ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OUKITEL C17 Proが登場。パンチホールやトリプルカメラ搭載のエントリースマホ

▼タイアップキャンペーン!▼

月間100GB以上使える!ガルマックス経由なら長期契約不要で月額2,990円!期間限定&数量限定!お見逃し無く!

OUKITEL C17 Pro

OUKITELの新スマホOUKITEL C17 Proが登場しました。新世代エントリーモデルでパンチホールディスプレイを搭載しトリプルカメラに対応するなど、期待感の高いスマホです。

OUKITEL C17 Pro – パンチホール・トリプルカメラ搭載のエントリースマホ

OUKITEL C17 ProはOSにAndroid 9、SoCはHelio P23、メモリ4GB、容量64GBの構成であるエントリーモデルのスマートフォン。ディスプレイは6.35型HD+を採用。139.99ドル(約1.5万円)でお求めやすい大型スマホです。

カメラはアウトカメラがトリプルカメラ構成でソニーセンサーを採用する1300万画素に500万画素のカメラを組み合わせで通常撮影以外に超広角撮影に対応。3つ目のカメラは200万画素の深度カメラで自然なボケ味撮影をサポートするカメラとなっています。約1.5万円でパンチホール・トリプルカメラに対応した6.35インチディスプレイの大型スマホを購入できるのは非常に魅力的です。

バッテリー容量は3,900mAhで比較的大容量なバッテリー搭載量となっています。その他、筐体の背面に指紋センサーに対応、イヤホン端子は非搭載となっています。

対応バンドは以下の通り

  • 2G GSM :B2/B3/B5/B8
  • 3G WCDMA :B1/B2/B4/B5/B8
  • 4G FDD-LTE : B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18 /B19/B20/B25/B26/B28A

ドコモ回線はLTEがフル対応、ソフトバンク・ワイモバイルはLTE/3G共にフル対応、auはau VoLTE SIMで利用する必須バンドに対応していますが、au回線は実際に通信できるか検証が必要です。

価格は139.99ドル(約1.5万円)で公式ストアや各ネットショップで発売予定です。以下の記事で詳しいスペックや特徴を紹介しています。

OUKITEL C17 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

ページトップへ