▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Galaxy Feel2(SC-02L)のレビュー!スペック・機能・価格・利用料金をチェック!


Ymobileバナー

Galaxy Feel2(SC-02L)

毎月の利用料金が税込1,620円安くなるdocomo withに「Galaxy Feel2(SC-02L)」が仲間入り!

本記事ではGalaxy Feel2(SC-02L)の実機を用いてスペックや機能の解説に加え、docomo withの特徴・注意点・端末価格と維持費を紹介しています!

さらっとGalaxy Feel2(SC-02L)の特徴を紹介すると

  • 端末価格が定価で5万円以下と安い
  • 端末性能が高い
  • docomo with対応で月々の利用料金が永年1620円オフ
  • データ容量が家族シェアなら月額基本料金302円維持が出来る
  • 単身契約でも月額基本料金2,894円で維持が出来る
  • FOMAからの乗り換えだと1年目が月額基本料金1274円、二年目から月額基本料金2,849円で維持できる(ウェルカムスマホ割適応時)

こんな感じにdocomo withならではのお得な利用料金で生活に必須のモバイル通信回線が維持可能。最近は端末価格の高騰で格安SIMやサブブランドに移行される方が多いですが、docomo withは他社のサブブランドの様な位置付けのサービスとなっているので、端末購入代金と通信回線利用料金の節約を考えている方は是非チェックしてみて下さいね!

※月額基本料金及び端末価格は記事執筆時の金額

■購入はdocomo Online Shopがお得!■

↓端末購入はネットで簡単に行なえます!新規・機種変更・MNPもOK!自宅で注文出来るのでショップに行く手間も長時間の待ち時間も無し!さらに、docomo Online Shopなら頭金も無し!事務手数料も特別価格!案外知らない方が多いですが、時短&お得過ぎるので是非利用してみて下さいね!↓

↓docomo Online Shopはアクセサリーも購入OK!Galaxy Feel2(SC-02L)で便利に利用できるアクセサリーもチェックしてみよう!↓

目次をクリックすると各項目へ移動します

Galaxy Feel2(SC-02L)の発売日と価格

Galaxy Feel2(SC-02L)の発売日は2018年11月9日で端末価格は(執筆次点で)42,120円。

新規・MNP・機種変更での価格

契約方法により端末価格が変動するかチェックしてみましょう!

  • 新規契約:42,120円
  • MNP:42,120円
  • 機種変更:42,120円
  • FOMAからの変更:42,120円

Galaxy Feel2(SC-02L)の価格は契約方法で端末価格が同じ。契約方法により端末価格の変動が無くてGood。

端末を一括購入・従量課金のシンプルプランで計算した場合の最低回線維持料金は以下の通り

  • データを家族でシェアする場合:302円~
  • 単身契約:2,894円~
  • FOMAからの契約変更:1年目が1,274円/2年目2,894円~

Galaxy Feel2(SC-02L)はdocomo with対象機種!月々基本料金が1,620円安くなる!

docomo withとは、ドコモが指定する機種購入で月々の利用料金が1,500円割引となる人気サービス。割引は税込み価格での割引となるので、毎月1,620円が利用料金から割り引かれます。特徴としては以下の通り。

指定端末購入以降はSIMフリー端末に変更しても割引継続

以下を守ればdocomo with割引が継続。

docomo with加入には、最初に対象機種の購入が必要ですが、その後はSIMフリー端末を自身で購入してSIMを挿し替えて利用したり、ドコモが販売する機種で月々サポートや端末購入サポートを利用せずに定価購入した場合はdocomo with割引が継続となります。

Galaxy Feel2(SC-02L)も素晴らしい端末で長期的に利用できますが、数年先に機種変更する時はdocomo with指定端末以外でもルールを守れば割引継続!これは嬉しいポイントですね!

ルールを守れば割引終了期限がない

様々な割引サービスは利用年数縛りがあるのですが、docomo withは「対象機種を購入すること」が加入条件となり、先程の乗り換えルールさえ守れば永年割引となります。数年後に値上がる・・・という心配をしなくて良いので長期利用者さんも安心ですね!

