1100-150 Xiaomi 14

Nothing Phone (2)の実機画像でたけど、デザインはあまり変わらんね

背面に埋め込まれたLEDがピカピカ光ることで話題となったNothing Phone (1)の後継機であるNothing Phone (2)は2023年7月12日に発表されるんですが、それに先立ち公式で実機画像が公開されました!

見よ!これがNothing Phone (2)だ!

公式Twitterで以下が流れていました。ホワイトとグレーの2色展開みたい。ちなみに日本公式サイトでもトップ画像が切り替わり以下のものになってました。

見た目はあれですね。あんまり変わらない。

ワイヤレス充電ユニットやカメラユニット周囲のLEDが途切れたデザインになったり、スケルトンボディー内のパネルデザインが変わったりと細かな変更は有るけれど、デザインの大部分は前モデルから継承している感じ。

▼上記のTwitterが出たタイミングでMarques Brownlee氏が動画を公開していたんですが、右:Nothing Phone (1)と左:Nothing Phone (2)を比較してました。↓

▼Nothing Phone (2)では背面LED(Glyphインターフェイス)の光り方をユーザーが自由にカスタマイズできるみたい。そのあたりも動画に入っていたのでチェックしてみて下さい!↓

ちなみに搭載するSoCはSnapdragon 8 Genシリーズになると言われています。

うーん、僕としては今の段階だとちょっとパンチが弱いな〜って印象ですね。どうもマイナーアップデート感を抜けきらない感じがします。(まあ最近のスマホを見ているとSoCが変わるみたいだし頑張ってるとは思いますけれど!)

ただNothing Phone (1)はそもそもデザイン推しで、そのデザインがとても気に入って購入したユーザーにとっては、Nothing Phoneらしいデザインを引き継ぎつつアップデートされるNothing Phone (2)は魅力的に感じるかも?

とりあえず7月12日に全貌が明らかになるので楽しみに待ちましょう。

ページトップへ