Galaxy M23 5Gのレビュー!使って分かったメリット・デメリットと評価まとめ!

国内初のキャリアフリー版Galaxy M23 5Gがキター!ガルマックスで購入したので、1週間ほど実機を使って分かったメリット・デメリットをレビューでお届けしますよ!

メリット・良かった点

  • 余計なアプリ、キャリアの成約がない
  • 普段使いで余裕のスペック
  • 液晶ながらきれいな画面で輝度も明るい
  • 電池持ちが良い
  • トリプルスロットとイヤホンジャックがある

デメリット・注意点

  • サイズが大きく重たい
  • 電源・音量キーの位置が高い
  • 指紋・顔認証が遅い
  • おサイフケータイや防水防塵に非対応
  • シングルスピーカー

▼Galaxy M23 5GのYouTube動画も公開!端末の実機情報がギュッと凝縮されているので良かったら視聴してみて下さい!↓

Galaxy M23 5Gの発売時期と価格!

Galaxy M23 5Gは2022年4月発売のSAMSUNGの新型スマホ。価格は40,975円です。

これまで海外でしか展開されていなかったGalaxy Mシリーズでは初。さらにSAMSUNGでも初となる公開市場版の記念すべき第1作となります!

購入先や割引情報(あれば)は記事下部に記載しているのでチェックしてみて下さい!

Galaxy M23 5Gの詳細スペック!

クリックしてスペック表を表示

Galaxy M23 5Gのスペック・対応バンドまとめ

Galaxy M23 5Gの付属品・同梱物のレビュー

  1. 本体
  2. 充電ケーブル(両端USB-C)
  3. SIMピン
  4. クイックガイド等

付属品はシンプルで最低限といった印象です!あるとすれば充電ケーブルのみ。ケースはないし保護フィルムも貼られていないため、画面に傷などをつけないように注意が必要となります。

▼また充電ケーブルはどちらもType-C端子となっている点も注意!普通のUSBの充電プラグが使えないので、別途でType-C端子のある充電プラグが必要っす。↓

オススメのアクセサリー

Galaxy M23 5Gの保護フィルムはPDA工房さんからリリース済み!様々なフィルムタイプがあるのでおすすめ!

お得なクーポンを発行中!500円以上のご購入時に適用すると100円オフ!割引クーポンをコピーしてレジで適用して下さい!

▼あと、保護ケースも付属していないので端末と合わせて購入しておきましょう!↓

▼充電器はAnkerのこれがおすすめ!↓

Galaxy M23 5Gのデザイン・外観のレビュー

▼素材は樹脂とのことですが質感も良く表面はサラサラしています!指紋、皮脂がベタベタしづらいので持ってて不快感を感じません!↓

▼カラーはグリーン!暗いところで見るとほぼほぼブラックですが、日光下など明るい場所では濃い緑色に輝きます!この色、メチャかっこよくてお気に入り!↓

▼ロゴはGalaxyのみ。SAMSUNGではないのが海外モデルとの違いですね。なおキャリアロゴは当然ありません。↓

▼サイズ感と重量ですが、大判で重めです。側面は丸めなので持ち心地は硬さはなく不快感もありません。でも198gあるので、貧弱な筆者は長時間持ってると疲れてしまう(´・ω・`)。↓

▼あと背面から側面にかけての丸みはほぼないため、薄型感は感じません。いたって普通って感じな持ち心地です。↓

▼カメラデザインはGalaxy A53っぽい造形です!台座は本体と同色。さらにカメラの盛り上がりもなめらかとなっており、高級感を感じさせる風合いで筆者のお気に入り部分っす(`・ω・´)。カメラ1つ1つの大きさも同じで統一感あってカッコいいぜ!↓

▼ボタン・ポート類の配置は以下の通り!↓

▼ただ残念なことに大判なサイズに加えて、右側のボタン類が結構上寄りに配置されているせいで操作はしにくいです。手が小さい人だとなおさらかもしれません。慣れは必要ですね。↓

Galaxy M23 5Gの性能・パフォーマンスのレビュー

Galaxy M23 5GのSoCはSnapdragon 750Gです。レビュー機はメモリ6GB、容量128GBを搭載しています。端末の処理性能を数値化するベンチマークをチェックしてみましょう。

