ワイモバイル バナー ヘッダー

Galaxy S21 5G Olympic Games Editionのレビュー!通常版と何が違うか

SAMSUNGの「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition」をメーカーさんにお借りしました!通常版と何が違うか比較!実機が届いたのでレビューをお届けします!

Galaxy S21 5GのOlympic Games Editionは何が違うのか

Galaxy S21 5Gはドコモ・au・ソフトバンクでリリースされていますが、東京オリンピック2021を記念した限定モデル「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition」がドコモよりリリースされています。

外観やソフトウェア等がオリンピック特別仕様になっているほか、通常のGalaxy S21 5GはSIMフリー版でサムスン独自のSoC(Exynos 2100)を採用したモデルもある点が異なります。このオリンピックエディションはSnapdragon 888搭載モデルのみです。

まとめると外観・ソフトウェア・SoCが通常版Galaxy S21との違いとなります。Snapdragon 888版のベンチマーク結果はこちら。

▼ちなみに通常のGalaxy S21 5G(Exynos 2100モデル)は以前にレビューしているので、外観の違いやカメラの写真作例などを参考にどうぞ!↓

Galaxy S21 5Gのレビュー!小型で軽量。片手でも操作しやすくてとっても快適!

外観

▼このGalaxy S21 Olympic Games Edition、美しく手触りの良いマット加工はそのままに、カラーリングはベースモデルのGalaxy S21のバイオレットカラーをさらに濃くしたような色合いでとても神秘的!サブカラーはGalaxy S21同様に薄いローズゴールドとなっています。↓

カラーは公式ではファントムブルーという名称。濃い青紫っぽくもあれば、純粋に青っぽくも見える不思議な色合い

▼本体下部にはGalaxyロゴとオリンピックのロゴが印字されています!本体中央にキャリアのドコモロゴもありますが、ダサい5Gロゴが入っていないのは好印象!↓

▼側面はサブカラーのゴールドでツルツルで反射し、高級感を感じさせます。ボタン、ポート類の配置はベースモデルのGalaxy S21と同じです!藍色と金色の組み合わせって結構いいもんだね!↓

左側:アンテナライン以外何もなし
右側:電源キー、音量キーの配置。側面からカメラの盛り上がりにつながっている
下部:シングルSIMスロットとType-C充電端子とスピーカー。イヤホンジャック無し
上部:アンテナラインとノイキャンマイク以外何もなし

ディスプレイは6.2インチのサイズで最近のモデルよりも小ぶり。高級ハイエンド端末らしく、上部のパンチホールのサイズは小さめでベゼルも薄いのがGood!また先代モデルにあたるGalaxy S20と違ってエッジはなくフラットとなっています!↓

スクロールがなめらかな120Hz表示対応、かつ有機ELで表示もとてもキレイで優秀な仕上がり

ソフトウェア

▼外観はカラーやロゴの有無を除き、ベースモデルのGalaxy S21と変わりません。が、ソフトウェアはオリンピック仕様にバッチリカスタマイズ済み!さらにアップデートは3年の保証が付いているみたい。長期アプデ保証は長く使う上で安心できる部分すね!↓

▼起動画面はサーフィンをするシーンから始まりオリンピックのロゴになる、というアニメーションが流れます!起動画面までカスタマイズされているのは結構驚き。↓

▼さらに初回設定時は自動でオリンピックのアプリがインストールされます。かなり細かい部分なんですがこの黄色いインストール進捗バーのデザイン、古いバージョンのAndroidそのまんまだったり。↓

「黒い枠に、灰色で立体感のあったボタンのインターフェース時代」を思い出す黄色

▼また本機はSIMフリー版ではなくDocomoキャリア版のみの展開。そのため強制的にキャリアアプリがインストールされたり、初回設定画面が表示されたりします。SIMタイプもシングルSIM仕様、かつSIMロックのオマケつきっす。↓

ドコモユーザーならいいのだが、SIMフリー化した本機を他社格安SIMユーザーが使うときに障壁になってくるという困ったちゃん仕様

▼そんなキャリアらしい部分はさておき、ソフトウェアはしっかりオリンピック仕様にカスタマイズされています。ロック画面からホーム画面の壁紙もバッチリカスタマイズ済。↓