通話かけ放題で無くても契約出来る

最近は通話かけ放題が主流となりましたが、沢山通話しない方も安心して下さい。docomo withは従来の従量課金制で利用できるシンプルプランも選択可能。

もちろん、電話かけ放題・5分以内の通話かけ放題プランも選択可能なので、電話を沢山かける方も、あまり通話を利用しない方も柔軟にプラン選択が可能となっています。

家族とデータがシェア出来るプラン利用で激安運用が可能

家族でドコモを利用する事が前提となりますが、親回線の回線をシェアして利用する事で、子回線は激安運用が可能。

▼例えば、Galaxy Feel2(SC-02L)を一括払いで購入、通話は従量課金のシンプルプラン、データはシェアオプションで利用すると・・・月々に利用料金は、なんと302円!(※執筆時にシュミレートした利用料金)↓

この様に家族で利用する場合は非常に安価な利用料金で回線維持が可能です。

例えば、両親に持たせる為であったり、お子さんとの連絡手段として持たせるなど、その様な用途でも安価に回線維持出来るのは大きな魅力。

後は加入するための端末の仕様や性能次第!

Galaxy Feel2(SC-02L)の端末に関してはガルマックスにお任せ下さい!

Galaxy Feel2(SC-02L)がアナタにピッタリの端末であるか、分かりやすく端末の仕様と性能を解説しています!

また、docomo with対応端末もGalaxy Feel2(SC-02L)だけでは無いので、本記事を読んで用途に合わない端末であれば、以下でdocomo with端末を沢山紹介しているので、是非チェックしてみて下さい!

Galaxy Feel2(SC-02L)のスペック表(仕様表)

Galaxy Feel2(SC-02L)の性能をチェック!

この項目ではGalaxy Feel2(SC-02L)の性能を分かりやすく解説!Galaxy Feel2(SC-02L)の性能がアナタの使い方に合致しているか確認してみて下さい!

ガルマックスは端末の性能を数値化するベンチマークを用いて端末性能を解説しています!

実機AnTuTuスコアをチェック!

端末の性能を数値化するアプリは複数ありますが、ガルマックスはAnTuTuアプリを利用してスコア収集しているので、性能の解説はAnTuTu項目で行いますね!

Galaxy Feel2(SC-02L)の実機AnTuTuスコアは総合スコアが123102点!3Dスコアが26753点!

Galaxy Feel2(SC-02L)の実機AnTuTuスコアは総合スコアが123102点!3Dスコアが26753点!

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でGalaxy Feel2(SC-02L)の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

855
(ハイエンド)
710
(ミドルレンジ最上位)
660
(ミドルレンジ上位)
630
(ミドルレンジ)
450
(エントリー)
総合:約36.2万点
3D:約15.7万点
総合:約16.5万点
3D:約4.7万点
総合:約13.5万点
3D:約2.9万点
総合:約8.6万点
3D:約1.8万点
総合:約7.1万点
3D:約1.2万点

Galaxy Feel2(SC-02L)の性能は執筆時点で上から三番目の性能に該当するミドルレンジ端末。AnTuTuの総合スコアが10万点を大幅に超えているので、ネットサーフィン、動画や映画視聴、LINEやメール、SNS、カジュアルなゲームプレイなど一般的な使い方で動作に不満を感じることのない性能となっています。

端末を上記の様なライトな使い方で利用されている方は長期的な利用も出来るので、長く愛用できる基本性能の高さが魅力です。

ゲーム性能に関しては読み進めて頂くと検証項目で詳しく紹介しているので、ゲームで遊ぶ方はゲーム項目もチェックしてみて下さいね!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

実機Geekbench 4のスコアをチェック!

▼Galaxy Feel2(SC-02L)の実機Geekbench 4スコアは、シングルコア性能が1497点!マルチコア性能が4006点!↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の実機Geekbench 4スコアは、シングルコア性能が1497点!マルチコア性能が4006点!

実機PCMark for Androidのスコアをチェック!

