ワイモバイル バナー ヘッダー

ピーアップ「Mode1 GRIP」発表!横幅56mmの超スリムスマホ!発売日は10月10日!

ピーアップが新型スマホMode1 GRIPを発表!カーボン柄のイカしたデザインに持ちやすさに特化したスリムなボディが魅力のスマホですよ!発売日は10月10日!

Mode1 GRIPの特徴

Mode1 GRIPの特徴は以下の通り!

Mode1 GRIPのハイライト

  • ミドルレンジクラスのスペック
  • 超スリムで持ちやすいサイズ
  • 20:8比率の縦長ディスプレイ
  • IP65の防水防塵に対応
  • バッテリー容量は少ないがワイヤレス充電に対応

Mode1 GRIPの搭載SoCはMediaTek Helio P70を搭載。ミドルレンジクラスの性能帯となっています!ハイエンドのような3Dゲームは不向きで、普段使い向けといえるスペックです。

メモリは4GB、容量は64GBと必要十分な量を確保。たとえば電話、メール、SNSにニュースや漫画といったライトな使い方をメインとするユーザーさん向けとなっております!あるいはビジネス用途、業務用の端末にもOK。

▼このMode1 GRIPの特色はなんといってもそのデザイン。背面はスポーツカーを彷彿とさせるカーボン調の模様がデフォルトで入っております!カラーはグレーとホワイトの2色でスタイリッシュな風合い。カッコいい!↓

Mode 1 GRIP

サイズは超スリム!横幅はなんと56mmと非常に絞られており、一般的な横幅である75~80mmと比べればその差は歴然。手が小さいなどどんな人でも持ちやすいのが魅力です!厚みは10mmと他より厚めですが、重さは140gとかなり軽量でGood!↓

▼ディスプレイはボディに違わず超縦長で比率は20:8となっています!サイズは5インチと小ぶりで解像度は1,440×576。これほどの長さであればTwitterやLINEなど一度に表示できるコンテンツがかなり増えそうですね(`・ω・´)。↓

▼スポーティーで繊細そうに見える見た目ですが耐久性はシッカリ確保されており、IP65の防水防塵に対応!水没レベルとはいきませんが、水がかかっても安心して使えるのは魅力。↓

▼ミドルレンジ帯ながら非常に珍しいワイヤレス充電に対応しています!ワイヤレス充電は高級なハイエンドモデルぐらいしか基本無いのでMode1 GRIPはかなり珍しい!バッテリー容量は2,620mAhと大きくはないのは小ぶりゆえの宿命と割り切りが必要ですね。↓

▼また、国産スマホでは珍しいデュアルSIMに対応しています!2枚のNanoSIMを同時利用できるので低価格で大容量な構成だったり私用・職場用のSIMを同時利用できるので使い勝手ヨシ!また、ドコモ・au・ソフバン・楽天回線すべての主要バンドに合致しています。↓

まとめ:スポーティーでスタイリッシュ

発売日は10月頃。スリムな造形でカーボン模様でまさに「スマートな見た目のスマホ」として仕上がっている1台です!Rakuten Handって強力なライバルもいるけど、見た目で好みは分かれてきそうですね。

最近登場するスマホはそろって片手で持つのが難しい大画面クラスが殆どのため、Mode1 GRIPは貴重な片手で持ちやすいモデルといえますね。3Dゲームにこだわらないなら普段使いとしてストックするのも良さそう!筆者は見た目がスタイリッシュで欲しくなってます。

▼Mode1 GRIPの詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

Mode1 GRIPのスペック・対応バンドまとめ

■メモリ4GB+容量64GB■
初出時価格→22,000円
過去最安値→22,000円
▼[GIZTOP]セール価格で22,000円!↓

ページトップへ