ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Galaxy A7(楽天モバイル版)のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Galaxy A7

SAMSUNG初のトリプルカメラ搭載機種「Galaxy A7」。トリプルカメラに加え6インチの大画面とDolby Atmos対応でエンタメ面も充実した機種をチェックしてみましょう!

※こちらは楽天モバイル版のGalaxy A7の紹介であり、既に発売されている海外モデルのGalaxy A7とは対応バンド、スペック等仕様が異なりますのでご注意ください。

スペックデータベース登録済み

Galaxy A7の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Galaxy A7
型番/別名 SM-A750C
発売年 2019年10月
発売地域 日本:SIMフリー/楽天モバイル
メーカー Samsung
言語 日本語対応
Googleサービス対応
対応バンド・ネットワーク
2G 情報アップデートをお待ち下さい
3G 情報アップデートをお待ち下さい
4G 情報アップデートをお待ち下さい
ドコモ対応状況

対応(楽天モバイル)

ソフバン・ワイモバ対応状況

情報アップデートをお待ち下さい

au対応状況

対応(楽天モバイル)

SIMサイズ・スロット シングルSIM
Nano SIM+MicroSD
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6インチ/有機EL
解像度 2280×1080/FHD+/画面比率18.5:9
画素密度 420ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ159.8mm
横幅76.8mm
厚さ7.5mm
重さ 168g
本体色 ブラック系/ブルー系/ゴールド系
システム仕様
OS Android 9 Pie
SoC Exynos 7885
CPU Cortex-A73x2 & Cortex-A53x6 , 2.2 GHz , 8コア
GPU Mali-G71
ベンチマーク AnTuTu 7(参考):総合スコア115000点、3Dスコアが25000点
Geekbench 4(参考):シングルコア1525点、マルチコア4266点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSD対応/最大512GB/独立スロットあり
カメラ
メインカメラ 24MP+5MP+8MP
広角+超広角(120°)+深度
F値:1.7
AI:対応
前面カメラ 24MP
F値:2.0
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(側面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 3,300mAh
充電 有線充電:10W(5V/2A)
ワイヤレス充電:非対応
ポート Micro USB
その他
価格 38,000円(税抜)
41,800円(10%税込み)
公式サイト

楽天モバイル

スペック表に関する免責事項

Galaxy A7の発売時期と価格

Galaxy A7の発売時期は10月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ4GB/容量64GB:38,000円(10%税込み41,800円)

Galaxy A7の性能をチェック!

Galaxy A7は発売時点でミドルレンジの性能ランクとなるモデル!普段使い重視でゲームは暇つぶしゲームくらいしか遊ばないって方にオススメな性能帯です!トレンドとなる仕様や機能をてんこ盛りにするのではなく、カメラだったり、耐久性だったり、デザインだったり、端末に対する特徴が1つ2つ盛り込まれている感じで各社の個性が強く出る見ていても面白い性能帯ですぞ!

  • 普段使い:特に問題なし
  • ゲーム:重量級3Dゲームで動作の鈍さを感じる事がある

Galaxy A7(Exynos 7885)のAnTuTuスコア

まだGalaxy A7実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Exynos 7885」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう!

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Exynos 7885(参考):AnTuTu(ver7)総合スコア115000点、3Dスコアが25000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです!新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でGalaxy A7が搭載するExynos 7885の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Galaxy A7の対応バンドをチェック!

Galaxy A7は国内発売スマホなので技適も取得済み!

Galaxy A7のドコモ回線対応状況

楽天モバイルではドコモ回線に対応しており、ドコモ回線を選択して利用可能です!

Galaxy A7のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

楽天モバイル版の対応バンド情報が公開されていないので情報のアップデートをお待ち下さい。

Galaxy A7のau回線対応状況

Galaxy A7はSIMフリースマホでは珍しく通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しており、楽天モバイルのau回線にも対応しています!

Galaxy A7の特徴ピックアップ!

極上の有機ELディスプレイ!大画面で色彩豊か

▼Galaxy A7はディスプレイがSAMSUNG製の有機EL!発色がよくメッチャ引き締まった黒色は一見の価値ありですよ!↓

Galaxy A7

ノッチがなくスッキリした画面で、大きさも6インチと大画面。エンタメコンテンツを存分に楽しめる仕上がりとなっております。画面欠けがほぼなく、動画もゲームも存分に満足できる仕上がり。

また有機ELの強みであるAlways on Display(通称AoD)にも対応!スタンバイ時は時計や通知を常時表示してくれます。これで画面を点けずとも、時刻や通知の有無がひと目でチェックできてとてもベンリなんですよ。

Dolby Atmos採用でサウンドの迫力がスゴいらしい!

▼映像だけではなく、スピーカーもすごいのがGalaxy A7。Dolby Atmos採用で、スピーカーからダイナミックにサウンドを奏でてくれるんだそうです。↓

Galaxy A7

映像だけでなく音質もしっかり楽しめるように仕込んでくれているので、エンタメ好きな方々には重宝しそうな予感!