▼Galaxy Feel2(SC-02L)の実機PCMark for Androidのスコアは5479点でした!↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の実機PCMark for Androidのスコアは5479点でした!

実機3DMarkのスコアをチェック!

▼Galaxy Feel2(SC-02L)の実機3DMarkのスコアは、Open GL 3.1が767点!Vulkanが1146点!↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の実機3DMarkのスコアは、Open GL 3.1が767点!Vulkanが1146点!

Galaxy Feel2(SC-02L)開封の儀!付属品をチェック!

この項目ではGalaxy Feel2(SC-02L)に付属する同梱品をチェックしています!

▼外箱はホワイトで美しいブルーカラーでロゴが入っています。(写真撮影ミスってロゴが黒くなってしまいました。ごめんなさい。)↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の外箱はホワイトボックス

▼外箱の中には内箱。スルリと取り出してみます。内箱にはGalaxyのロゴが入っておりました。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の外箱の中には中箱が入っている。

▼蓋をあけると最上段にGalaxy Feel2(SC-02L)が入っているので開封時に落とさないように注意!

Galaxy Feel2(SC-02L)の外箱の蓋を開くといきなり本体が入っている。

▼本体の下部には書類系やアクセサリーが詰め込まれてます。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の本体下にはアクセサリー類が詰まっていました。

WEB版の取扱説明書があるので安心

▼Galaxy Feel2(SC-02L)に付属している取扱説明書はクイックガイドで必要最低限のことしか書いていません。が、ご安心下さい。

Galaxy Feel2(SC-02L)には簡易的な取扱説明書が付属しています。

Galaxy Feel2(SC-02L)はドコモのWEBページから取扱説明書を閲覧出来ます。

いつでもどこでも取扱説明書を確認できるので、FOMAからXiのスマートフォンに変更する方も安心ですね!Galaxy Feel2(SC-02L)の取扱説明書は以下からご確認下さい!

充電器は付属していないので別途用意しよう

▼大手キャリア端末は一部の端末で充電器が付属していないのですが、Galaxy Feel2(SC-02L)はまさに付属品に充電器が含まれていないタイプでした。持っている充電器を流用するか別途充電器を用意しましょう。

外付けテレビアンテナケーブルが付属

▼ワンセグを視聴するための外付けアンテナケーブルが付属。ワンセグを視聴する時は以下のケーブルが必要になるので屋外で利用する時は忘れないように!

Galaxy Feel2(SC-02L)にはワンセグ受信用のケーブルが付属しています。

試供品が複数同梱されている

標準の付属品は至ってシンプルなわけですが、ドコモが試供品として以下の3つを同梱しています。

OTG対応の変換アタッチメント

▼1つ目の試供品はOTG対応のUSB Type-C→USB Aアタッチメント。USBメモリーやUSBマウスなどを接続したり出来るので嬉しい付属品の1つ。

SIMピン

▼2つ目の試供品はSIMトレイを開けるためのSIMピン。一般的にSIMピンでSIMトレイを取り出すタイプはメーカー付属なのですが、Galaxy Feel2(SC-02L)に限ってはドコモからの提供となってます。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)にはSIMピンが付属している。

MicroUSBケーブル(注意点あり)

▼最後の試供品はMicroUSBケーブル。これは注意が必要な試供品。

Galaxy Feel2(SC-02L)は試供品としてMicroUSBケーブルが付属

ドコモの公式ページにも記載されているのですが、付属のMicroUSBケーブルはGalaxy Feel2(SC-02L)と端子形状が異なる為に充電できないと記載しています。つまり、Galaxy Feel2(SC-02L)で利用できないケーブルが提供品として付属してくるって訳です。

たぶん、ドコモショップで購入する際は注意喚起があるはずですが、docomo Online Shopで購入する時は注意書きを読み過ごすと「あれ?誤同梱?」と勘違いしてしまいます。

