ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ZenFone3で一番驚くべきことは「3G/4G同時待ち受け」に対応した端末ということ。

garumax-Zenfone3-Deluxe-Ultra

日本国内でも様々なMVNOや家電量販店で取り扱われている台湾ASUS製の「ZenFone」シリーズ。

先日、ZenFone3シリーズの正式発表がありましたが、日本国内向けのZenFone3で「3Gと4Gの同時待ち受け」が確認できたと話題を呼んでいます。

3Gと4Gが同時待ち受け可能だと何が凄いのか。

現在、日本国内で購入できる格安スマホ(SIMフリースマートフォン)はSIMスロットが2つ搭載されている「デュアルSIMスロット」仕様が一般的です。

スマートフォンに2枚のSIMが挿すことができ、現在の主流はスロット1もスロット2も3G/4Gに対応しています。

しかしながら、デュアルスタンバイ(3Gと4Gの同時待ち受け)には対応していません。スロット1が待受中はスロット2が使えず、その逆も同様にスロット2で待受中はスロット1が利用不可となる切り替え式です。

デュアルスタンバイで大手キャリアと格安SIMを同時に利用可能となる。

以下、参考元から一部抜粋。

台北にて開催中の「COMPUTEX Taipei 2016」のASUSブースにて展示されているZenFone 3(日本/香港/台湾版)と、ZenFone 3 Ultra(グローバル版)のデュアルSIM仕様を展示機にて確認してみたところ、ZenFone 3およびZenFone 3 UltraについてはデュアルSIMの両方のSIMカードで3G以上の待受に対応、4Gと3Gの同時待受ができることが確認できた。

引用:ZenFone 3日本版・ZenFone 3 Ultraは4Gデータ通信 + 3G音声通話の同時利用に対応-shimajiro@mobiler

ZenFone3の日本向け端末の展示品では、4Gと3Gが同時待ち受け可能となっているので、スロット1に大手キャリアの24時間かけ放題SIM、スロット2にはデータ通信の安い格安SIMを挿入して、同時に待受が可能となります。

今まで、デュアルSIMスロット製品は多々ありましたが、切り替え式のため上記のような利用方法が不可能となっていましたが、ZenFone3だと大手キャリアSIMと格安SIMのいいとこ取りが可能となります。

デュアルスタンバイ端末だとこんな運用も可能に。

格安SIMでは、電話回線を利用した高品質な24時間かけ放題が提供されていません。(執筆時)

デュアルスタンバイ端末で最も嬉しく感じる方は、24時間かけ放題が必須な方で、先ほどの様に、スロット1には大手キャリアで契約した24時間かけ放題SIMを。スロット2には、データ通信用に格安SIMを挿入して同時待ち受けで利用する方法。

更に、音声とデータのSIMを分けることにより、データ通信用の格安SIMを複数枚所有して、使いきったらデータSIMだけ交換するといった方法も可能となるので、格安SIMで頻繁に打ち出されているキャンペーンを利用することにより、データ通信の費用をグッと節約可能。

2台持ちから開放されることが一番うれしいこと。

今まで、24時間かけ放題と、格安SIMのデータ通信を両立するには2台持ちで無ければ不可能となっていました。

私の場合は、メインスマホに音声通話SIMを挿して、サブ端末に格安SIMのデータSIMを挿してメイン端末とテザリングで接続する方法で利用してきましたが、使い勝手の面ではスマホ一台持ちには敵いません。

いつだって2台持ち歩かなくてはいけないですし、テザリングも不安定な時だってあります。

この様な2台持ちのイマイチな部分がスカッと解消するので、24時間かけ放題の大手キャリアSIMと、利用料金の安い格安SIMのデータプランを同時に利用するのであれば、ZenFone3はこの上なく魅力的な端末となるでしょう。

ZenFone3に関してのスペックは以下からどうぞ。

ページトップへ