ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

nuroモバイルをiPhone SEで試す。3キャリア対応で月額300円から。格安SIMデビューに!

nuro mobileをiPhone SEで試す01

ライトユーザにも浸透してきたMVNO(格安SIM)。今回はnuroモバイルさんからSIMカードを試す機会を頂いたのでiPhone SEで使ってみました。通信速度はそこそこ、3キャリア対応でお試しプランは月額300円からと格安SIMがどんなものか体験してみるのにピッタリ!

nuroモバイルをiPhone SEで使ってみた

先月登場したiPhone SEの第二世代、ジャストなサイズ感と激安価格には大満足です。神端末。夜景のカメラがやや弱いくらいでほかは言う事なし。

スマホは旧iPhone SEも含めたくさん持っており基本的にはWi-Fiで通信しているのですが、出先で何かしら使う時用にもう一枚SIM契約があると便利かなーと思っていました。メインのSIMからテザリングも面倒な時があるので。

iPhone SE(第2世代)のレビュー!スマホに興味の無い方はこれ買っとけば安心

本当はiPhone SEがeSIMに対応している事から楽天モバイルのeSIMを突っ込もうと思っていたのですが、物理SIMで申し込んでしまっていたためeSIMへの契約変更が面倒な事、そして無料通話アプリひいては申し込み時のキャンペーンが非対応な事から楽天モバイルとiPhone SEの相性がよろしくなかったんです。

というわけで今回はnuroモバイルさんのSIMを使ってみる事に。なんと最小構成の0.2GBプランなら月額300円で最低利用期間もなしとの事。正直0.2GBはお試し用もいいところなんですが、使い切って通信速度制限がかかる前提で考えても通信さえできればいいかなと。

▼iPhone SEはガルマックスカラーのレッド。早速SIMカードをイン↓

nuro mobileをiPhone SEで試す02

初期設定。iPhoneはAPNプロファイルをインストールするだけ

▼初期設定と言ってもiPhoneでやる事はほとんどないです。APNプロファイルをhttp://mobile.nuro.jp/r/download/apn/からダウンロードしてインストールするだけ↓

nuro mobileをiPhone SEで試す06

▼APNというのは接続先情報で、これがまとまった設定ファイルをiPhone内に入れてるわけです↓
nuro mobileをiPhone SEで試す05

▼画面に従って完了。これで通信可能に↓
nuro mobileをiPhone SEで試す04

APN情報

Androidだと場合によっては手打ちでAPN情報を入力する必要があります。説明書に従えば大丈夫。難しい事はありません。

APN:so-net.jp
ユーザ名:nuro
パスワード:nuro
認証方式:PAPまたはCHAP

nuro mobileをiPhone SEで試す03

通信速度。そこそこ。必要十分

まぁ0.2GBでやりたい事はSNSとネットサーフィンくらいなので通信速度を測ってみました。アプリを変えて二種類。

▼5GMARKではダウンロードが8.84Mbps、アップロードが0.21Mbps、Pingが48ms。RBB SPEEDではダウンロードが36.59Mbps、アップロードが0.19Mbps、Pingが63ms↓
nuro mobileをiPhone SEで試す07

▼YouTubeは読み込み時に一瞬止まりましたが1080Pの画質でも再生できました。15時の比較的空いている時間帯とはいえ十分ですね↓
nuro mobileをiPhone SEで試す08

通信速度制限がかかるとYouTubeはムリ!

▼0.2GBは動画を見てたらいつの間にか消費してました。通信速度制限突入。YouTubeを再生してみると…↓
nuro mobileをiPhone SEで試す09

んぅー!クルクル状態!360Pの画質でもダメ。240Pでようやく止まりながら再生できた程度。

ただこれはnuroモバイルが悪いわけでなく速度制限時の宿命です。動画など重めの通信内容はキツイ。ドコモやauやソフトバンクでもギガを使い切ればこうなる可能性は高いです。

ただ32Kbps制限中にしては速い?

速度制限中はいい意味で体感と実行速度の乖離を感じました。

nuroモバイルの0.2GBお試しプランは速度制限が厳しく、他社SIMの速度制限時の通信速度が大体128Kbpsのところお試しプランは32Kbpsなんですね。ちなみにお試しプラン以外、通常の2GB/7GB/13GBプランは使い切ると64Kbps~200Kbpsの速度制限になります。

今までの経験上32Kbpsというとテキストのやり取り(LINEとかのメッセージングサービス)くらいしかできないはずなのですが、この状態でもTwitterくらいなら快適に閲覧できたんですよね。画像を多用しているネット記事は表示が遅かったですがそれでも繋がらない事はなかったです。ポケモンGOもできました。

元々YouTubeはどんな格安SIM会社でも速度制限時はムリ(と思っていた方がいいです)なのでクルクル状態に不満はないです。それどころかTwitterすらダメかなーと思っていたところ意外といけたという嬉しい誤算でした。

格安SIMは速度は割り切って使おう

とは言え基本的には格安SIMの通信速度はあまり期待しないでおく事をオススメします。昔から格安SIMサービスはたくさん使ってきましたが、通信速度は水物でタイミング・会社・ロケーションによって品質が変わるのはもう仕方ありません。

格安SIMの本分は自分に合った割安な通信容量プランを選べる事。数値的な通信速度は大手キャリアよりも遅くてもそこに問題がなければ料金的なメリットがありますよというもの。

今回は特に通信速度に不満はありませんでしたが、私もメインで使っているLINEモバイルでたまに遅いなーと感じる事はあります。なんか通信が詰まってる感じ、読み込み直すとまぁいけた、でもいつもより時間かかったなみたいな。nuroモバイルだってタイミングによってそうなる事は十分考えられます。

nuroモバイルは格安SIMのお試しにピッタリ!