ドコモさん、提供品は凄くありがたいのですが、端末とセットで提供するなら”ユーザーが利用できるもの”を提供したほうがユーザーフレンドリーですよ。

▼ちなみにGalaxy Feel2(SC-02L)はUSB Type-C端子を搭載しているので、充電するには別途USB-Cケーブルが必要な。USB Type-Cケーブルを持っていない方は別途購入しておきましょう。

保護フィルムはPDA工房さんでリリース済み

▼Galaxy Feel2(SC-02L)に保護フィルムは付属していないのですが、僕の手元にあるGalaxy Feel2(SC-02L)実機で測定した保護フィルムがPDA工房さんからリリース済み!↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の保護フィルムはPDA工房からリリース済み。

保護フィルムは10種類以上のフィルムタイプから選択出来るのでお気に入りのフィルムが見つかりますよ!(※以下の写真はサンプルパッケージです。)↓

▼保護フィルム以外にも背面の傷を守りながらドレスアップ出来るスキンシールもリリースされています!以下からチェックしてみて下さいね!↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の保護ケースはAmazonで沢山リリースされている!

Galaxy Feel2(SC-02L)の外観を傷から守ってくれる保護ケースですが、Amazonで確認したところ沢山の保護ケースがリリースされていました!端末と一緒にお気に入りの保護ケースも頼んでおきましょう!

Galaxy Feel2(SC-02L)の外観・デザインをチェック!

この項目ではGalaxy Feel2(SC-02L)の外観とデザインをチェックしています!

コンパクトで持ちやすい大きさ

▼ディスプレイサイズは5.6型の大画面ディスプレイを搭載。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)のディスプレイは縦長でスリムな形状。

大画面でも縦長ディスプレイを搭載しているので非常に持ちやすいです。

Galaxy Feel2(SC-02L)は大型ディスプレイですがスリムな形状で持ちやすい。

▼厚みはそれなりにありますが、丸みを帯びた形状で手当たりが良く持った感じは厚いと感じません。

Galaxy Feel2(SC-02L)は丸みを帯びた形状で持ちやすい。

▼iPhone XSと並べるとこんな感じ。横幅は同じ位で上下ベゼルがあるぶん縦に長い形状となってます。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)とiPhone XSの比較。

背面は光沢のある美しいパネル

▼背面は美しい光沢のあるパネル。ホワイトカラーは指紋も目立たないので個人的に好きなカラー。シンプルなデザインで老若男女問わず持つことが出来るのもGood。

Galaxy Feel2(SC-02L)の背面は美しい光沢のあるパネル。

カメラユニットと指紋認証

▼メインカメラはシングルカメラで背面の上部に備わっており、その下に指紋認証ユニットを備えます。この位置の指紋センサーはポケットから取り出しながら手探りでのロック解除が行いやすいんです。

Galaxy Feel2(SC-02L)の背面には上部にカメラと指紋認証ユニットが縦並び。

ボタンはディスプレイの左右に設置

▼電源ボタンはディスプレイの右側に搭載。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の本体右側面に電源ボタン。

▼ボリュームボタンはディスプレイの左側に搭載。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)のディスプレイ左側面はボリュームキー

タン類が本体の両サイドに備わっているモデルは手帳型ケースでボタンが見開きの真ん中部分に来るので少々操作性が悪くなることも。僕はこのタイプのスマートフォンを利用する時は手帳型ではなく、背面のみのケースを取り付けるようにしています。

スピーカーは右側面

▼ディスプレイ右側の上部にモノラルスピーカーが備わっていました。スピーカー位置は一般的なスマートフォンと比べると変則的な位置。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)のスピーカーは本体右側面上部。

本体下部には充電端子とイヤホンジャック

▼本体の下部には裏表関係なく挿すことの出来るUSB Type-C端子と、ハイエンド端末では省かれがちなイヤホンジャックもしっかり搭載しています。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の本体下部には充電端子とイヤホン端子。

本体上部にSIMとMicroSDスロットを搭載

▼SIMトレイは本体の上部に搭載。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)のSIMトレイは本体上部。

▼防水防塵仕様なのでSIMトレイにもゴムパッキンが備わっていました。トレイはSIMが1枚とMicroSDが1枚挿入できるので保存容量の拡張も簡単に行なえます。

Galaxy Feel2(SC-02L)のSIMトレイはNanoSIMが1枚とMicroSDが一枚入る形状です。

本体の右側面下部にストラップホール

▼これは個人的に嬉しいポイントで、本体にストラップホールが備わっています。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の本体左側面にストラップホールが備わっています。

本体にストラップホールが備わっているモデルは、ケースなどもストラップホールが利用できる様に設計されるので、ストラップをいつでも取り付けられるのは嬉しいですよね!

