BV6300 Proのスペック・対応バンドまとめ!米軍規格取得の頑丈ボディに逆充電可能なバッテリー、機能豊富なクアッドカメラ

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

BV6300 Pro

Blackviewのタフネスモデル「BV6300 Pro」のスペックと特徴をご紹介!タフネススマホながらもおとなしい形状にSFチックなデザイン、そして普段使いも安心な頑丈さがウリな機種です!

BV6300 Proの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式ストア
信頼度:高
製品情報
端末名 BV6300 Pro
発売年 2020年6月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Blackview
備考 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 8
4G LTE FDD LTE:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28A / 28B / 66
TD-LTE:B38 / 40 / 41
5G NR 非対応
Wi-Fi 非公表
Bluetooth 非公表
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
DSDV対応
本体仕様
ディスプレイ 5.7インチ/液晶/画面占有率非公表
解像度 1,440×720(HD+)
画面比率 18 : 9
画素密度 282ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ、横幅は非公表
厚さ:11.6mm
重さ 非公表
本体色 ブラック系/グリーン系/イエロー系/オレンジ系
アクセントカラーのみ変化
システム仕様
OS Android 10
CPU(SoC) MediaTek Helio P70
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約180,000点
GPUスコア約35,000点
(参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード MicroSD対応(最大GB数非公表)
※片方のSIMスロットと共用
カメラ
メインカメラ クアッドカメラ
①16MP(メイン)
②8MP(超広角、120°)
③2MP(マクロ)
④0.3MP(補助カメラ)
HDR対応
スローモーション撮影対応
その他詳細スペック非公表
前面カメラ ベゼル内蔵式インカメラ
13MP(メイン)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 IP68
IP69K
MIL-STD-810G
イヤホンジャック あり(本体上部)
NFC NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 4,380mAh
充電 有線充電:18W(9V/2A)
ワイヤレス充電:10W
逆充電:対応(有線のみ)
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

【AliExpress公式ストア】BV6300 Pro

スペック表に関する免責事項

BV6300 Proの発売時期と価格

BV6300 Proの発売時期は6月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ6GB/容量128GB:299.99ドル(約32,000円)

BV6300 Proの性能をチェック!

BV6300 Proは販売時点でミドルレンジ帯の中で中間性能のモデル!普段使いでは困らない性能と安価な価格設定からコスパを求めるユーザーに人気の性能帯です!また、各社が力を入れている性能帯でもあるので、トレンド機能などが多く搭載される性能帯です!

  • 普段使い:不満を抱く事が少ない動作
  • ゲーム:2Dまたは軽い3Dゲームは軽快に動くゲームが多いが、重量級ゲームでは動作の鈍さを感じる事がある

BV6300 Pro(Helio P70)のAnTuTuスコア

AnTuTu 最新

まだBV6300 Pro実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Helio P70」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。Helio P70の参考スコアは以下の通り。

  • 総合スコア(CPU):180,000点
  • ゲーム性能(GPU):35,000点
▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓
性能区分AnTuTu Ver.8 スコア
ハイエンド
(動作に不満なし)
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ミドルレンジ上位
(重いゲームもなんとか)
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
ミドルレンジ中位
(軽いゲームくらいなら)
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
ミドルレンジ
(必要最低限)
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
エントリー
(サブスマホ向き)
総合スコア:約10万点まで
GPUスコア:約2万点まで
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓
実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2020/05/28更新]

BV6300 Proの対応バンドをチェック!

BV6300 Proは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

BV6300 Proのドコモ回線のバンド対応状況

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n79(5G NR Sub6/4.5GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ドコモ

4Gで重要なバンド1・3・19に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド ドコモ

ドコモで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

BV6300 Proのソフトバンク回線・ワイモバイル回線のバンド対応

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド ソフトバンク・ワイモバイル

4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

5G NR対応バンド ソフトバンク

ソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

BV6300 Proのau回線のバンド対応

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n78(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド au

4Gで重要なバンド1・18・26に対応していますが、auはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド au

auで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

BV6300 Proの楽天モバイル回線のバンド対応

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包
n77(5G NR Sub6/3.7GHz)重要 ×
n257(5G NR ミリ波/28GHz) ×

4G LTE対応バンド 楽天モバイル

4Gで重要なバンド3・8・26に対応していますが、楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

5G NR対応バンド 楽天モバイル

楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

BV6300 Proの特徴をピックアップ!

BV6300 Pro

本体カラーはブラック系・イエロー系・グリーン系・オレンジ系の4色展開!

BV6300 Proのカラーバリエーションはタフネススマホの例にもれず、アクセントカラーのみが変わるという面白い外観になっております!

