OnePlus 8のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Oneplus 8

待ち望まれていたOnePlusの2020年新型モデル「OnePlus 8」が発表されたぞぉお!!!!早速特徴、スペックそして価格をチェックしましょう!

OnePlus 8の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 OnePlus 8
発売年 2020年4月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー OnePlus
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G ▼グローバル版↓
WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B9 / B19
CDMA:BC0 / BC1 / BC10
▼中国版↓
WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B9 / B19
CDMA:BC0
4G LTE ▼グローバル版↓
LTE-FDD:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 66 / 71
LTE-TDD:B34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 46 / 48
MIMO:LTE:B2 / 4 / 7 / 25 / 66 / 41 / 48
▼中国版↓
LTE-FDD:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26
LTE-TDD:B34 / 38 / 39 / 40 / 41
MIMO:LTE:B1 / 3 / 41
5G NR ▼グローバル版↓
5G:N2 / N5 / N66 / N41 / N71
▼中国版↓
5G:N1 / N3 / N41 / N78 / N79
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(NanoSIM×2)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
本体仕様
ディスプレイ 6.55インチ/有機EL/画面占有率非公表
90Hz表示対応
解像度 2,400×1,080/FHD+/画面比率20:9
画素密度 402ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:160.2 mm
横幅:72.9 mm
厚さ:8.0mm
重さ 180g
本体色 ブラック系/グリーン系/ホワイトグロー
システム仕様
OS Oxygen OS
Android 10ベース
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 865
AnTuTuベンチマーク

総合スコア総合スコア約568,000点

GPUスコア約220,000点

(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB
メモリ12GB+容量256GB
その他組み合わせは非公表
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ ①48MP(メイン、IMX586、f/1.75)
②16MP(超広角、116°、f/2.2)
③2MP(マクロ、f/2.4)
特性:PDAF、CAF、ナイトモード
AI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:メイン0.8μm、マクロ1.75μm
前面カメラ パンチホール式インカメラ
16MP(メイン、f/2.45、IMX471)
特性:ポートレート
AI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:1.0μm
機能仕様・センサー
GPS GPS (L1+L5 Dual Band)、A-GPS、 GLONASS、 Galileo (E1+E5a Dual Band)、BDS、SBAS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 防滴
IP規格なし
イヤホンジャック なし
NFC 対応(ただしFeliCa/おサイフケータイ非対応)
その他機能 スピーカータイプ:ステレオ
Bluetoothコーデック:SBC、AAC、apt-X、apt-X HD、LDAC
バッテリー
バッテリー容量 4,300mAh
充電 有線充電:30W(5V/6A)
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

OnePlus 8

 

スペック表に関する免責事項

OnePlus 8の発売時期と価格

OnePlus 8の発売時期は4月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ8GB+容量128GB:699ドル(約75,000円)
  • メモリ12GB+容量256GB:799ドル(約86,000円)

OnePlus 8の性能をチェック!

OnePlus 8は発売時点で最高峰の性能となるハイエンドモデルです!各社のフラッグシップモデルに多く採用される性能帯で先進的な技術や最新鋭のカメラ、機能が盛り込まれている事が多いです!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定を高くしても非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

OnePlus 8(Snapdragon 865)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだOnePlus 8実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 865」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 865(参考):総合スコアが568,000点、ゲーム性能(GPU)が220,000点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/05更新]

OnePlus 8の対応バンドをチェック!

OnePlus 8は海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

OnePlus 8のドコモ回線対応状況

OnePlus 8のLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応!さらに地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19にも対応しております!

ただし、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。

OnePlus 8はドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

OnePlus 8のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

OnePlus 8のLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

OnePlus 8はソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でOnePlus 8をソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

OnePlus 8のau回線対応状況

OnePlus 8は通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています!しかしながらau回線はSIMフリースマートフォンと相性が悪くバンドに対応していても利用できない場合も多々あるので、実際にOnePlus 8でau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

auでは相互通信テストをクリアしていないとVoLTEが利用できない場合が多いので確認してみましょう!

OnePlus 8の特徴ピックアップ!

ブラック、グリーンそして七色のグローカラーが美しい!

▼OnePlus 8の背面は非常にスッキリシンプルなルックスに落ち着いております。カメラやロゴの配置は先代モデルであるOnePlus 7のスタイルを踏襲した形になっており、派手さを感じさせない、それでいてしっかりOnePlusスマホと区別できる個性を両立できております!シンプルイズベスト。↓

Oneplus 8

▼レイアウトはシンプルながらカラーはかなり個性的です!ブラックとグリーンとグローカラーの計3色展開となっております!まずこのグリーンですが、シンプルに見えてとても個性が輝いているんです!↓

Oneplus 8

実はこのグリーンカラーのみに、マット加工が施されているんです!これまでの鏡面仕立てと異なり、ツヤツヤ感がなくサラサラな質感なんです。

そのため非常に上質な手触り、そして指紋が付きにくく汚れにくいといった点が非常に魅力的なんですよね。スマホをそのまま使いたいけど、指紋やヨゴレが気になってしまう…なんてジレンマを感じることもなくなりそうっす!