壁紙に写っている端末はGalaxy Z Fold2。SAMSUNGとGARUMAXイチオシの優秀な折りたたみスマホ

▼またアプリのアイコンの形状は通常のGalaxy(ラウンドスクエア)と違い、まんまるのボール形状になっていました。球技用のボールに見立てたのかな?あとMy Daizのマチキャラの豆腐くん(仮称)もちょこちょこ歩いています。↓

マチキャラを消す場合、キャラを長押しすれば設定画面に行くのでそこから消せる

▼壁紙に加えてAoDデザインもオリンピックのオリジナルデザインになってました!画面が切れてても時刻や通知の有無、指紋センサーの位置がいつでも視認可能で便利!↓

時計、ロゴの位置は時間ごとに変わるが指紋センサーアイコンは移動しないため、焼き付きが気になるなら指紋センサー表示オフを推奨

▼また、設定画面のアイコン配色やダイヤル画面もオリンピックの配色とデザインになってました!ダイヤル画面は緑のダイヤルボタンをサッカーボールに見立てており、結構センス良い!↓

▼あと、アクセントカラーも通常の青色よりも濃い藍色になってました!右画像の右上の「新」のマークも、通常ではオレンジカラーだったのが青になってます!細かいところにも配色を凝らしているのがお気に入りポイント!↓

▼ただ、ダークモードにすると元のアクセントカラーに戻ってしまいます。黒字に藍色は見づらくなるから仕方ないとは思うけど、また別の色をアクセントカラーにしてほしかったなーとは思ったり。赤とか!↓

明るさのスライダーや自動調整のボタンといった部分の色が異なっている

▼Galaxy S21 Olympic Games Editionにプリインストールされているオリンピックアプリ「Tokyo 2020」は、オリンピックに関するニュース、大会の日程など各情報が確認できます。お気に入りの競技を登録しておけば競技に関するニュースが優先して出てくるというスマートニュース方式。↓

▼最初の画面だけ英語の言語になっていたことを除いては、思った以上にアプリはしっかりした作り込みでした!コロナでオリンピックが延期してしまっているのでどうなってるんだろうな~って不安でしたが…ちゃんと機能してて安心。

残念ながら着信音、通知音などサウンド部分はそのままでした。大体の限定モデルは標準通知音あたりは限定のサウンドに差し替えられているってことがありましたが、Galaxy S21 Olympic Games Editionは見た目のカスタムだけとなっています(´・ω・`)。

あと、Felicaロゴが無いため誤解されがちですが、Galaxy S21 Olympic Games Editionもしっかりおサイフケータイに対応しています!そのためSuicaといったキャッシュレス対応も出来て便利ですし、改札を通るときもスマホをかざせばOK。この点はキャリア版の長所といえるでしょう。

カメラ構成は通常版とまったく同じ。通常カメラに加えて超広角と望遠カメラを搭載、遠近両用な構成です!広範囲の風景撮影から遠くの被写体にも対応できるのが魅力!

▼こちらが実機撮影の作例。色合いもすごく良いですし、レビューした海外版のGalaxy S21にあった「一部にピントが合わなかった」不具合もありませんでした。↓

▼夜景も同様に高品質!メインはもちろん超広角カメラもとても明るく撮影できてました。むしろメインより明るいまである。またノイズもほぼなく、超広角カメラをケチってる感はありません(`・ω・´)。とってもキレイ。↓

まとめ

ドコモでGalaxy S21を買う場合、1万円多めに出してでも限定モデルがほしい、という方ならGalaxy S21 Olympic Games Editionを検討して良いでしょう。今やオリンピックは色々言われているものの、Galaxy S21 Olympic Games Editionの出来栄えの良さは確かです。

オリンピックに興味がなくても、色合いや見た目、あるいはプレミア感がステキだから購入するってのもアリ。そもそものスペック、カメラ品質や、出来が素晴らしいため、価格が高いことを除けば快適なスマホライフを味わえる1台ですゾ!

筆者はこのオリンピック版含め、Galaxy S21シリーズを揃えて部屋に飾りたい…なんて妄想してます。モックでもいいから欲しいやぁ!って思ってたり。

ただ、これを見て触って思ったんですが、SAMSUNGもそろそろSIMフリー端末を出してほしい。特にこういった限定モデルは求められる顧客が絞られるキャリア限定なのは痛い(´・ω・`)。

ページトップへ