実際にモックを持ってみた時の所感。本体サイズが結構デカい!

▼Galaxy A7、6インチ画面でノッチなしなので、正直本体サイズはデカいです。で、Galaxy A7と同じく楽天発売の機種であるArrows RX、Xperia Ace、AQUOS Sense Lite 3とGalaxy A7を左から並べてみました。でけぇ。差は歴然だ!

Galaxy A7

▼こちらはGalaxy A7のモックを持ってみた感じ。筆者はそこそこ手がデカいタイプの猿人類なんですが、持った瞬間「うぉでけぇ」っていう鳴き声が出た。

Galaxy A7

コンテンツを楽しめる意味合いでは、ここまで本体がデカいと迫力あって絶対楽しいだろうなぁ!って思いました。ただ指紋センサー兼電源ボタンはちょうど親指に位置するんでいいものの、音量キーがえらい高い場所にあるもんだから縦持ちの時にやや苦労しそう。片手での操作はまず難しいんで両手持ちが基本になるかも。

トリプルカメラ搭載!標準+広角+背景ボケとベンリな3点セットです

カメラはトリプルカメラを搭載!メインが広角2,400万画素、超広角が800万画素、深度測定用のカメラが500万画素という組み合わせ!インカメラも2,400万画素でキレイな自撮りを楽しめます。↓

Galaxy A7

メインカメラは高い画素数で精細な写真を撮影でき、F値も1.7なので明るく仕上げられるのが魅力的。さらにAIまで搭載!被写体に応じた最適な画質を自動調整し、難しい操作や手間がなくキレイな写真を収められるんです。インスタをはじめとしたSNSユーザーさんにとても評判な機能ですよ!

さらにiPhone 11で話題となった超広角カメラを専用で搭載!メインカメラは画角は77°なんですが、超広角カメラを使えば120°とより広い範囲を一枚に収められて大変便利なんです。わざわざ撮影のために一歩引かずともいいですし、狭い室内や集団の人を撮影するのもものすごい重宝します。

そして被写体深度を測定する専用カメラ。これがあると背景ボケの写真を一発で仕上げられるんです。被写体をより際立たせられて、印象的かつ迫力ある一枚に仕上げられて楽しいですよ!実際に筆者は愛車やフィギュアを撮る時に使ってますが、これは是非とも試してほしいオススメ機能。メッチャ楽しいよ。

ガルマックス編集長 ナオキ
僕もGalaxy端末を沢山持ってますが、ミドルレンジモデルでもかなりカメラ品質が秀才なんですよ。カメラはGalaxyってだけで安心感が高い(笑)

指紋センサーは電源ボタンと合体!スマートに認証できるぞ

▼Galaxy A7の外観、スッキリしてますよね?なぜなら背面に指紋センサーがないから。このGalaxy A7の指紋センサーは側面に搭載!さらに電源キーと同化しているんです。↓

Galaxy A7

見た目をスマートにしているだけでなく、電源キーを押すだけでサッと認証解除できる手軽さも魅力的。ポケットから出す際に自然に認証できたり、机の上に置いているときに、持ち上げずともロックを解除できるんで個人的にコレは推したい。推したいポイントです。

そして顔認証にも対応しているので、手袋装着で指紋認証が使えなければ顔認証でロック解除もできるんす!

防水防塵やおサイフケータイ非対応なので注意

注意点として、Galaxy A7は防水防塵にもFelicaといったおサイフケータイ機能にも対応していません。

なので人によってはライフスタイルをごっそり変えてしまうことになるので、選ぶ際は要注意です。

Galaxy A7まとめ!エンタメやゲームを楽しみたいならコレ

Galaxy A7

このGalaxy A7、ミドルレンジながらも大画面+有機EL+トリプルカメラという贅沢の詰め合わせセット。それでいてお値段38,000円(税込み41,800円)なんですよ!コスパかなりイイですよね!!

ただ、防水防塵とおサイフケータイ非対応かつ筐体サイズはデカいので、ある程度人を選びそうなところは否めない。

ただそれを差し引いてもなお性能に見合わないぐらいの安さなので、おサイフケータイ使わないユーザーさんにはかなりオススメ!国内キャリアのスマホなら6万以上は超えそうなスペックを3万円台で手に入るとなればヨダレもんです。

ちなみに筆者はこれの派生モデル「Galaxy A9(2018)」を使ったことがあり、カメラの数を除いては非常にサイズも見た目もほぼ一緒。画面の美しさも使いやすさも良くて、かなり満足度高かったです。

そしてこのGalaxy A7も、画面の美しさやGalaxyOS特有の使い勝手の良さは同等!かなりオススメできるぐらい良いので、気になった方は是非ともチェックしてみましょう!

Galaxy A7の割引クーポン・セール情報まとめ!

現在、Galaxy A7の割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

Galaxy A7の購入先情報まとめ!

Galaxy A7は以下で取り扱っています!

ページトップへ