▼最後は一番右のグローカラー!パールホワイトのような見た目ですが違います。なんと7色に輝くカラーなんです!超豪華!↓

Oneplus 8

グリーンと異なりマット加工ではないものの、反射があり、非常に透き通ったような見た目はもはやスマホというより宝石のような趣を感じるレベルです。見る角度、反射具合に応じて様々な色に変化する様は、見てて飽きなさそうですね!所有満足度もたっぷり満たしてくれそうです!

高速表示でヌルヌルサクサクなディスプレイもイイカンジ!

▼OnePlus 8のディスプレイは、先代OnePlus 7とは異なり水滴ノッチを廃止。片側配置のパンチホール+エッジという最先端トレンドな形状に仕上がっております!↓

Oneplus 8

このパンチホールが左側に配置されていることで、中央にあったノッチよりもじゃまになりにくく、より高い没入感が得られるのが嬉しいポイントですよ

▼さらにこのディスプレイは形状だけでなく、その性能もフラグシップらしい仕上がりになっております!素材は有機ELを採用したことで、色鮮やかでリッチな表示、そして黒色表示は白っぽさのない「真に引き締まった黒」となり、液晶タイプのディスプレイよりも非常に豊かな画面が楽しめるんです!↓

Oneplus 8

HDR表示はもちろん、最大リフレッシュレートは90Hzにも対応しており、従来の60Hz(1秒間に60回表示)よりも1.5倍高速化。これにより、スクロール時はより「ヌルヌルでサクサク、なめらかな動き」となるんです。タッチした際、より指に吸い付くような機敏な動きができるため、長時間使用していても目が疲れにくい!という点も見逃せない、Goodなポイントなんす!

非常に品質に期待できるトリプルカメラ。超広角とマクロを搭載で使い勝手Great!

▼OnePlus 8は縦配列のトリプルカメラを採用しました!デュアルカメラであった先代モデルよりもカメラの数が増え、さらに性能も順当に強化されております。構成は48MPのメイン+16MPの超広角+2MPのマクロカメラとなります!↓

Oneplus 8

センサーはソニー製のフラグシップモデルに搭載されるIMX586を採用!さらにF値はf/1.75に進化しました!これにより、先代モデルよりもよりハッキリした色彩、正確なコントラストになったのは勿論、高い画素数なので画像サイズが大きく、より精細に仕上がっております!

またAIにも対応したため、被写体によって色調のチューニングを掛けてくれるのも超便利。わざわざ後から編集ソフトを立ち上げて、スライダーを動かすなどの作業をする手間もなく、1発でインスタ映えが狙えて非常に便利なんです!

このサンプル写真のクオリティも非常に高く、OnePlus 8のようなスマホ1つあれば手軽にここまでの出来栄えな写真を撮れるってなんともはや素晴らしいっすね!↓

Oneplus 8

▼さらにこのOnePlus 8はペット撮影に特化したモードを内蔵しております!それが「スマートペットキャプチャ」という機能。被写体にペット(ネコ、イヌ)を認識すると、自動でモーションブラー機能を作動させることで、ブレのない撮影ができるとのこと!普段ペットを撮影することの多い筆者にとって嬉しい機能ですね!↓

Oneplus 8

▼メインの他には、16MPの超広角カメラを搭載!メインカメラでは写らない範囲をググーっと収められる大変便利なカメラでございます!サンプル写真のような広大な風景を収めるのにピッタリなのはもちろんの事、狭い室内や撮影可能なライブ会場といった一歩下がれない状況で便利!

Oneplus 8

▼そして最後にマクロカメラを搭載!このマクロカメラは被写体にググっと近づいての接写撮影ができるので、これまで撮影できなかった写真が撮れて非常に楽しいカメラなんですよね。↓

Oneplus 8

これまでのOnePlusスマホでもマクロ撮影ができる超広角カメラが搭載されていましたが、OnePlus 8は独自にマクロカメラを搭載しているのが大きなポイント!超広角カメラとのハイブリッド式よりも高いクオリティに期待できますね!

このマクロカメラ、実用性は意外にも高いんです!ニクめないぐらいに。

たとえば最近流行しているオークションやフリマアプリでの個人間取引。みなさんも使ったことがあるかもしれません。

「自分が出品する際、商品撮影で手間取ったり、低クオリティの写真しか撮れなかった!」…なんてことがありますよね。とくにジュエリー、アクセサリーといった小物を出品する際はかなり苦労した!なんてこともあるんですよ(体験談)。そんなときはこのOnePlus 8のマクロカメラが大活躍!文字通り小さい被写体をバッチリ大きく見やすく撮影できるので、取引に使う写真は高クオリティで、よりスムーズな取引も見込めますよ!