Galaxy M23 5Gの実機ベンチマーク結果

▼Galaxy M23 5Gの実機でAnTuTu(Ver9)を測定しました!総合スコアは395,702点、GPUスコアは93,822点です!なかなかな実力の高さ。↓

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
AnTuTu Ver.9 スコア動作・操作感
総合スコア:約50万点以上
GPUスコア:約18万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約35万点〜50万点
GPUスコア:約14万点〜18万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約25万点〜35万点
GPUスコア:約7万点〜14万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約15万点〜25万点
GPUスコア:約3万点〜7万点
必要最低限
総合スコア:約15万点以下
GPUスコア:約3万点以下
サブ端末向き
AnTuTu Ver.8 スコア動作・操作感
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
必要最低限
総合スコア:約10万点以下
GPUスコア:約2万点以下
サブ端末向き

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

▼その他、Geekbench 5、PCMark、3DMarkでのスコアは以下の通り!↓

▼ストレージ速度は読み込みが954.2MB/s、書き込みが495.5MB/s。普段使いやゲームでの体感は早くも遅くもなく、普通レベルって感じでした。↓

Galaxy M23 5Gの普段使いの動作をチェック

普段良く使うWEBページ閲覧、SNS、動画視聴で動作をチェックしてみます!

▼WEBページの閲覧では不快感ゼロ。120Hzのなめらかなスクロールもあって快適に動きます。↓

▼SNSも同様にサクサクでした!Twitterだとアプリの最適化の問題でカクつくんですが、これは他の多くのスマホに共通する問題っす。インスタとかWEB版Twitterとかは問題なく快適!↓

▼動画視聴も問題はないのですが、画面の回転速度の感度は鈍いです。横に倒してから横画面表示になるまで1秒ぐらいかかるぐらいに遅い。そのせいで全画面で見ようとして横に倒すとこの鈍さが若干ストレスでした。↓

Galaxy M23 5Gのゲーム動作をチェック

▼PUBG:Mobileでは軽量画質にしても極限フレーム設定は選べませんでした。↓

ゲームですと軽量なものであれば問題なし。一方で3D系で重いゲームだと動作はカクついて厳しいっす。動かせないことはないですし、プレイに支障はあんまりないです…が、快適ではありません。

本格的なゲームを行うのであれば、Galaxy S22などハイエンドなモデルを選ぶべきでしょう。ライトに遊ぶ程度のユーザーさんだったら問題はありません。

Galaxy M23 5Gの機能・仕様のレビュー

以下はGalaxy M23 5Gの主な機能・仕様です。

通知ランプ
指紋認証
顔認証
ツインアプリ
(デュアルアプリ)
✕:SNS(Twitterで確認)
○:メッセンジャー(LINEで確認)
✕:ゲーム(PUBGで確認)
PCモード
戻るボタン入れ替え ○:デフォルトは右
ジェスチャー操作 ○:従来式、スワイプアップ
クイックランチャー ○:エッジパネル
ゲームモード ○:パフォーマンスが上がるタイプではない
冷却システム
MicroSD
内部ストレージ化
✕:外部ストレージのみ使える
備考

最新バージョンのOne UI 4.1を搭載!

Galaxy M23 5GのOSはAndroid 12ベースのOne UI 4.1を搭載!ミドルレンジの立ち位置ながらも最新ソフトウェアを内蔵しているのがGoodです。

▼最新を抜きにしてもOne UI自体は非常に使いやすく、それでいて機能も充実!大画面でも扱いやすいようにメニューなどの項目を下に寄せてくれたり、スワイプアップのジェスチャー操作も使えるなど片手でも使いやすいのが魅力。↓

▼壁紙にもとづいてアクセントカラーを変更できるようになっており、各種メニュー項目の色も変えられるようになっています!ただOnePlusみたく自由に色を変えられないので、ここも自由に変えられたらなって思う。↓

▼またAndroid 12の新機能で「明るさをさらに下げる」ことができるようになっています。通知バーに配置されており、押すことで就寝前に操作しても眩しくならないように表示を調整できるんす。これ、スゴくよかった!↓

キャリアアプリ・制約が一切ないのが嬉しい

これまでSAMSUNGのGalaxyスマホはドコモ、auなどのキャリア版しかなかったため、必然的にキャリアアプリを強制されていました。また対応バンドも嫌がらせのごとく、それぞれのキャリアのバンドしか対応しないように削られてます。

が、Galaxy M23 5Gはそれらの制約、縛りが一切ありません。キャリアサービスをドップリ使う人を除けば、非常に快適!

