楽天モバイル 3ヶ月無料

PayPayのユーザ数が3500万人突破。中華スマホ好きにPayPay愛用者が多いのはなぜ?

キャッシュレス決済サービスの「PayPay」のユーザ数が3500万人を突破したんですって。日本人口の1/3とほぼ同じでかなりユーザ増えてるみたいよ。

PayPayが約2年3ヶ月でユーザ数が3500万人に

ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、提供するキャッシュレス決済サービス「PayPay」について、2021年1月4日にユーザー数が3,500万人(※1)を突破しましたのでお知らせします。これは、日本の人口の約3割、1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)の総人口(※2)とほぼ同じになります。なお、2018年10月5日にサービスをスタートして以降、1日平均で約4.2万人が新規でアカウント登録を行ったことになり、現在もユーザー数は順調に推移しています。

「PayPay」のユーザー数が3,500万人を突破

絶好調なようですね。資本が凄いんで定期的に魅力的なキャンペーンを打ち出して順調にユーザ数が伸びてます。3500万人はアカウント登録したユーザってことなんですが、恐ろしいくらいのユーザを抱えてますね。

僕はPayPayの100億円キャンペーンから使い始めたんですが、あのキャンペーン以降、利用できる箇所が爆発的に増えたんですよ。

近所のコンビニはもちろん、スーパーも会社近くの小さな商店もPayPayが利用できちゃうんで、ほぼPayPay使って支払いしてます。

こんな感じでユーザが増えたことでPayPay加盟店も多くなり、今では公共料金の支払までいけちゃう。まじで便利だよね。

中華スマホ好きの方はPayPay愛用者が結構多い

ガルマックスユーザさんは中華スマホ好きの方が多いんですが、キャッシュレス決済でPayPayを愛用されている方が多いんですよね。僕も中華スマホ好きの仲間と交流している時、キャッシュレス決済使ってるほぼ全員がPayPay使ってました。

これは僕もなんですが、「中華スマホ」「利用するSIM」「キャッシュレス決済でのチャージ方法」を総合的に見て扱いやすいキャッシュレス決済サービスを探すとPayPayにたどり着くんです。

ちなみに僕はこんな感じのフローでキャッシュレス決済サービスはPayPayが良いなって感じでたどり着きました。

中華スマホが好き。でも多くの中華スマホはソフバン(ワイモバイル)系回線しか対応してない

利用料金がソフバンより安いけど通信が高品質なワイモバイルのSIMをチョイス

PayPayはソフトバン・ヤフーの共同出資した会社。ワイモバ使ってたら連携が超簡単

PayPayはチャージも面倒な手続きなしにワイモバイルまとめて支払でいけちゃう

こんな感じでPayPayにたどり着いたって訳です。

キャッシュレス決済使いたいなと調べはじめたら、もう敷かれたレール状態でPayPayに導かれるんですよ。

確かに、他のサービス使うよりも使い勝手が良いし、使える場所も多いんで、僕みたいな中華スマホ好きはPayPay相性者が多いんじゃなかろうか。

あとキャンペーンが多いのも魅力ですよね。PayPayだけのキャンペーンはもちろん、最近はソフトバンクグループでPayPayを絡めたキャンペーンもバンバンやってます。

▼例えば中華スマホ好き御用達のワイモバイルは、SIM単体契約で6,000円相当のPayPayボーナスプレゼントキャンペーンやってます。↓

▼あと、ソフトバンクにMNPする時はYahoo!携帯ショップ経由だとめっちゃPayPayボーナスライトが貰えるんですよね。↓

ソフトバンクの申込みはYahoo!携帯ショップで!PayPayボーナスライト10,000円分を貰おう

PayPayは中華スマホが好きって方と相性がとっても良いキャッシュレス決済サービスなので、是非、使ってみて下さいね!

▼PayPayの導入も簡単!以下からインストールしましょう!↓

ページトップへ