Xiaomi Redmi K20 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

Xiaomi Redmi K20 Pro

本記事では「Xiaomi Redmi K20 Pro」のスペック、対応バンド、価格、特徴をまとめています!本記事の情報は正式発表前の情報となっております!正式発表されたら更新しますね!→正式発表となりましたので公式発表情報に更新しています!

▼Xiaomi Redmi K20 ProのグローバルモデルであるXiaomi Mi 9T Proの情報は以下からどうぞ!↓

Xiaomi Mi 9T Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

スペックデータベース登録済み

目次をクリックすると各項目へ移動します

Xiaomi Redmi K20 Proの実機レビュー

Xiaomi Redmi K20 Proのレビュー!スペック怪獣のフラッグシップキラー[読者投稿]

Xiaomi Redmi K20 Proの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式+販売店+実機
信頼度:高
製品情報
端末名 Xiaomi Redmi K20 Pro
型番/別名 別名:Xiaomi Mi 9T Pro(仮)
発売年 2019年6月
発売地域 海外:SIMフリー(中国市場向け)
メーカー Redmi
言語 日本語・Googleサービス非対応
対応バンド・ネットワーク
2G 850/900/1800/1900MHz
BC0
3G 1/2/5/8/34/39
BC0
4G 1/3/5/7/8/34/38/39/40/41
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 DSDV対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.39インチ/Super AMOLED/画面占有率91.9%
Gorilla Glass 6
解像度 2340×1080/FHD+/画面比率19.5:9
画素密度 403ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:156.7mm
横幅:74.3mm
厚さ:8.8mm
重さ 191g
本体色 Midnight Black、Sapphire Blue、Icelandic white
システム仕様
OS Android 9.0/MIUI 10
SoC Qualcomm Snapdragon 855
CPU Kryo 485/2.84GHz/8コア
GPU Adreno 640
ベンチマーク AnTuTu(実機):総合スコア約371768点、GPUスコア約155003点
Geekbench(参考値):シングルコア約3400点、マルチコア約10000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量64GB
メモリ6GB+容量128GB
メモリ8GB+容量128GB
メモリ8GB+容量256GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ 48MP+13MP(超広角)+8MP(望遠)
3カメラ仕様

[48MP]
SONY IMX586
PXサイズ0.8μm
1/2インチセンサー
FOV 79.4°
F値1.75
オートフォーカス
4 in 1(12MP、1.6μm)

[13MP]
S5K3L6
PXサイズ1.12μm
1/3インチセンサー
FOV 124.8°超広角
F値2.4

[8MP]
OV8856
PXサイズ
1.12μm
1/4インチセンサー
FOV 44.6°
2倍光学ズーム
前面カメラ 20MP
1カメラ仕様
電動ポップアップ式
F値2.2
PXサイズ0.8μm
サファイアガラス
カメラ備考 最大画素数/4K、最大FPS/60FPS
機能仕様・センサー
GPS GPS:L1 + L5 |ガリレオ:E1 + E5a | GLONASS:G1 |北斗:B1
A-GPS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
FMラジオ
その他機能 アクティブノイズキャンセリングマイク
Bluetoothコーデック: AAC/LDAC/aptX/aptX-HD/aptX-adaptive
バッテリー
バッテリー容量 4000mAh
充電 有線充電:27W
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 メモリ6GB+容量64GB(2499元)
メモリ6GB+容量128GB(2599元)
メモリ8GB+容量128GB(2799元)
メモリ8GB+容量256GB(2999元)
公式サイト

Redmi K20 Pro

購入先/割引情報

公式ストア

端末詳細記事

Xiaomi Redmi K20 Proのレビュー!スペック怪獣のフラッグシップキラー[読者投稿]

Xiaomi Redmi K20 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

スペック表に関する免責事項

Xiaomi Redmi K20 Proの発売時期と価格

Xiaomi Redmi K20 Proの発売時期は2019年6月発売予定で価格は以下の通りです!

  • メモリ6GB+容量64GB(2499元/約3.9万円)
  • メモリ6GB+容量128GB(2599元/約4.1万円)
  • メモリ8GB+容量128GB(2799元/約4.4万)
  • メモリ8GB+容量256GB(2999元/約4.7万)

Xiaomi Redmi K20 Proの発売状況

Xiaomi Redmi K20 Proは5月28日に正式発表。現時点ではグローバルモデルの展開が注目を浴びています。

Xiaomi Redmi K20 ProのAnTuTuベンチマークをチェック

AnTuTu 最新

▼Xiaomi Redmi K20 Proの実機レビュー投稿をクラン様から頂きました!総合スコアは371768点、GPU性能は155003点でした!↓

Xiaomi Redmi K20 Pro

ーーーー以下から元記事の内容ーーーー

まだXiaomi Redmi K20 Pro実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、搭載される予定の「Snapdragon 855」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 855(参考):総合スコア約360000点、GPUスコア約157000点

▼ちなみに公式発表では、通常温度で38万点オーバーを達成。↓

Redmi K20シリーズ

Xiaomi Redmi K20 Proの性能をチェック!