▼初期アプリがAndroid Oneなみに少なくスッキリしており、自分らしいスマホを構築できるのがGood!右の画像は2列目以降は手動インストールしたものなので、Galaxy Freeまでが初期アプリです。↓

▼ドコモ版ではガラケー版だったことで不評な顔文字もご覧の通りAndroidのものとなっています!↓

指紋認証・顔認証はまずまず

指紋認証と顔認証どちらにも対応していますが、個人的にはまずまず

▼指紋認証はボタンの位置が高いことに加えて、認証速度がそれほど速くありません。認証して0.5~1秒弱ほど時間がかかり、スムーズさはありませんでした。あと面積が狭いためか認証が通らないこともあった(´・ω・`)。↓

▼顔認証も同様に時間はかかります。こちらは精度が良いためしっかり認証してくれます。ただしマスクでの解除には非対応でした。↓

嬉しいトリプルスロットを搭載

Galaxy M23 5Gは物理的なSIMスロットが2つ設けられているため、デュアルSIMに対応しています!これによりキャリア版では出来なかった物理デュアルSIM運用が可能になっています!

1枚目のSIMカードをpovoや楽天など「使わなければ安い」ものにして、2枚目をデータ専用の大容量SIM…という使い方もできるのが魅力。

しかもこの状態でMicroSDカードも使えるのがGood!他のスマホでは殆ど対応していなかった部分に対応しているのがすげー嬉しい。デュアルSIMでも気兼ねなく大容量なカードを突っ込めるのは非常に魅力的です!

▼筆者はMicroSDが使えるって理由でGalaxy S20 FEを手放せないんですが、やっぱ同時にデュアルSIMが使えるこの仕様がすっげー羨ましいっす。いーなー乗り換えようかなー。↓

RAM Plus使用がオススメ

Galaxy M23 5Gには本体ストレージをメモリに割くことができるRAM Plus機能に対応しています!最大6GBまで割り当てることができます。

▼体感としては6GBで違いが感じられます。オフと比較して、アプリの切替速度や電源キー2回押してクイックカメラ起動などで結構早くなっている印象。Galaxy M23 5Gは容量に困らないモデルなので6GBがオススメ!↓

おサイフケータイ、防水防塵非対応

キャリアフリーとなったことで自由を得られた代わりに失ったものもあります。なんとGalaxy M23 5Gは日本向けモデルではあるものの、おサイフケータイも防水防塵等級もなし……(´・ω;*,:.,..

どっちも国内ニーズは高い要素ゆえに、ここが非対応なのは一番の欠点じゃないかなと思えます。筆者もキャッシュレス決済を好むタイプの人間なんで、対応してくれたらメッチャ良かっただけに惜しいなぁ。

防水防塵も非対応なので、雨のときに取り出すのもちょっと怖い。当然風呂での使用もNG(防水防塵対応モデルであっても、風呂の使用は結露などのリスクがあるのでご法度なんだけど)。

ただこのGalaxy M23 5G、試験的に日本に突っ込んでるゆえにコストカットをしているのでは?という理由はありそうですね。あくまで筆者の予想なんだけど。

▼ちなみにPayPayであれば使えますんでご安心を。おサイフケータイ非対応であっても使える心強いキャッシュレスアプリっす(`・ω・´)。↓

バイブレーションの感触が微妙

細かい部分ではありますが、Galaxy M23 5Gはバイブレーションの感触がチープ。まるでプレステ2のコントローラーみたいです。エントリーモデルだったらまだしもミドルクラス上位モデルではこの部分はネックに感じました。