特にシニア層の方に持って頂く時はクリップ付きストラップを取り付けておくと紛失率が下がるので、ご両親にプレゼントする時はストラップ付きでプレゼントすると喜んで頂けそうですね!

Galaxy Feel2(SC-02L)のゲーム性能をチェック!

この項目ではGalaxy Feel2(SC-02L)のゲーム性能をチェックしています!

▼今回の検証で実際にGalaxy Feel2(SC-02L)にインストールしてプレイするゲームはPUBG。↓

PUBG MOBILE

PUBG MOBILE
開発元:PUBG Corporation
無料
posted withアプリーチ

PUBGはスマートフォンゲームで非常に人気の高いバトルロワイヤルゲームで、100人ものプレイヤーが同時にバトルを繰り広げるため、描画負荷が非常に高いゲームとなります。

Galaxy Feel2(SC-02L)でPUBGは案外快適にプレイ出来る

▼まずは初回起動時点の設定ですが、中間設定の「標準画質」となりました。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)の自動画質設定は標準画質となっていました。

▼マニュアル設定では、最大でクオリティーがHD、フレームレートが高に設定出来ますが、この設定だとプレイ時の処理落ちが大きくなるので、Galaxy Feel2(SC-02L)でのプレイは標準設定よりも負荷の低いスムーズ+高設定がオススメ。

Galaxy Feel2(SC-02L)はPUBGで最大画質はクオリティがHD、フレーム設定が高にできますが、この設定だと頻繁にカクツキます。

▼実際にプレイしてみます。描画欠けはなく、単身で動き回っている時は比較的快適に遊べます。が、沢山のプレイヤーや描画物の多いエリアでは、エイム時にカクっと処理が落ちる事も。比較的快適に動作はしますが、処理落ちはするのでガチゲーマーには向いていません。↓

とは言いましても、Galaxy Feel2(SC-02L)の3D性能はAnTuTuで3万点近いスコアを叩き出しており、軽量な3Dゲーム、パズルやカードなどのテーブルゲーム、暇つぶしゲームなど、カジュアルなゲームの大多数は軽快に動いてくれます。

本気でゲームを遊ぶならGalaxy Feel2(SC-02L)は向いていませんが、アクション性の低いカジュアルなゲームなら数多くのゲームが快適に遊べるので、”ゲームは気分転換や暇つぶしで遊ぶくらい”なら問題ありません。

Galaxy Feel2(SC-02L)の仕様・機能をチェック!

この項目ではGalaxy Feel2(SC-02L)の仕様と機能を実機を用いてチェックしています!

ホーム画面とアプリ

▼起動時点でドコモホームとGalaxyホームが選択可能。Galaxyホーム画面では1番左がBixbyとなり、ユーザーが興味のあるコンテンツを表示するようになってます。アプリはGoogle系と一部のドコモ系アプリのみでシンプル。ホーム画面に表示するアイテムを任意に選択できるドロワータイプとなっていました↓

Galaxy Feel2(SC-02L)のホーム画面はドロワータイプ。docomoのオリジナルホームかGalaxyのホームが任意で選べます。

おサイフケータイに対応

ドコモのモデルなのでFeliCaを搭載しておりおサイフケータイ機能が利用可能です。

▼FeliCaの位置は背面の中央部分に搭載されてます。決済時はこの部分を読み取り機にタッチしましょう。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)のFeliCa位置は背面中央付近。

