ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

SIMロック解除の条件緩和!一括払い時は?格安SIM利用時は?

garumax-docomo-au-SoftBank

先日から話題となっていたSIMロック解除の緩和についてですが、総務省がSIMロックに関する内容を発表しました。

いつから適応となるかも報道資料に記載していたのでお伝えします。

割賦払い時はSIMロック解除までの期間を100日に短縮。

現在、SIMロック解除は割賦、一括問わず端末購入から180日(ドコモのみ前回のSIMロック解除から180日後)というSIMロック期間が設けられていますが、今後、割賦払い時でのSIMロック解除は端末購入から100日に短縮となります。

本方針が適応となるのは2017年8月1日からとなります。

一括払いは端末代金の支払いが確認できたら即解除可能に。

以前は端末代金が一括払いであってもSIMロック解除までの期間は割賦払いと同様の端末購入から180日(ドコモの場合は前回のSIMロック解除から180日後)でしたが、今後は端末代金の支払を確認後に即SIMロックの解除が可能となります。

本方針が適応となるのは2017年12月1日からとなります。

同じ回線を用いる格安SIM移行時のSIMロックについての緩和。

ドコモでは同社の回線を利用する格安SIM利用時、ドコモが販売する端末をSIMロックの解除無せずにドコモ系の格安SIMを利用出来ます。

一方、ソフトバンクでは同じ回線を利用するワイモバイルへ乗りかえる場合はSIMロックの解除が必要。auでは通話も通信もLTEを利用するVoLTESIM対応端末はau回線を利用するUQmobileやmineoで利用する場合、SIMロック解除が必要でした。

今後は同じ回線を利用する場合、原則としてSIMロックの解除が不要となります。(ドコモと同じ体制となります。)

本方針が適応となるのは2017年8月1日以降に発売される端末からが対象となります。

海外に行く人も格安SIMに移行したい方もSIMロック解除に関する緩和は嬉しい。

割賦に関しては支払いが終わるまで端末は自分の所有物では無いので仕方ないですが、一括払時のSIMロック解除については長いこと議論されてきました。

特に海外に渡航して現地のSIMを利用したい方は、機種変更後は一定期間現地SIMが利用できなくなるなど問題となっていましたもんね。

また、SIMロック状態でも大手キャリアと同じ回線を利用した格安SIMはSIMロックの解除が不要となるので、例えば、乗りかえ前に契約期間や解約金の無い格安SIMのデータプランで通信品質を自分の端末で確認する事も容易となります。

ただ、物申すとするなら嬉しい半面、開始時期が遅すぎないでしょうか。

一括払いのSIMロック解除に関する緩和なんて来年の12月からですよ。

んなもん、端末代金払ったか払ってないかなんで直ぐに分かるんだから何とかならんもんですかね。総務省さん。

ページトップへ