ワイモバイル バナー ヘッダー

SIMフリー版AQUOS向け補償サービスがより充実した内容になりましたよ!

シャープ株式会社は、2021年6月22日よりSIMフリースマートフォン「AQUOS」向けの補償サービスであるモバイル補償パックのサービス内容を拡充することを発表しました!

AQUOS向け補償サービスの主な拡充内容

拡充される内容としては、主にデータ残しサービスと電池交換割引サービスの2種類が追加されることが挙げられるでしょう。以下、各サービスについて解説していきます。

データ残しサービスでデータを保持したまま修理に出せる!

データ残しサービスとは、通常の修理ではデータや設定が消去されるところ、利用料金として550円(税込)を払うとデータや設定が保持されたまま修理、返却されるというもの。

バックアップや再設定の手間がかからないので、修理に出す際に準備する時間がない時やいきなり修理が必要になった等の不慮の事態が起きた時でもデータが失われることが無いのがウリですね。

電池交換割引サービスでバッテリー交換が格安で可能に!

電池交換割引サービスは、モバイル補償パックに加入してから1年が経過したユーザーを対象にバッテリー交換を割引価格で提供するというもの。

通常のバッテリー交換では1〜1.2万円ほどかかるんですが、電池交換割引サービスを利用することで1回だけにはなりますが3,190円(税込)でバッテリーが交換できちゃいます。

モバイル補償パックに加入して1年以上経過しているユーザーが1回だけ利用できるところからも、むやみやたらと利用できるサービスではありませんが、1台を長く使う予定のユーザーには嬉しい内容じゃないでしょうか!

モバイル補償パックへの加入申し込み期間をスマートフォン購入日から1年以内に延長!

今までモバイル補償パックの加入申し込み期間は対象のスマートフォン購入日より1ヶ月以内に設定されていましたが、今回の拡充により購入日から1年以内へと延長されました。

これにより、AQUOSを購入してしばらく使ってみてから加入したり等、前以上に自分が好きなタイミングでモバイル補償パックへ加入することが可能に。

ただし、申し込みの際にはキチンとした審査があるようなので、その点は留意しておいてください!

モバイル補償パックは月額制!もしもの時の為に加入しておくのも悪くないかも!

モバイル補償パックは対象機種に応じて3種類に分かれています。以下に料金と対象機種を記載します。

  • モバイル補償パック S(AQUOS senseシリーズ):月額385円(税込)
  • モバイル補償パック M(AQUOS sense plusシリーズ):月額495円(税込)
  • モバイル補償パック L(AQUOS zero2シリーズ):月額660円(税込)

上記のようにモバイル補償パックはラインナップごとに金額が分かれていると考えてもらって良いと思います。ラインナップも細かすぎないので、どのプランが対象なのか分かりやすいですね。

金額もすべて月額制にはなりますが、AQUOS senseシリーズだと月々400円弱を払えば端末破損の際の手厚いサポートが受けられるなら安いものだと感じますので、もしもの時の為に対象のスマートフォンを購入された方は加入しておくのも選択肢として悪くないかも!

ページトップへ