ワンセグに対応

こちらもドコモのモデルなので標準機能となるワンセグに対応。

▼ワンセグを視聴するには同梱されている外付けテレビアンテナケーブルを接続して有線イヤホンやヘッドホンで楽しみましょう。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)はワンセグに対応。

IP68の防水防塵に対応

Galaxy Feel2(SC-02L)は防水防塵仕様なので利用シーンを選ばず利用できるのも魅力の1つ。

▼以下は最高防塵等級の6と最高防水等級の8で等級表示を解説。防水と防塵に対応しているならIP○○と表示され、防塵のみ対応の場合はIP○X、防水のみ対応の場合はIPX○と記載される。↓

防水防塵 

防塵等級保護の程度
IP0X特に保護されていない
IP1X人体の表面積の大きな部分(手など)が誤って内部の入らない。直径50mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
IP2X指先や長さが80mmを超えない類似物が内部に入らない。直径12.5mmを超える固形物体が内部に侵入しない
IP3X直径または厚さが2.5mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
IP4X直径又は厚さが1.0mmを超える固形物体が内部に侵入しない。
IP5X粉塵が内部に侵入する事を防止。少量の粉塵の侵入があっても正常運転を阻害しない。
IP6X粉塵が内部に侵入しない。

防水等級保護の程度
IPX0特に保護されていない
IPX1鉛直に落下する水滴により有害な影響を受けない
IPX2鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない。
IPX3鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない。(防雨型)
IPX4いかなる方向からの水の飛来でも有害な影響を受けない(防まつ型)
IPX5いかなる方向からの水の直接噴流でも有害な影響を受けない。(防噴流型)
IPX6いかなる方向からの強い直接噴流でも有害な影響を受けない。(耐水型)
IPX7規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響がない。(防侵型)
IPX8連続的に水中に置かれる場合でも有害な影響が無い。原則として完全密閉構造。(水中型)

Galaxy Feel2(SC-02L)は防水防塵共に最高等級となるIP68仕様です!

指紋認証と顔認証が利用可能

▼指紋認証は背面上部に備わっており、自然と人差し指が触れる位置にあるのですが、カメラと指紋認証の位置が近いので、たま~に誤ってカメラのレンズに触れる事があります。指紋認証の精度は高く、ロック解除速度は早いです。

Galaxy Feel2(SC-02L)の指紋認証ユニット部分はカメラに近いのでカメラを触ってしまうこともしばしば

Galaxy Feel2(SC-02L)は設定→生体認証とセキュリティ→顔認証から顔を登録することで顔認証も利用可能。指紋認証と併用が出来るのでシーンに合わせて使い分けもOK。

顔認証ですが顔全体で認証するタイプで、顔の上や下半分を隠すと認証できないので、マスクやサングラスを装着している時は指紋認証を利用しましょう。

しばらく顔認証を利用していたのですが、暗所でもかなりの確率で認証できたのはビックリしました。インカメラを利用する顔認証って暗所に凄く弱いのですがGalaxy Feel2(SC-02L)なら薄暗い場所でもガンガン顔認証でロック解除可能です。

デュアルメッセンジャー機能で同じアプリをもう1つインストール出来る

Galaxy Feel2(SC-02L)は通常であれば1つの端末に1アカウントしか利用できないメッセンジャーアプリもクローン化して2アカウント利用できる機能が備わっています。

▼デュアルメッセンジャー機能は、設定→高度な機能→デュアルメッセンジャーから利用可能です。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)はデュアルメッセンジャー機能を利用する事で、通常であれば1機種に1アカウントしか導入できないメッセンジャーアプリも2アカウントで利用可能となっています。

試してみた結果、メッセンジャーアプリのLINE、WeChat、Skypeなどは2アカウント利用が可能でしたが、SNSのTwitterは複数アカウント作成が出来ませんでした。

メッセンジャーアプリなら大多数のアプリがクローン化出来るので、プライベート用とビジネス用アカウントを持っている方は是非試してみて下さい!