Xiaomi Redmi K20 ProはSoCにSnapdragon 855を搭載予定のハイエンド端末。Snapdragon 855のベンチマーク的には最上位クラスの性能。

Xiaomi Redmi K20 ProならWEB閲覧や動画視聴、LINEやメール、SNSなど一般的な使い方だけでなく、リッチな描写のゲームも非常に快適にプレイできる性能の高さを誇るので、ゲーミング用途で選んでもOKな性能です。今後リリースされるであろうリッチゲームを快適にプレイしたいってゲーマーの方もこの性能帯の端末がオススメ。

Xiaomi Redmi K20 Proは搭載するSnapdragon 855の性能的に性能の心配をする必要はありません。

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でXiaomi Redmi K20 Proが搭載するSnapdragon 855の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

855
(ハイエンド)
710
(ミドルレンジ最上位)
660
(ミドルレンジ上位)
630
(ミドルレンジ)
450
(エントリー)
総合:約36.2万点
3D:約15.7万点
総合:約16.5万点
3D:約4.7万点
総合:約13.5万点
3D:約2.9万点
総合:約8.6万点
3D:約1.8万点
総合:約7.1万点
3D:約1.2万点
  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Xiaomi Redmi K20 Proの対応バンドをチェック!

Xiaomi Redmi K20 Proは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Xiaomi Redmi K20 Proの対応バンドは以下。

  • 2G:850/900/1800/1900MHz/BC0
  • 3G:1/2/5/8/34/39/BC0
  • 4G:1/3/5/7/8/34/38/39/40/41

Xiaomi Redmi K20 Proのドコモ回線対応状況

Xiaomi Redmi K20 ProのLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。

Xiaomi Redmi K20 Proはドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります。

Xiaomi Redmi K20 Proのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Xiaomi Redmi K20 ProのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています。

Xiaomi Redmi K20 Proはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています。

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でXiaomi Redmi K20 Proをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう。

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

Xiaomi Redmi K20 Proのau回線対応状況

Xiaomi Redmi K20 Proは通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。

Xiaomi Redmi K20 Proの特徴

3万円台でウルトラハイエンドが手に入る

Xiaomi Redmi K20 Proで最も期待されていたのが価格。正式発表後に最安構成で3万円台の価格が判明した途端、歓喜となりました。

▼Snapdragon 855を搭載する端末は10万円以上が相場ですが、フラッグシップキラーと呼ばれるXiaomi Redmi K20 Proはパフォーマンスだけでなくモンスター高コスパスマホでもあります。

Xiaomi Redmi K20 Pro

現在、グローバルモデルの投入時期やグローバルモデルの価格などが未発表なので、この点が注目されてます。

ターボモードを搭載

▼Xiaomi Redmi K20 Proは高いパフォーマンスを持っているのでゲーマーからも注目を浴びているモデルです。Xiaomi Redmi K20 Proではダブルターボモードを搭載しており、タップ応答が早くなるなどゲームをプレイする際に様々な最適化を施してくれます。

Xiaomi Redmi K20 Pro

パワフルなSoCを強力に冷却

▼ハイパフォーマンスを発揮している時はSoCが高温になりますが、強力に冷却する仕組みにより、冷却性能が650%アップ。CPU温度の軽減度合いもゲーミングモデルを上回り、約8度も熱が下がるとしています。

Xiaomi Redmi K20 Pro

ノッチレス。真の大型ディスプレイを搭載

▼Xiaomi Redmi K20 Proのディスプレイはノッチレス。画面欠けがなく、91.9%という驚愕の画面占有率を誇ります。

Xiaomi Redmi K20 Pro

ディスプレイサイズは6.39型。SamsungのAMOLEDパネル(有機EL)を搭載することで、発色だけでなく黒色の沈み方も液晶とは桁違いの美しさで映像を堪能出来る仕様も魅力的。

個性的且つCoolなデザイン

▼Xiaomi Redmi K20 Proはレッド系、ブラック系、ブルー系の3色展開。レッドとブルーは炎パターンのグラフィック、ブラックカラーはカーボンっぽいデザイン。背面デザインは非常に個性的ですが凄くカッコいいのでカラー選びに凄く悩んでしまいそうです。

第7世代となる画面内蔵指紋センサーを搭載

▼Xiaomi Redmi K20 Proは外観デザインを損なわない画面内蔵型指紋センサーを搭載。このセンサーは第7世代の最新式。すでに画面内蔵指紋センサーは第5世代あたりで完成の域に達していたのですが、Xiaomi Redmi K20 Proの画面内蔵指紋センサーは精度・速度共に更に向上しています。

Xiaomi Redmi K20 Pro

NFCは対応しているけど、おサイフケータイは非対応

▼海外で標準となっているNFCに対応しているので、NFC決済決済に対応していますが、日本はガラパゴスなFeliCaを採用しているので日本でおサイフケータイ機能を利用する事は出来ません。

Xiaomi Redmi K20 Pro

高精度な位置把握が可能なGPU

Xiaomi Redmi K20 ProのGPUはL1とL5の2つの情報をキャッチ可能。状況によりけりですが、高層ビルなどが立ち並ぶ場所でも高精度に位置表示できるポテンシャルを秘めています。↓

