ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Xperia 10 IIのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Xperia 10 II

SONYより発表された新モデル「Xperia 10 II」!同じく発表されたフラッグシップモデルのXperia 1 IIの弟分でミドルスペックながらもお手頃かつ満足な性能を兼ね備えているぞ!早速チェックしてみましょう!

スペックデータベース登録済み

▼同時発表された兄貴分のXperia 1 IIも掲載しております!↓

Xperia 1 IIのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Xperia 10 IIの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Xperia 10 Ⅱ
型番/別名 Xperia 10 Ⅱ
発売年 近日公開予定
情報アップデートをお待ち下さい!
発売地域 海外:SIMフリー
日本:不明
メーカー SONY
言語 日本語対応不明!情報求む!
対応バンド・ネットワーク
2G GSM GPRS/EDGE (Bands 850, 900, 1800, 1900)
3G UMTS HSPA+ (Bands 1,4,5,8)
4G Cat11, Cat5 (Bands 1,3,4,5,7,8,12,20,28,38,39,40,41M)
5G 非対応
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット NanoSIM×1+MicroSDスロット
NanoSIM×2(MicroSDスロットはSIM2と共用)
バリエーションあり
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
DSDS対応
VoLTE対応かは非公表
Wi-Fi 802.11a / b / g / n(2.4GHz)/ n(5GHz)/ ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6インチ/有機EL/画面占有率非公表
解像度 2520×1,080/FHD+/画面比率21:9
画素密度 457ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ157mm
横幅69mm
厚さ8.2mm
重さ 151g
本体色 ブラック系/ホワイト系/ブルー系/グリーン系
システム仕様
OS Android 10
SoC Qualcomm Snapdragon 665
CPU Kryo 260/8コア/2.0GHz
GPU Adreno 610
ベンチマーク AnTuTu v7(参考値):総合スコア約140000点、GPUスコア約31000点
Geekbench(参考値):シングルコア約1500点、マルチコア約5000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応/最大1TB/片方のSIMスロット共用(デュアルSIMモデル)/独立スロットあり(シングルSIMモデル)
カメラ
メインカメラ 12MP+8MP+8MP
特性:通常+望遠(光学2倍)+超広角(120°)+ポートレート+ナイトモード
F値:2.0+2.4+2.2
AI:対応
手ぶれ補正:対応(動画のみ)
センサーサイズ:1/2.8+1/4+1/4
PXサイズ:非公表
前面カメラ 8MP
特性:ポートレート
F値:2.0
AI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:1/4
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS
センサー 指紋認証(側面)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP68
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 3,600mAh
充電 有線充電:W数非公表
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 約44,000円
公式サイト

SONY Xperia 10 Ⅱ

スペック表に関する免責事項

Xperia 10 IIの発売時期と価格

Xperia 10 IIの発売時期は非公表ですが、価格は公表されております!

  • メモリ4GB/容量128GB:約44,000円

Xperia 10 IIの性能をチェック!

Xperia 10 IIは販売時点でミドルレンジ帯の中で中間の性能ランクとなるモデル!普段使いでは困らない性能と安価な価格設定からコスパを求めるユーザーに人気の性能帯です!また、各社が力を入れている性能帯でもあるので、トレンド機能などが多く搭載される性能帯です!

  • 普段使い:不満を抱く事が少ない動作
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームは軽快に動くゲームが多いが、重量級ゲームでは動作の鈍さを感じる事がある

Xperia 10 II(Snapdragon 665)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだXperia 10 II実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 665」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 665(参考):総合スコアが140,000点、ゲーム性能(GPU)が31,000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でXperia 10 IIが搭載するSnapdragon 665の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!↓

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点
  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Xperia 10 IIの対応バンドをチェック!

Xperia 10 IIは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Xperia 10 IIのドコモ回線対応状況

Xperia 10 IIのLTEですが、全国区をカバーするバンド1や東名阪の高速通信バンド3には対応していますが、残念ながら地下や郊外での繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に非対応です。。。また、3Gも山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアのバンド6には対応していません。。。

Xperia 10 IIはドコモ回線で利用する複数のバンドに対応していますが、ドコモが販売する端末よりエリアが狭くなったり圏外率が高くなる可能性があります!

Xperia 10 IIのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Xperia 10 IIのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Xperia 10 IIはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でXperia 10 IIをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

Xperia 10 IIのau回線対応状況

Xperia 10 IIは通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで必須となるバンドに対応していないので非対応です。

Xperia 10 IIの特徴ピックアップ!

コンパクトでシンプルデザイン!カラーは4色

▼Xperia 10 IIはとてもスリムなボディでシンプル!飽きのこない、万人向けのデザインとなっております!カラーはグリーン、ブルー、ホワイト、ブラックの4色!目を引く独特な優しいグリーンカラーは人気出そうでイイカンジ!↓

Xperia 10 II

▼ブルー系カラーも搭載!シブい藍色はこれまでのXperiaらしい色合いでファンの心をつかみそうだ!↓

Xperia 10 II

▼側面は丸みを帯びており、フラットながらも曲線をカンジさせるデザインになっております!またボディサイズは157cm×69cmでコンパクトでスリム!非常に持ちやすい予感しかしませんね!ここには指紋センサーが搭載されています。↓

Xperia 10 II

21:9で有機ELのディスプレイ搭載!