POCO F3やiPhoneみたいにキメ細かい振動ができないので、文字入力などでポチポチしているときの振動は鈍く感じ、そのせいで快適さはありません。

▼あくまで「キメ細かさがない」だけで、強度自体は問題ないです。ポケットん中とかで通知や着信の受信でしっかり感触は伝わるので無問題!↓

Galaxy M23 5Gの対応バンドと通信検証の結果

▼Galaxy M23 5Gの対応バンドや通信仕様は以下の通り!↓

対応バンド 3G:1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
4G:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41 / 42
5G:n77 / n78
VoLTE ○:デフォルトで非対応
技適
ドコモ回線 データ通信:○
通話:○
(ahamoで検証)
ソフバン回線 データ通信:○
通話:○
(LINEMOで検証)
au回線 データ通信:○
通話:○
(povoで検証)
楽天モバイル回線 データ通信:○
通話:○
Rakuten Link:○
(楽天モバイルで検証)
2回線同時待ち受け
備考

4G対応バンドも優秀!どのキャリアでも問題なく使えました!まさにSIMフリーにふさわしいといえますね。

どこのキャリアだろうと格安スマホ回線だろうと安心して使えるってのはこれまでのGalaxyにはなかった魅力ですね(`・ω・´)。

5Gに関してはn79に対応していないのでドコモにおいて5G運用をする方は注意。筆者としてはこれまでも5G自体ほとんどつかめてないしつかめなくても無問題なので欠点には感じていません。

ちなみに余談なんですが、国内版Galaxyと海外版のGalaxyとではピクトのデザインが異なります。国内版は4本、海外版は5本のアンテナデザインなんす。

▼なぜピクトの数が異なるのかは不明ですが、国内外モデルの区別に役立ちますね。下が海外モデル(ピクトが5本)で、上がGalaxy M23 5G。↓

Galaxy M23 5Gのディスプレイ・画面のレビュー

画面 2,408×1,080/液晶
DRMコンテンツ Widevine:L1
Amazonプライムビデオ:HD(高画質)で再生を確認/SD画質で再生を確認(L1でもHD画質では再生できず)
Netflix:FHD画質で再生を確認
高リフレッシュレート ○:120Hz、60Hzで切り替え
外部映像出力 ワイヤレス出力:○
HDMIポートへの出力:✕
ディスプレイポートへの出力:✕
USB-C to Cでの出力:✕

ディスプレイは有機ELではなく液晶、かつ一昔前な水滴ノッチ形状という点はネックに思えます。表示の美しさもそれほど期待はしてなかったんですが・・・

▼実際見てみるとそんなことはなかった。液晶ながら色合いはかなり綺麗!120Hz表示も対応しているし、全然良い!AoDや黒の引き締まりは無いですが、かなり満足な出来でした!↓

▼下部ベゼルがやや厚めで水滴ノッチなんで見た目は古臭いけど、慣れたらそれほど気にならなくなりました。あと、アプリごとにノッチ部分を黒帯にして隠すこともできます。↓

▼そして最大輝度も明るいようで、野外で日光が強い状況においてもこのように文字が視認できるんす!比べてみたら、筆者が持ってるハイエンドのGalaxy S20 FEよりも明るかったぞ!これは凄い。↓

Galaxy M23 5Gのサウンド・スピーカーのレビュー

スピーカー シングルスピーカー
イコライザー ○:Dolby Atmos(イヤホンのみ)、Adapt Soundに対応
Bluetoothコーデック SBC:○
AAC:○
LDAC:○
apt-X:○
apt-X HD:✕
apt-X daptive:✕
Scalable Codec:○
※開発者オプションで表示されているものから記載しています

Galaxy M23 5Gは残念ながらシングルスピーカーで、ミドルハイスマホとして考えるとショボいです。音質もシングル相応で、安いスマホと変わらない印象。

▼ただ、本体下部にはイヤホンジャックもあるおかげで、Type-C端子のイヤホンを探す手間がなく、変換アダプターを調達する手間がないのも嬉しいっすね(`・ω・´)。クルマで充電しながら車載AUX端子をつなぐって使い方もOK!↓

▼位置的には左下なので横持ちでゲームするときにイヤホンが手にぶつかっちゃう。でも本格的なゲームするスマホじゃねぇんで気にしません。あと下側配置なんでポケットに突っ込む時にイヤホン端子の向きを気にせんで済むってのもいい!↓

Galaxy M23 5Gのカメラ・写真・動画のレビュー

構成・画素数 5,000万画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)
撮影モード ビデオ、写真、ポートレート、夜景、プロ(マニュアル)、ハイパーラプス、パノラマ、スローモーション、料理モード、マクロ、ファン、シングルテイク
ズーム デジタル。ピンチ操作で最大10倍まで対応
シャッター音の消音 不可
マニュアルの設定幅 ISO:50〜3200、WB:2300〜10000、SS:10〜1/6000、露出:-2〜+2
動画解像度 1080P/30FPS、2160P/30FPS、720P/30FPS
手ブレ補正 1080P/30FPSのみ強力な手ブレ補正が利用可

カメラは望遠カメラがなく、超広角とマクロを備えたよくある組み合わせ。ただしクオリティはとても良かったっすよ!