総合すると月額料金が安いぶん初期費用である登録事務手数料3,000円+SIMカード準備料400円がやや割高感があるけど300円で維持できるデータ通信SIMとしては十分満足な品質かなという感想でした。

ただ格安SIMのサービスの性質上実際の通信品質がわからないのに乗り換えは怖い・一歩を踏み出すのが億劫という方はまだまだ多いはず。

だからこそ気軽に試せる仕組みがライトユーザには重要。nuroモバイルは格安SIMデビューにピッタリな特徴があります。

SIMカードはドコモ・au・ソフトバンクが選べる3キャリア対応

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホは基本的にその会社の電波に対応しているものなので、他の会社のSIMカードを突っ込んでも基本的には通信できません。海外のSIMフリースマホなんかは対応している電波バンドを調べる必要があります。

nuroモバイルはドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の3キャリア全てのSIMカードを選べるので手持ちのスマホで通信できる可能性がグンと上がります。選ぶ回線によって料金が変わってはしまいますが。

iPhone SEなんかは数多くの電波バンドに対応しており、私の持っているiPhone SEはAppleストアで購入したSIMフリー版なので一番お安いドコモ回線のSIMをチョイスしました。

月額300円からのお試しプランは解約料も無料

nuroモバイルは最安300円から

冒頭からお伝えしている通り今回申し込んだプランはドコモ回線なら月間0.2GBの通信容量で月額300円というもの。

このプランはデータ通信SIM(ネット専用)・音声通話SIM(電話番号も持てる)に関わらず解約料が無料です。さらに月間2GB・7GB・13GBの通常プランへの変更手数料も無料。

つまりまずは格安SIMの通信品質を試してみる→ダメなら無償解約orいい感じなら通常プランにプラン変更という形で格安SIMを体験・移行できるのです。初期費用はさすがに無料にできませんが今後節約できる可能性を考えたら安いもの。

MVNOに詳しい人ならピンとくるかもしれませんがこれはロケットモバイルの神プランと似たような料金体系。あちらは常時200Kbps、nuroモバイルは200MBまで通常速度でそこからは32Kbps。

ロケットモバイルの神プランは主にIOT機器用なのに対し、nuroモバイルのお試しプランは少ない容量とは言え格安SIM本来の通信速度が体験できる点にメリットがあります。文字通りお試し。そして音声通話SIMでも解約料がかからないプランはかなり珍しいです。

私はガッツリした通信は家のWi-Fiでやるライフスタイルであり、メインのSIMも持っており、サブ回線として最低限の通信ができる低価格SIMを探していたという個人的な事情からデータ通信SIMを選びました。

音声通話SIM×通常プランは3ヶ月間100円キャンペーン中

nuromobile 100円ぽっきり
nuroモバイルは現在、音声通話SIM×通常プランに限り月額料金が3ヶ月間100円になるキャンペーンを実施中。プラス初月無料なので4ヶ月間お得に。通常プランの音声通話SIMは1年間の最低利用期間がありますが年間で平均しても業界最安値クラスになります。

大抵の格安SIM系キャンペーンは契約事務手数料タダとか5,000円キャッシュバックとかなんですけどそれらと比べてもこのキャンペーンはなかなかに太っ腹。ドコモ回線のSIMならこんな感じ。

  • Sプラン2GB:初月無料+3ヶ月間1,300円引
  • Mプラン7GB:初月無料+3ヶ月間2,100円引
  • Lプラン13GB:初月無料+3ヶ月間3,300円引

たださすがに新規契約・MNP(番号そのまま他社から乗り換え)限定のキャンペーンであり、お試しプランからのプラン変更だと適用されません!

お得に始められるタイミングで音声通話SIMを申し込むもよし、石橋を叩いてお試しプランを体験してみるもよし。

3キャリア対応なので色々なスマホで使えるnuroモバイル。新しいiPhone SEでも使えます。格安SIMへの移行を考えていた方、本格的な移行はともかく格安SIMでの通信を試してみたい方はこの機会に格安SIMデビューをどうぞ。

追記:モバイルルータの7GBプランが業界最安だった

記事を公開してから気づいたんですけど、NuroモバイルはSIMカードとモバイルルータのセット購入もやっていてこれが結構安かったんですよね。「モバイルWi-Fiルータお申し込み特典」というキャンペーンによって初月無料&11ヶ月間500円引き。

データ通信SIMなので解約料もなし、ルータはレンタルではなく購入する形なので返却不要。当然SIMフリーなので他社のSIMカードでも使えます。

プラン名 初月 2~12ヶ月目 13ヶ月目~
Sプラン(2GB) 0円 200円 700円
Mプラン(7GB) 0円 1,000円 1,500円
Lプラン(13GB) 0円 2,200円 2,700円

で、以下がモバイルルータとデータ通信SIMのセット購入をやっているMVNOの7GBプランの料金を比較したもの。初期費用から端末代から月額料金から年間のトータルコストまで全て税込みに直してまとめてあります。

通信会社 Nifmo LinksMate Nuroモバイル
ルータ Aterm MP02LN +F FS030W +F FS030W
端末代 15,180円 10,780円 16,500円
月額料金 1,760円 1,958円 1,650円
初期費用 3,300円 3,740円 3,740円
キャンペーン なし なし 初月無料
11ヶ月間550円引き
1年間ランニングコスト 39,600円 38,016円 32,340円

24回の分割払いにすると金利の分で1,204円かかりますがそれを含めても業界最安。月額料金が安いので使うほどに差は広がっていきます。テレワークも流行っているので音声通話SIMでなくデータ通信SIMをモバイルルータで活用するのもアリですね。月間7GBくらいの通信容量で検討していた人はどうぞ。

ページトップへ