▼Xperia 10 IIはミドルレンジモデルながら珍しい有機EL搭載!発色豊か&動きに強い&真の引き締まった黒色を演出できる嬉しいディスプレイでございます!しかもノッチなし、角のカーブなしで「一切画面欠けのない真のコンテンツ」を心から楽しめるディスプレイ形状!100点満点で完璧です!↓

Xperia 10 II

▼解像度はFHD、画面比率は21:9と超縦長!フラッグシップモデルであるXperia 1 IIと同じ比率なんです。画面分割を用いたマルチタスク作業が超捗るぞ!上で動画見ながらSNS見たりとか。↓

Xperia 10 II

▼実は上の画面で動画を見る時、その動画が16:9の比率で横画面表示であれば、下の画面は縦の16:9と同じ比率になるんす。↓

Xperia 10 IIこの16:9はテレビや動画の主流の画面比率で、スマホのディスプレイもかつてはこの長さでした。つまり画面分割でも画面の小ささを気にすることがほぼなく楽しめるって設計なんですよね。実に考えられております!

片手モード機能搭載!手が小さくても大丈夫!

▼Xperia 10 IIもXperia 1 IIも片手モードを搭載!表示画面を縮めることで、上下左右の隅っこまで指を届きやすくし、片手でも操作しやすくできる便利機能っす。↓

Xperia 10 II

スマホはほとんどが大画面化しており、片手で扱いにくくなってきている時代なんですが、しっかりユーザビリティも考えられてて嬉しいポイントでございます!

構成十分、トリプルカメラ搭載!

▼Xperia 10 IIは12MPのメイン+8MPの超広角+8MPの望遠カメラを搭載!使い勝手の良い構成となっております!↓

Xperia 10 II

▼メインカメラはAIに対応しており、被写体に応じたイイカンジの調整を自動で施す魔法のような嬉しい機能!食べ物を写すと鮮やかに写真を飾ってくれるんで、インスタ映えもカンタン!↓

Xperia 10 II

▼広範囲を1枚に収められる超広角モードも使用可能!広大な景色や迫力ある写真が撮れたり、1歩引きたいような状況でとても便利!↓

Xperia 10 II

▼望遠カメラは光学2倍までズーム可能!光学ズームは劣化のないズームなので、デジタルズームのように粗くなってボヤボヤになるって心配も無用!様々なシーンで便利なんす。↓

Xperia 10 II

イヤホンジャック、MicroSDスロット、側面指紋認証センサー!使い勝手バッチリっす

▼Xperia 10 IIは本体上部にイヤホンジャックを搭載!お気に入りのイヤホンが使えてとても便利!わざわざ変換ケーブルを噛まさんでも心配無用で嬉しいポイント!しっかりハイレゾにも対応しています。↓

Xperia 10 II

イヤホンジャックの他にもMicroSDスロット、側面タイプの指紋センサー搭載!MicroSDカード対応で手軽に容量拡張が出来る他、データのやり取りもバックアップもカンタン!普段使いに十分な構成となっております!

シングルSIMとデュアルSIMタイプの2つがあるので注意

Xperia 10 IIはシングルSIM版が存在するのでデュアルSIMと間違えて購入しないように注意っす!ちなみにどちらもMicroSDカードが使えます(デュアルSIMはSIM2スロットと共用式)。

バッテリー持ちはイカに!?

▼Xperia 10 IIはバッテリー持ちをアピールしていますが、バッテリー容量は3,600mAhと平均的クラス。実際使ってどこまでバッテリーが持つか気になるなぁ(´・ω・`)↓

Xperia 10 II

SoCはミドルかつ有機EL搭載なのでダークモードで消費電力を押さえられるんでそこでアピールしているのかも。ちなみにワイヤレス充電には非対応なんで注意っす!

Xperia 10 IIまとめ!お手頃ミドル+軽量+スリムで万人向けモデル!

Xperia 10 II

Xperia 10 IIはSoCもメモリも保存容量もミドルクラス!写真編集、動画編集、重い3Dゲームを行うには正直向いていないっす。ただし普段使いや一般的なゲームであれば話は別!むしろ長い画面を生かしたマルチタスク作業が楽しめるモデルとなっております!

特筆すべきはやはりスリムな大きさに151gという軽さ!大画面+重量化が進むスマホでは人によっては片手操作が厳しい方も多いのも現実。でもXperia 10 IIならどんな方でもなじみやすいのが魅力的!

Xperia 1 IIに比べると突き詰めた部分こそないって印象こそありますが、ミドルレンジながら有機EL搭載、トリプルカメラ、画面欠けなし、イヤホンジャックにMicroSD対応と様々な機能性をしっかり盛り込んでおり、価格も4万円台!これ以上贅沢を求めりゃあバチが当たるかも。

今後の日本の発売の可能性も高いので、是非とも首をながぁくして待ちたいですね!特にSIMフリー版来てほしい!それでいてXperia 1のように容量削らずに出してほしい…(´・ω・`)そんなことを願わずにはいられない魅力的な1台なのでした。

Xperia 10 IIの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではXperia 10 IIをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、Xperia 10 IIの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

Xperia 10 IIの購入先情報

購入先が分かり次第追記します!情報のアップデートをお待ち下さい!

Xperia 10 IIの公式サイト

Xperia 10 IIの公式サイトは以下です!

ページトップへ