▼また、Galaxyスマホでは珍しくウォーターマークの挿入ができました。不思議!Galaxy Sシリーズとかでは出来なかったんですよね。前に見たのは2018年モデルのGalaxy A9 Star Pro以来。↓

なお、キャリアフリーなんですがシャッター音はマナーモードにしても消せませんでした。残念。しかも音もカシャ!ってクソやかましいです。

幸いなことにシングルスピーカーなんで塞ぐことで音を軽減できますが…。撮影OKな美術館とかそういう場所で周りの目を気にしなきゃいけないってのはストレスっすね。

Galaxy M23 5Gで撮影した写真

▼Galaxy M23 5G、めっちゃカメラ良いです。ミドルレンジスマホにしては非常にキレイで鮮明でパリッ!とした撮影ができて楽しい!↓

▼HDRも対応しているおかげで、明るい場所と暗い場所である程度の明暗差があっても色が潰れること無く撮影できるのがGood!↓

▼真っ赤な花だとちょっと白っぽくなりますが、許容範囲。↓

▼ただ、ピントを調整すればかなり鮮やかな赤色で撮影できました。工夫は必要ですが、筆者目で見たらハイエンドに劣らぬクオリティの高さで満足だ!↓

▼被写体に応じて色合いを変えてくれるAIに対応しているおかげで、料理もかなり美味しそうに撮影できました(`・ω・´)。実際の色合いに忠実ですが、より美味しそうに取れています。色合いは暖色寄りな傾向ですね。↓

▼AIの他に料理モードも用意されています。これはフレームの被写体以外をぼかして撮影するというもので、ポートレート撮影に似ています。↓

▼料理モードで撮影するとこんな感じ!サラダの中心以外はぼかしがかかっており、より印象的な風合いになっています。筆者お気に入りの1枚。↓

超広角カメラは画角がメチャ広い!比べてみると一目瞭然!左がメイン、右が超広角です。もんのすごくグーッと広範囲になっています。立ち位置を変えてないのに、10mぐらい後ろに下がってるみたいになってる。↓

▼画角がかなり広いため、風景撮影はもちろん、屋内も広く撮影できるので記録撮影やGoogleマップに口コミ写真を投稿するときなどかなり役立ちますぞ!↓

▼あと歪み補正がかなり強力。プレビュー時では端っこがこんな風に魚眼みたく曲がってるんですが…↓

▼撮影したらこんな感じで結構補正されています!画角もほとんど変わっておらず、曲がり具合がうまい感じに矯正されているんです。これは凄いわ(`・ω・´)。↓

ズームはイマイチ。望遠カメラは非搭載で、ワンタップで2倍ズームに切り替えるボタンもないんでちょっと使い勝手は悪かったです。倍率ボタンを1回押せばズーム切り替えは出てきます。ピンチ操作で最大10倍ズームに対応。↓

▼2倍までだったら許容範囲!それ以上は粗さが感じられるので記録撮影向けですね。左が通常、右が2倍ズームです!↓

▼暗所撮影ではネット上でネガティブな意見が結構あったんですが、撮影テストでは夜景もなかなかキレイに撮れていました!看板の白飛びもほぼほぼ抑えられており、性能クラスを考えると満足です!何故かウォーターマークは外れますが。↓

▼超広角カメラもナイトモードに対応していました!品質もメインと同じく良かった!↓

▼屋内撮影の暗所もこんな感じでキレイに撮れます(`・ω・´)。ダンジョン、迷宮感あるようなシーンって感じに撮れるんで楽しいのなんの。↓

▼ハイエンドのGalaxy S20 FEと並べてみました。左がGalaxy M23 5G、右がGalaxy 20 FEです。S20 FEのほうがやや明るいぐらいで、大きな違いはありません!ハイエンドと遜色ないクオリティ。↓

