぎると叩きまくっています。これには私も同感で日本向けモデルは確かに高いです。

しかし、一部メディアは「日本向けモデルは高いから海外モデルが良い」とグローバル版を推奨。しかし、この点は同意出来ません。

ガルマックスでは「高いけど技適や日本向けの調整が含まれているので日本向けモデルを購入しましょう。」としています。

問題が起きて困るのは「あなた」です。

確かに「コスト」だけに目をやると海外版モデルは非常に魅力的です。でも、その裏では保証されない部分も多々あり、一概に海外モデルを推奨することは出来ません。

ガルマックスではスマートフォンのスペックレビューに対して「安心して使える」ということに非常に拘りを持って執筆しています。

海外モデルだけに関わらず、日本向けモデルでも電波の対応状況により、使う人によっては快適に利用できない端末も多々あります。でも、ガジェットが大好きで大好きで大好きな私のような方以外は、気が付きません。

例えば、〇〇の電波に対応!と書かれていても、地下、郊外、山間部でのつながりやすさを左右するプラチナバンドに対応していない製品もあります。

最近流行りのデュアルスタンバイでも音声通話SIMを3Gに割り当てた場合、FOMAプラスエリアのバンド6に対応しておらず、農村地区や地方などで圏外率が高くなる製品もあります。

その様な一般的には気が付きにくい部分を書かないと、ユーザーさんは結果的に困る可能性が高いです。それが携帯電話として機能しなくなる部分であれば尚更です。海外モデルでも今回のようにアップデートで通信機能そのものが失われる可能性があるのです。

今後、新たなアップデートで海外版ZenFone3のau VoLTEが復活するかも知れません。でも、アップデートでau VoLTEが使えなくなったという事実を変えることは出来ません。

何度かガルマックスでお伝えしていますが、ガジェットの海外モデルはその辺の知識に精通している「玄人向け」です。

安心して利用したいのであれば日本向けモデルをガルマックスでは推奨します。高いけど。

ZenFone3/Deluxeのスペックレビューと比較。DSDS対応の大本命スマートフォン

ページトップへ