ワイモバイル バナー ヘッダー

総務省がスマホ乗り換え相談所を開設。これ、税金使ってやること?

そこまでやるかって感じですが、総務省がスマホ乗り換え相談所を始めるようです。

総務省がスマホ乗り換え相談所を今夏以降に開設

Yahoo!ニュースで掲載されていた毎日新聞によると、総務省がスマホ乗り換え相談所を開設するとのこと。

総務省は今夏にも、携帯電話の乗り換え手続きを支援する「スマホ乗り換え相談所」の試験事業を始める。携帯各社が料金の値下げを進める中で、中立の立場で各社のサービスを比較して、利用者それぞれに合った会社や料金プラン、機種への変更を後押しする。

総務省が「スマホ乗り換え相談所」設置へ 各社プラン、中立で比較

時期は今夏以降で全国3箇所以上に開設するそうで、民間企業に委託して運営するそうな。で、仕組みの構築費や人件費など1億4,000万円を税金で負担するそうです。なんだかなー。

税金まで使ってやることかな?

国が携帯電話の利用料金を下げるという口実で介入し始めて各キャリアは色々と対応してますが、スマホ乗り換え相談所って税金使ってまでやるべきことですかね?

確かにユーザが自身に最適なプランが選べていないってのが理由でこういった取り組みを進めていることは理解できるんですが、それはキャリアがやるべきことなんじゃなかろうか。

ユーザが自身に最適なプランが選べてないのであれば、選べるような仕組みを考えて取り入れたら良いと思うし、「電波は国民の資産」というのであれば、それを利用する事業者に費用を負担させて相談所を作らせたら良いじゃん。って思っちゃう。

国民の通信費の負担を下げたいなら減税とかしてほしいよね

確かに利用料金の値下げは「該当するなら」ダイレクトに負担が下がるんですが、通信費の負担を下げるなら個人的には減税対象にしてほしいって思っちゃいます。

あと、税金使うならネットワークの構築などに力を入れて欲しいですね。もう、携帯電話なんてライフライン化してますし、公共事業的にネットワーク環境の発展に対して使ってほしいなって思っちゃいます。

今のところ、利用料金の値下げもスマホ乗り換え相談所も僕がみると利用者の「一部」に恩恵がある取り組みに見えちゃってまして、それなら減税やネットワーク環境の発展など多くのユーザに恩恵がある取り組みに舵切りして欲しいって思ってしまいます。

確かにユーザが自身に最適なプランを選べてないのは問題ですが、国がやるべきこと、キャリアがやるべきことをもう少し考えて動いてほしいなーって感じました。また続報が入ったらお知らせしますね。

記事公開してからユーザさんの反応はこんな感じ

他にも様々なコメントを頂いているので以下からチェックしてみて下さい!

ページトップへ