▼超広角カメラだと色合いと白飛びは少し差が出ていますが、並べなければ気にはならない程度の差でした。左がGalaxy M23 5G、右がGalaxy S20 FEです!↓

▼ポートレートは人物だけでなく物撮りにも対応!切り分けもうまくできています!あとからボケ濃度やエフェクトの変更も対応していました!↓

▼マクロはよくも悪くもなく普通。200万画素と低く、撮影できる距離もそれほど近くはありませんでした。目視4cmほどが限界です。左がメイン、右がマクロ。↓

▼インカメラはポートレート撮影に対応しております!さらにマスクでも顔認識ができるほか、手のひらを向けることで自動的にシャッターを切れる便利さも良い。↓

▼切り分け精度は手の部分がギザギザしており、ちょっと詰めが甘い感じです。今後のアップデートに期待!↓

▼その他に、ファン(おもしろ)撮影ができるようになっており、いろんなエフェクトで撮影できるのも面白かった!ちなみに一番左のみメガネを外して撮影しています。ダブルメガネになってしまうんで。↓

Galaxy M23 5Gで撮影した動画

動画撮影は写り、手ぶれ補正の性能ともにバッチリ!ミドルレンジながらスーパー手ぶれ補正も搭載されており、ソフトウェア処理で歩きも階段での揺れもかなり抑えられていました!

▼欠点としてはFPSが30までしか選べないです。60FPSのようななめらかな動画は撮れませんでした。この部分に関してはミドルレンジだな~感あり。↓

Galaxy M23 5Gの電池・バッテリー持ちのレビュー

バッテリー容量 5,000mAh
ワイヤレス充電

筆者が使った感じでは、バッテリー持ちはライトな使い方程度では1日は余裕で持ちます。ただ飛び抜けて良いってわけではなく、使えば使うほど減る印象でした。

使っていない場合の電池持ちは非常に良かったです!テザリングでモバイルルーター的な使い方をしても1日はヘッチャラだったんで、おそらく120Hzの高リフレッシュレートが影響あるんだと思います。

▼PCMarkのバッテリー持ち検証では、12時間46分という結果!このスコアは筆者の知る限りではミドルレンジクラス相応の電池持ちという結果です。↓

▼充電時間は付属のType-Cケーブルを使って急速充電した場合、だいたい1時間で50%ぐらい充電されるペースでした。2時間あれば充電が終わります。5,000mAhの大容量バッテリーにしては思ったより速くて驚き!↓

▼ちなみにバッテリーの過充電による負荷を防ぐために急速充電を無効化させたり、「バッテリーを保護」を設定することができます!これをオンにすると85%で充電が止まりますが、長期間使っても劣化しにくくなるんで安心。↓

Galaxy M23 5Gのメリット・デメリットと評価まとめ

SAMSUNGで初となるキャリアフリー版なGalaxy M23 5G!質感も性能も画面もカメラも満足できるスペックに仕上がってて実に良かったです(`・ω・´)。

反面、日本仕様といえるおサイフケータイや防水防塵がなく、この点においてはコストカットしているなぁって印象はあります。Galaxy M23 5GはやはりSAMSUNGから見たら試作モデルとして見られているのでしょうか。

前々からキャリアフリー版のGalaxyを望む声はあったので、それに応えてくれた形としてGalaxy M23 5Gがリリースされたのだと思います。つまりこのモデルは売れれば売れるほど、キャリアフリーな新モデルも出てくれると期待できますね。

もちろん欠点はあれど、筆者としてはかなりおすすめ度は高いです!ハイエンドなモデルも多く触ってきましたが、Galaxy M23 5Gもクオリティは高く、お値段4万と無理のない価格帯。

キャリアフリーのGalaxyで唯一の選択肢でもありますし、いちスマホとして見てもトータルスペックが高く、ソフトウェアの完成度も素晴らしい出来栄えです。

普段使いに困らないスマホに迷ったら、このGalaxy M23 5Gは是非チェックしてほしいモデルです!

Galaxy M23 5Gの割引情報・購入先まとめ

■メモリ6GB+容量128GB■
初出時価格→40,975円
過去最安値→40,975円
▼[Amazon]端末価格40,975円!↓

ページトップへ