▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iOS13がダウンロード開始!気になる機能や特徴をピックアップしてみた

Galaxy A7
Ymobileバナー

待望のダークモード!

Appleは日本時間20日未明にiPhone用最新OS「iOS13」の配信を開始しました。今回のアップデートはMacやAndroid 10では実装されている「ダークモード」がついにiPhoneでも使えるようになったほか、写真アプリから動画編集できるようになったり、ひとつのiPhoneでAirPodsを2台同時にペアリングできるようになりました!

iOS13が配信開始!アップデート方法は?

まずはiOS13へのアップデート方法を確認してみましょう。

iOS13はiPhone 6s/SE以上に対応

iOS13はiPhone 6sおよびiPhone SEよりあとに販売されたiPhoneでダウンロード可能です。残念ながらiPhone 6以前のモデルについてはアプデの対象外となっています。

iPhone 11も本日発売ですし、これを機会に新しいiPhoneに買い換えるのも良いかもしれません。

▼アップデート対象の詳細なリストは下記のとおりです。後日iPad OSが配信されることから、iOS13はiPadは対象となっていません。↓

「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から入手

iOS13へのアップデート方法は簡単。

▼iPhoneの設定アプリから「一般」→「ソフトウェア・アップデート」でダウンロードできるか確認できます。ちなみにこれがダークモードです。落ち着いた色合いで良い感じですね。↓

筆者はサブ機として使っているiPhone 7をアップデートしたのですが、なかなかうまくアプデできずに困っていました。そこでMacBookとケーブル接続してアップデートしたところアプデできました。

うまくアップデートできない、なぜかダウンロード画面で固まっている人はパソコン経由でダウンロードしてみるとうまくいくかも?

iOS13の気になる機能をピックアップ!

iOS13では大小さまざまな変更点があります。

以下ではユーザーが普段利用するうえで特に便利だと感じた機能を抜粋してお届けしています!

ダークモードに対応

やはりiOS13の目玉といえばダークモード対応ですよね!?

スマホが一般的なモノとして社会に受け入れられている一方で、バッテリー持ちや長時間利用による視力低下などの目のトラブルも多く発生しています。ダークモード対応によってスマホの消費電力も多少改善しますし、ディスプレイから発生する光が少ないので目の負担も抑えられます。

まぁ御託をいろいろと並べましたが、なんといってもダークモードはカッコいいですね

▼上記でも紹介しましたが…ダークモード対応したiPhone 7の設定画面です。落ち着いた色合いでカッコいいですね!↓

▼左はiPhone 7のホーム画面です。下に表示されているホームアプリまわりが若干暗くなっているのが確認できます。右はホーム画面を一番左にスワイプしたときに現れるウィジェット画面。こちらも黒を貴重としたデザインとなっています。↓

写真アプリから動画加工が可能

YouTubeに動画を上げる人にとっては嬉しい機能です。従来iPhoneで動画を加工しようとした場合はiMovieを使う必要がありましたが、iOS13にアップデートすれば写真アプリ上から動画の加工ができるようになります。

少し試してみたところ「明るさ・色彩調整」「傾き調整」といった機能はかなり直感的に使いやすくなっていました。しかしカット編集はできないようなので、ある程度しっかりiPhoneで動画編集する場合はiMovieを使う必要があります。

動画「編集」は厳しいですが、動画「加工」はやりやすくなったと感じました。

1台のiPhoneで2台のAirPodsがペアリング可能

地味に嬉しい変更点ですが、iOS13からはAirPodsのペアリングを2台同時でできるようになりました。従来は「ひとつのiPhoneにひとつのAirPods」でしたが、これからは「ひとつのiPhoneで2つのAirPodsに接続して音楽体験を共有する」ことが可能になります。

まぁこれは独り者の筆者には関係なさそうな機能ですが(笑)、重宝するユーザーも多いかと思います。Apple公式サイトでも特徴が確認できるので是非チェックしてみてくださいね!

ページトップへ