ワイモバイル バナー ヘッダー

「Insta360 GO 2」発表!VLOG向き超小型カメラはケースも劇的進化、発売は3月

Insta360 GO 2

Insta360は第2世代となる超小型カメラ「Insta360 GO 2」を発表。サクッと日常シーンを撮影して共有するようなVLOG用途にもピッタリ。

Insta360 GO 2のハイライト
・26.5gの超コンパクトボディー

・手ぶらでも撮影できる強力な手ブレ補正
・スタンドにもなるケース
・AIが良い感じに編集

Insta360 GO 2を発表

Insta360 GO 2の特徴は以下の通り!

わずか26.5gの超コンパクトサイズ

初代から引き続き、超コンパクトなサイズ感には驚かされます。親指サイズのInsta360 GO 2の重量は僅か26.5g。超軽量なので同梱の磁気ペンダントを使って洋服に固定することも可能なのです。

▼洋服に取り付けるとこんな感じ。手ぶら撮影もOK。↓

Insta360 GO 2

強力な手ブレ補正が魅力

Insta360 GO 2はFlowState手ブレ補正を搭載。常に映像を水平に保つように補正してくれるみたいです。

ガルマックスでは初代モデルのInsta360 GOを持ってるんですが、この「映像を水平に保つ」ってのが凄い。本体をグルグルと回転しても映像は回転しないんです。初代モデルでも不満ないほどの出来栄えだったので今作も期待してます。

▼公式サイトではビデオでオン・オフの映像が流れるのでチェックしてみて下さいね。↓

劇的進化した充電ケースはスタンドとしても使える

本体を充電するケースがより機能的になっていて、パカッと開くとそのまま撮影OK。

初代モデルには無かった撮影情報表示用ディスプレイ(撮影モードや撮影時間を表示するもの)や録画ボタンなども備えてるんです。充電ケースに入れての撮影では約150分の長時間撮影も可能とのこと。

また、このケースは下部を開くと自立するスタンドにもなるのも便利。その他、リモコンとしても利用でき最大10m離れたところから撮影モードの変更や撮影もできるのです。

▼充電ケースが劇的進化。これはマジで使い勝手良さそう!↓

良い感じにAIが編集してくれる

Insta360 GO 2で撮影した映像はスマホアプリ「Insta360」から閲覧したり編集することが可能。日常シーンをクリップ撮影しておけば、あとはAIが良い感じに繋いで編集してくれるとのことです。

VLOG映像といえば短いクリップをいくつか撮影して各クリップをトランジションで繋ぐような編集が想定されますが、これをAIが担当してくれるので現地でサクッと撮影した映像を仕上げてSNSで共有、なんて使い方が合いそうですね。

▼自動編集では各クリップを繋いで音楽を加え1つのストーリーに仕上げてくれるんですって。すぐに良い感じのショートムービーをSNSで発信できるのって良いよね。↓

まとめ

Insta360 GO 2は公式ストアやAmazonで予約開始。公式ストアを確認したところ価格は36,300円。発送時期については3月10日時点で「10日以内に発送」と記載がありました。

Insta360 GOシリーズは万人にオススメ出来るモデルではありませんが、普段からショートムービーをSNSで発信しているユーザさんは非常に魅力的に感じるはず。VLOGなどチャレンジしたい方も是非検討してみて下さいね!

■Insta360 GO2■
初出時価格→299.99ドル
過去最安値→269.99ドル
▼[Banggood]クーポン適用で269.99ドル!↓

■自撮り棒セット■

初出時価格→319.99ドル
過去最安値→287.99ドル

▼[Banggood]クーポン適用で287.99ドル!(Selfie Stick Kitってやつを選んで下さい)↓

仕様や特徴は公式サイトからどうぞ!

▼公式動画も出ているのでチェック!↓

ページトップへ