Galaxyアカウントを作ることで様々な便利機能が利用できる

Galaxyアカウントを作成することで設定→クラウドとアカウントからGalaxyクラウド(15GBのオンラインストレージが無償で利用可能で大切なデータをバックアップ出来る機能)が利用可能になったり、カメラを通した被写体をネット検索出来たりと様々な便利機能が開放されるので、Galaxy Feel2(SC-02L)を手に入れたらGalaxyアカウントを作成してみて下さいね!

Galaxy Feel2(SC-02L)のカメラをチェック!

この項目ではGalaxy Feel2(SC-02L)のカメラを実機を用いてチェックしています!

カメラの特徴

Galaxy Feel2(SC-02L)のカメラ構成はシンプルでリアカメラはシングルカメラを搭載。AIには対応していませんが食事モード、夜景モード、美肌モードなど、モードを選択することで最適な画質で撮影出来る様になっています。

上記以外にはパノラマ、プロ(マニュアル)、自動、AR絵文字、ハイパーラプス撮影も可能です。

実機で撮影した写真をチェック!

ここからは実際にGalaxy Feel2(SC-02L)で撮影した写真を掲載!撮影日時や場所により写真品質が変わるので、ガルマックスでは同時間・同じ場所でiPhone XSで撮影したサンプル写真も一緒に掲載しています!

写真はスペックだけでは語れません!色合いや写真のチューニング具合をチェックして、自身が納得出来るクオリティーであるか、実機写真を確認して各自でご判断下さい!

昼間に撮影した写真をチェック!

▼左がGalaxy Feel2(SC-02L)、右がiPhone XS↓

▼左がGalaxy Feel2(SC-02L)、右がiPhone XS↓

▼左がGalaxy Feel2(SC-02L)、右がiPhone XS↓

料理を撮影した写真をチェック!

▼左がGalaxy Feel2(SC-02L)、右がiPhone XS↓

▼左がGalaxy Feel2(SC-02L)、右がiPhone XS↓

▼左がGalaxy Feel2(SC-02L)、右がiPhone XS↓

▼左がGalaxy Feel2(SC-02L)、右がiPhone XS↓

夜間撮影した写真をチェック!

▼左がGalaxy Feel2(SC-02L)、右がiPhone XS↓

▼左がGalaxy Feel2(SC-02L)、右がiPhone XS↓

▼左がGalaxy Feel2(SC-02L)、右がiPhone XS。これはGalaxy Feel2(SC-02L)の色味がかなり飛んでしまいました。↓

Galaxy Feel2(SC-02L)のディスプレイをチェック!

この項目ではGalaxy Feel2(SC-02L)のディスプレイをチェックしています!

有機EL搭載で発色とコントラストは良いが解像度が低い

このクラスの端末に有機ELディスプレイを搭載してきたことは流石Samsungといったところで、コントラストや発色の良さはGood。特に黒色の沈み方が秀才です。

▼しかしながら解像度がHD+で一般的なスマホより解像度が低いので、使い始めこそ画面の粗さが気になるかも知れません。

Galaxy Feel2(SC-02L)は解像度が低いので画面の粗さがやや気になる。

Galaxy Feel2(SC-02L)のサウンド関連をチェック!

この項目ではGalaxy Feel2(SC-02L)のサウンド関連をチェックしています!

イヤホンジャックを搭載しているので有線イヤホン・ヘッドホンが利用できる

▼最近はイヤホンジャックが省かれる事が多くなってきましたが、Galaxy Feel2(SC-02L)はイヤホンジャックを搭載しているのでお気に入りの有線イヤホンやヘッドホンが利用できるのは嬉しいポイント。

Galaxy Feel2(SC-02L)はイヤホンジャック搭載。

有線接続だとDolby Atmosを利用できる

有線イヤホンやヘッドホンを利用する場合に限り、Dolby Atmosを利用可能!映画の臨場感もグッと向上するので、動画コンテンツを楽しむ時は有線イヤホンやヘッドホンで試してみて下さい!