大容量バッテリーで長時間の使用にも耐えうる嬉しい設計!

このOnePlus 8、バッテリー容量は4,300mAhと大容量で、電池もちも期待できそうです!他フラグシップモデルと比べてみたいぜ!↓

Oneplus 8

さらにそれだけではありません。超急速充電で、大容量バッテリーのネックであった充電の遅さの弱点も克服しております!急速充電規格は30Wと非常に高く、公式によると30分で50%も充電できるとのことなんです!

▼この超急速充電は一般的な充電器では実現不可能です。ではわざわざ別で買いに行かなければならないって?そんなことはありません!最初から付属されているから心配無用!

Oneplus 8

またこの充電器と充電ケーブルはOneolusオリジナルデザイン!紅白カラーで独特な見た目は所有欲を満たしてくれる点でも嬉しいよね!特別感モリモリ!

スライダースイッチ続投!マナーモード切り替えがカンタン

▼このOnePlus 8、電源キーの上にスライダー式のスイッチを搭載しており、他スマホでは見られないかなり変わったギミックを採用しているんです。↓

Oneplus 8

このスライダースイッチはマナーモードを切り替える機能を搭載しており、上下に動かすだけで「端末の画面を点けることなく」マナーモードの切り替えが可能なんです。これが非常に便利!公共交通機関に乗る際、会議を始める際など、ササっとマナーモード切り替えしたいときには、このスライダーをカチカチッと動かすだけで即座にマナーモードで消音可能!

いっけん地味に見えつつも、普段使いに重要な機能性を兼ね備えているあたり、さすがOnePlus!と思わされますね。

SoCはもちろん、UFS3.0ストレージ採用で普段使いが快適すぎるぜ

▼このOnePlus 8は上述にあるように最高級の性能を誇るので3Dゲームであってもカクつかずサクサク動かせるほどのハイスペックですが、それだけではないんです。ストレージ規格はUFS 3.0規格を搭載しているんです!↓

Oneplus 8

これにより「ストレージの読み書き速度が向上」しているというメリットが生まれるんです!テクスチャ、読み込みの多いゲームにおいてはロード時間の短縮でより快適なプレイが楽しめますし、写真整理やアルバム閲覧といった場面でも、より読み込みが早く行えるため、イカなる状況においても非常に快適になるんです。素晴らしいぜ!

OnePlus 8まとめ。「何もかもが速い」こだわりスマホ!

Oneplus 8

OnePlusってハイクオリティで最高性能のスマホしか作らない、一切の妥協を許さないこだわりメーカーなんですよね。まるでガンコなおやっさんが営むラーメン店のような。

それだけ聞けば「一見さんお断り」のような厳しさを感じるかもしれませんが、実は180°違います。OnePlusの搭載しており独自OS「Oxygen OS」は、数ある独自OSの中ではトップクラスに扱いやすく、カスタマイズ性の高いOSなんです!通知アイコンなどのデザインは純正OS同様のミニマルデザインでわかりやすい表示なので、他社スマホから乗り換えた型でも戸惑いにくいのもGoodなポイントなんです。

このOnePlus 8は最高級フラグシップモデルですが「スマホ、パソコンに長けたガチ勢」だけをターゲットにしているだけではなく「スマホを使って間もないルーキーさん」にも扱いやすい、とっても親切な優等生なんです。さながら「ゲームで出てくる、チュートリアルでプレイヤーを優しく指南してくれるベテランキャラ」のようなモデル。

価格は最安(メモリ8GB、容量128GBモデル)で699ドル、日本円で約75000円からとなります!これは安い!

これ筆者からしたら9万以上するんじゃないかなって思ってたんですが、いい意味で裏切られた。もちろん価格と価値は人それぞれものさしは違うんですが、洗練された超個性的な見た目、美しいディスプレイ、最高性能+高速ストレージ、高性能トリプルカメラ、便利なスライダースイッチなどなど、快適かつ最新トレンドをおさえておいてこの価格は実に素晴らしいと言わざるを得ない。

ちなみにメモリ12GB、容量256GBの最高構成モデルは799ドルで、日本円で約86,000円。最小構成との差は1万円と少しぐらいです。1万円多く支払えば倍の容量を使える意味では、ちょっと背伸びして最高構成を買ったほうが幸せになれそう。色々なコスパの良いスマホを見ている筆者ですが、これも十分に選択肢に入る!こだわるユーザーさんにオススメしたい1台なのでした。

OnePlus 8の実機レビュー

OnePlus 8のレビュー!悪くは無いんだけど…5G需要はまだ低いし価格的にも手を出しにくい

OnePlus 8の割引クーポン・セール・購入先まとめ!

OnePlus 8の割引クーポン・セール情報は以下の記事にまとめてあります!

最安値!OnePlus 8の割引クーポン・セール・購入先まとめ

ページトップへ