▼さらに本体サイズは非公表ですが、厚みのみ公開されております。厚さは11.6mmと、ゴツゴツなタフネススマホにしては結構薄い!形状もフラット寄りで落ち着いており、タフネススマホながら持ちやすさにもこだわっているのが面白いですね。↓

BV6300 Pro

米軍規格取得済み!超頑丈でいかなる環境でも使えるぞ!

BV6300 Pro

BV6300 Proは防水防塵等級は最高のIP68に対応、さらに熱湯にも強いIP69K規格と、米軍規格であるMIL-STD-810G規格まで取得しており、全スマホ中最強クラスの頑丈さが一番の魅力でしょう!高温下でも極冷な場所でも水中に沈んでも使えてしまうので、普段使いにおいては壊れる心配がなさそう!

最近登場しているモデルはほとんどが衝撃に弱く、もしも落としたりしたら…なんて考えて日常使用でヒヤヒヤすることも多いんですが、BV6300 Proはそんな心配とはオサラバ。ある意味精神衛生上健全なスマホといえますね!

Helio P70搭載!メモリは6GB、ストレージは128GB!

BV6300 Pro

BV6300 Proの心臓部であるSoCはミドルレンジ上位のHelio P70を搭載!メモリ容量は6GB、ストレージは128GBとなっています。

スマホの性能を数値化するAnTuTuベンチマークでは総合スコアが180,000点と

5.7インチの頑丈なゴリラガラス採用ディスプレイを搭載!

BV6300 Pro

BV6300 Proのディスプレイは5.7インチのディスプレイを搭載。解像度は1,440×720(HD+)となっています。

ディスプレイ形状はクラシックなノッチなし、上下ベゼルありの真四角タイプとなっております!ノッチ搭載ほど画面は広くありませんが、一切の欠けがなくしっかりコンテンツをすべて表示できることと、見た目のシンプルさから未だに人気が高い形状となっております!筆者もこの形状は無骨な端末コンセプトに似合ってて好きッス。

ただし、解像度は主流のFHDよりワンランク低いHDクラスなのでドットの粗さを感じるかもしれません。

リアカメラは1,600万画素のカメラをメインとしたクアッド構成!

BV6300 Proには1,600万画素(メインカメラ)+800万画素(超広角カメラ)+200万画素(マクロカメラ)+30万画素(補助カメラ)のクアッドカメラが搭載されております。

▼おそらくカメラの品質はローエンド~ミドル級で「写真の美しさよりも記録撮影向き」な性能と思われますが、機能性はバッチリな構成が嬉しいポイントです!メインカメラはナイトモードに対応し、暗めなシーンでも明るく撮影できるんですって!タフネススマホながら搭載したのは見事です。↓

BV6300 Pro

▼サブカメラには超広角カメラとマクロカメラを搭載しており、「広大な風景を撮影したい」「狭い室内でも少ないシャッター数で十分な範囲を記録したい」シーンで大活躍!↓

BV6300 Pro

「被写体の細かい部分まで撮影したい」「小さい被写体、文字を見やすく撮影したい」なんて場面ならマクロカメラの出番です。メインカメラでは撮影できないような接写もこなしてくれるので、小さい文字も物体の撮影もお手の物です!

18Wの超急速充電対応。バッテリーは4,380mAh!

BV6300 Pro

BV6300 Proは18Wの超急速充電に対応しています。また、バッテリー容量は標準よりも大きめな4,380mAhとなっています。

さらにBV6300 Proはワイヤレス充電に対応!充電台に載せるだけで手軽な充電が出来ますよ!さらに有線ケーブルで他端末に逆充電も可能になり、BV6300 Proをモバイルバッテリー代わりにも使えるので、イヤホンなどのアクセサリー充電にピッタリ。使い勝手はバッチリといえるでしょう!

BV6300 Proまとめ!使い勝手バッチリな万能モデル!

BV6300 Pro

BV6300 Proは普段使いに申し分ないミドル上位のスペック、超頑丈で個性的な見た目のボディ、多機能なクアッドカメラに逆充電可能な大容量バッテリーと機能性モリモリ!ここまできたら弱点なんて無いんじゃないでしょうか。強いて言えばディスプレイ解像度がワンランク低いHDクラスぐらい。ここがFHDだったらますます惹かれてた(っ´∀`)っ

価格は定価299.99ドル、日本円で約32,000円となっております!ミドルスマホらしい価格に見えますが、このBV6300 Proはどう考えてもミドルクラスとは思えない多機能さと頑丈さがウリなので、結構お手頃価格に思えるのが不思議ですね。こういうモデル、日本でも売って欲しいですよね。スマホを落としてしまいがちなユーザーさんにはかなりオススメできる素晴らしい1台なのでした!

BV6300 Proの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

■メモリ6GB+容量128GB■

初出時価格→269.99ドル

過去最安値→188.40ドル

▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]割引セールで188.40ドル!↓

BV6300 Proの公式サイト

BV6300 Proの公式サイトは以下です!

ページトップへ