Xiaomi TV Stick 4K 1100x150

最高の卓上コンセントを見つけてしまった。「Anker 525 Charging Station」のレビュー

卓上にコンセントが欲しい!ってことで探してたら2022年9月15日に発売したばかりの「Anker 525 Charging Station」を見つけたので手に入れた!これが結構使いやすいんで紹介するぞ!

卓上にコンセントあったほうが便利

これまで「ケーブルをスッキリ整理できる「Anker Magnetic Cable Holder」が良い感じ!」や「【おすすめ】デスク周りの電源タップやケーブルを専用トレーでスッキリ片付けてみた」を使ってデスク周りをいじって来たわけだが…。

やっぱり卓上にコンセントあったほうが絶対便利だなって気がついてしまった!なんてことだ!あんなに整理したのにぃぃいい!!!

▼見よ。色々整理はしたものの結局こんな感じになってる。↓

これはいかんぞ…。ということで物色していた時に見つけたのが「Anker 525 Charging Station」なのだ。

卓上利用に丁度いいサイズとポート数

Anker 525 Charging Stationは前面にUSB-Aが2つ、USB-Cが2つ備わっていて背面にはコンセントが3つも備わっているのであるッ!

▼こんな感じだ。ちなみにコンセントは極性プラグに対応してた。ケーブル長は約1.5Mなので取り回しやすいのもグッド。↓

▼思っていたよりもコンパクトだから卓上にも置きやすい。なによりコンセントタップと違って置いた時の安定性が良い。↓

同時利用するとUSBポートは出力が落ちる

この類の製品はUSBポートの総出力が決まっているから複数のポートで同時利用すると1ポートあたりの出力が下がる。

Anker 525 Charging Stationは最大67W出力に対応しているからMacBook Airなんかも急速充電できるポテンシャルを秘めているのだが、それは単ポートで利用している時の話である。

▼箱の裏にこう書いてた。↓

まあ2ポート以上使ってるときでもUSB-Cは30W出力できるからそれほど困ることは無いと思うが、出力が心配なら背面のコンセントを使って純正のチャージャーを使えばよろし。

背面のコンセントはちょっと使いづらい

頻繁にコンセントを使うって訳ではないので俺は問題ないが、コンセントが本体背面に備わっているので充電器やらを挿すときは本体を持ち上げて穴を確認しながら挿すしかない。

▼背面に充電器挿すとこんな感じ。正直、天板にコンセント穴があったほうが抜き挿しはしやすいんじゃないかと思った。まあ上部だと安定性がイマイチになりそうではあるが。↓

高かったけどAnker製ってのが決め手

Anker 525 Charging Stationの価格は執筆時点で6,990円。個人的には高いなーって思ったが、こんなものなのだろうか?

色々と物色していたら似たような製品もあったが、以前使っていた似たような謎メーカーの製品はコンセントにプラグを挿すと火花が飛び散るエキサイティングな仕様だったので、今回はやや高いと思いつつ安心感の高いAnker製をチョイスした次第である。

▼ActiveShield 2.0にバッチリ対応しているのも安心感が高い。↓

まあ個人的に高価な部類ではあったが見た目もスッキリしているし使い勝手も悪くないので、卓上にコンセントがほしいって人は是非検討してみてくれ。

ページトップへ