スピーカーの位置が側面なので音がこもりにくい

▼残念ながらステレオスピーカーではありませんが、側面にスピーカーが搭載されているので横持ちでスピーカーを塞ぐ心配はなし。横持ちで映像コンテンツを楽しむときもクリアな音質でGood!↓

Galaxy Feel2(SC-02L)のスピーカーはDolby Atmos対応で音の広がりは良い。

Bluetoothはapt-XとLDACが利用できた

Galaxy Feel2(SC-02L)はワイヤレスで利用できるBluetoothイヤホンやヘッドホンとも相性が良かったです。

Bluetoothイヤホンやヘッドホンは「接続方法」により音に遅延が発生します。映像のない音楽コンテンツであれば遅延は気にならないのですが、映像+音の動画や映画では「音ズレ(映像よりも若干遅延して音が鳴る)」が発生するので気になってしまいます。

Galaxy Feel2(SC-02L)は遅延が気になるベースコーデックのSBC以外に、遅延が気にならないレベルで転送可能&高音質な中間グレードのapt-X、遅延も全く気にならずハイレゾ音源まで転送出来る最上位グレードのLDACで接続が確認できました。

LDAC製品は非常に高価なので、初めてBluetoothイヤホンやヘッドホンを試してみたい!という方は2,000円台から購入できるapt-X対応製品をオススメします。

apt-Xは安価であることに加え、非常に沢山の種類がリリースされているので、好みの機器を選びやすいですよ!apt-X対応のサウンドデバイスはAmazonでも沢山販売しているのでチェックしてみて下さいね!

Galaxy Feel2(SC-02L)まとめ!

Galaxy Feel2(SC-02L)

Galaxy Feel2(SC-02L)のレビュー、如何でしたでしょうか?

まず、Galaxy Feel2(SC-02L)はdocomo withに対応しているので、Galaxy Feel2(SC-02L)を選択するだけで月々1,620円、年間だと約2万円近くも節約出来るのが魅力ですよね!

特にGalaxy Feel2(SC-02L)は基本性能が高いので、長期的に利用出来る底力を持っている事も大きな魅力です。

月々の利用料金も端末価格も節約したいけど、快適に利用できる端末が良い!そんな方はGalaxy Feel2(SC-02L)を検討してみて下さいね!

購入するならdocomo Online Shopがオススメ!

同じ製品を購入するなら、少しでも安いほうが嬉しい!という方は、docomo Online Shopを利用してみて下さい!

docomo Online ShopでGalaxy Feel2(SC-02L)を購入する場合・・・

  • 店舗に足を運ぶ手間なし!
  • 店舗での長時間の待ち時間なし!
  • 頭金なし!
  • 事務手数料が特別料金!

最近、大手キャリアのショップでの待ち時間が非常に長くなってしまったので、各キャリアでは店頭に出向く時に今後はドンドン予約制となります。。。気軽に行きたい時に行けないのは結構辛い!

でも、docomoって昔からネットで各種契約変更出来るだけでなく、端末もdocomo Online Storeで簡単に購入が出来ます!しかも、手間も時間も節約出来てお金も節約出来る!これは利用しなければ単純に損です。

特にdocomo with対象のGalaxy Feel2(SC-02L)を購入して通信費の節約を考えているのに、店舗で頭金や正規事務手数料を払うなんて本末転倒ですよね。。。せっかくdocomo withで年間2万円近く節約出来るのに、頭金や事務手数料で数千円払うのは勿体無い。

という訳でガルマックスはdocomo Online ShopでGalaxy Feel2(SC-02L)の購入をオススメします!

↓Galaxy Feel2(SC-02L)のdocomo Online Shopの購入先は以下からどうぞ!↓

↓Galaxy Feel2(SC-02L)で利用できるアクセサリーもチェック!↓

↓Galaxy Feel2(SC-02L)の保護フィルムはPDA工房で10種類以上がリリース済み!

↓Galaxy Feel2(SC-02L)の保護ケースはAmazonで沢山リリースされてます!↓

↓Galaxy Feel2(SC-02L)で利用できるAAC/apt-XのBluetoothイヤホンは以下からどうぞ!↓

ページトップへ