Xiaomi Redmi K20 Pro

トリプルAIカメラを搭載

Xiaomi Redmi K20 Pro

Xiaomi Redmi K20 Proのカメラは4800万画素のメインカメラ、800万画素の望遠レンズ、1300万画素の超広角カメラと、カメラそれぞれが独立した機能を持ちます。

4800万画素カメラで撮影した写真は拡大しても高精細

▼4800万画素カメラは8000×6000というトンデモナイ解像度で写真を記録出来ます。なので、後から一部を拡大してリサイズしても精細差を保つことが可能。

Xiaomi Redmi K20 Pro

超広角カメラで広い範囲を撮影出来る

▼超広角カメラは、立ち位置を変えずに引き撮影出来ます。「もう少し引いて撮影したい」と思う大きな建造物撮影や広大な風景、集合写真の撮影に重宝するカメラです。↓

Xiaomi Redmi K20 Pro

巨大センサーでや夜間撮影も得意

1/2インチセンサー、ピクセルサイズは1.6μm。巨大センサー加えAIを用いることで光を多く取り込めない夜間撮影でもノイズの少ないクリアな撮影を楽しめる仕様となっています。

Redmi K20 Pro

業務用スーパースローカメラに匹敵する960FPS撮影に対応

▼Xiaomi Redmi K20 Proは業務用に匹敵する960FPSのスーパースロー撮影に対応。しかも、1080Pの解像度で960FPSスーパースロー撮影に対応しちゃってます。※音出ます

Xiaomi Redmi K20 Proで撮影した写真サンプル

▼公式サイトにサンプル写真が掲載されていたのでチェックしてみて下さい!↓

電動ポップアップ式の前面カメラ

▼Xiaomi Redmi K20 Proはガジェッターの心をくすぐる電動ポップアップ式インカメラを搭載。30万回もの耐久テストをクリアするほか、機能面ではカメラの周囲にライトが搭載されます。↓

Xiaomi Redmi K20 Pro

2000万画素のパノラマ自撮りに対応

▼Xiaomi Redmi K20 Proのインカメラは2000万画素のカメラですが、更に広範囲を撮影出来るパノラマ撮影にも対応。端末を左右に動かすだけで超高精細な自撮りパノラマを撮影可能です。↓

Xiaomi Redmi K20 Pro

もちろん美顔加工もOK

▼Xiaomi Redmi K20 Proはもちろん美顔加工出来ます。しかも、非常に細かく部分的に加工できるんだとか。

Xiaomi Redmi K20 Pro

4000mAhバッテリーを搭載。27W充電に対応

Xiaomi Redmi K20 Pro

Xiaomi Redmi K20 Proのバッテリー搭載量は4000mAh。一般的なスマートフォンの平均バッテリー容量が3000mAh前後なので、Xiaomi Redmi K20 Proのバッテリーは大容量な部類です。

また、充電は27Wの超超急速充電に対応しているので、短時間でより多くのバッテリーを充電できる仕様。大容量バッテリー搭載モデルなのですばやく充電できる仕様は嬉しいポイントですね。

今後はグローバル展開に注目

Xiaomi Redmi K20 Pro

追記:海外ネットショップでPro無しモデルのXiaomi Redmi K20グローバルモデルがXiaomi Mi 9Tとして登場したことから、グローバルモデルはXiaomi Mi 9T系列であることが確定したようです。グローバルモデルの記事は以下からどうぞ!

Xiaomi Mi 9T Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

2019年5月28日の正式発表は中国市場向けです。なにやら噂ではロシア向けはXiaomi MI 9T Proとしてリリースされるなど情報が飛び交っています。

やはり、最終的には日本語の対応及びGoogleプレイストアの対応状況が気になるはずなので、続報が入り次第お伝えします。

Redmi K20 Proは去年登場したXiaomi Pocoシリーズの後釜と言われているだけあり、恐ろしいほどの高コスパ端末なので、グローバルモデルの展開を期待して情報を待ちましょう。

Xiaomi Redmi K20 Proの公式サイト

Xiaomi Redmi K20 Pro購入先情報

Xiaomi Redmi K20 Proが気になる方は以下の端末も要チェック!

▼Xiaomi Redmi K20 Proのグローバルモデル↓

Xiaomi Mi 9T Proのスペック、対応バンド、価格、特徴!

▼Xiaomi Redmi K20 Proと同等の処理性能を持ちながら値下がり中の注目機種。↓

Xiaomi Mi 9のレビュー!スペック、性能、特徴、価格まとめ!

▼新世代のSnapdragon 730を搭載する弟分ですが、ハイエンドに迫る勢いの性能が魅力的なXiaomi Redmi K20。↓

Xiaomi Redmi K20のスペック、対応バンド、価格、特徴!

▼Xiaomi Redmi K20のグローバルモデル。日本語&Googleサービス対応モデルを検討されている方は以下をチェック!↓

Xiaomi Mi 9Tのスペック、対応バンド、割引情報まとめ!

ページトップへ