Galaxy Tab S7 | S7 +のスペックまとめ!Snapdragon 865 Plusだと!待望の超ハイエンドタブレット

 

▼過去最安クラス。スマホを新しくしたいなら↓

【おすすめ】BIGLOBEモバイルでiPhone SEやRedmi Note 9Sが激安に

Galaxy Tab S7 | S7 +

「Galaxy Tab S7 」「Galaxy Tab S7 +」が遂に登場!Snapdragon 865 Plusを搭載するウルトラモンスター級のハイエンドタブレットです。

Galaxy Tab S7/S7 +の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度 ( Galaxy Tab S7 vs Galaxy Tab S7+ )
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
参照先:公式
信頼度:高
製品情報 ( Galaxy Tab S7 vs Galaxy Tab S7+ )
端末名 Galaxy Tab S7 Galaxy Tab S7+
発売年 2020年8月 2020年8月
発売地域 海外:SIMフリー 海外:SIMフリー

メーカー Samsung Samsung
対応バンド・周波数・ネットワーク ( Galaxy Tab S7 vs Galaxy Tab S7+ )
3G (LTE、5Gモデルのみ)対応
バンド詳細非公表
(LTE、5Gモデルのみ)対応
バンド詳細非公表
4G LTE (LTE、5Gモデルのみ)対応
バンド詳細非公表
(LTE、5Gモデルのみ)対応
バンド詳細非公表
5G NR (5Gモデルのみ)対応
バンド詳細非公表
(5Gモデルのみ)対応
バンド詳細非公表
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.0 5.0
SIMサイズ・スロット 非公表 非公表
本体仕様 ( Galaxy Tab S7 vs Galaxy Tab S7+ )
ディスプレイ 11インチ/液晶/画面占有率非公表
リフレッシュレート120Hz対応
12.4インチ/有機EL/画面占有率非公表
リフレッシュレート120Hz対応
解像度 2,560×1,600(WQXGA+)
画面比率 19.5 : 9
2,800×1,752(WQXGA+)
画面比率 19.5 : 9
画素密度 276ppi 266ppi
サイズ 高さ:165.3mm
横幅:253.8mm
厚さ:6.3mm
高さ:285mm
横幅:185mm
厚さ:5.7mm
重さ Wi-Fiモデル:498g
LTEモデル:500g
5Gモデル:502g
全モデル:575g
本体色 ブラック系/シルバー系/ブロンズ系 ブラック系/シルバー系/ブロンズ系
システム仕様 ( Galaxy Tab S7 vs Galaxy Tab S7+ )
OS Android 10 Android 10
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 865 Plus Qualcomm Snapdragon 865 Plus
メモリ/保存容量 ( Galaxy Tab S7 vs Galaxy Tab S7+ )
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
メモリ8GB+容量256GB
メモリ6GB+容量128GB
メモリ8GB+容量256GB
ストレージカード MicroSD対応(最大1TB)
※スロットタイプ非公表
MicroSD対応(最大1TB)
※スロットタイプ非公表
カメラ ( Galaxy Tab S7 vs Galaxy Tab S7+ )
メインカメラ デュアルカメラ
①13MP(メイン、f/2.0)
②5MP(超広角、f/2.2)
特性:ナイトハイパーラプス
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
デュアルカメラ
①13MP(メイン、f/2.0)
②5MP(超広角、f/2.2)
特性:ナイトハイパーラプス
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ ベゼル内蔵式インカメラ
画素数:8MP
ビューティーAI:非公表
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
ベゼル内蔵式インカメラ
画素数:8MP
ビューティーAI:非公表
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー ( Galaxy Tab S7 vs Galaxy Tab S7+ )
センサー 指紋認証(側面)、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス 指紋認証(画面内蔵)加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非公表 非公表
イヤホンジャック なし なし
NFC 非公表 非公表
その他機能 スピーカータイプ:クアッドスピーカー
AKGとDolby Atmosに対応
スピーカータイプ:クアッドスピーカー
AKGとDolby Atmosに対応
バッテリー ( Galaxy Tab S7 vs Galaxy Tab S7+ )
バッテリー容量 8,000mAh 10,090mAh
充電 有線充電:45W
ワイヤレス充電:非公表
有線充電:45W
ワイヤレス充電:非公表
ポート USB Type-C
ドック用端子
USB Type-C
ドック要端子
その他 ( Galaxy Tab S7 vs Galaxy Tab S7+ )
公式サイト

SamsungMobilePress – Galaxy Tab S7

SamsungMobilePress – Galaxy Tab S7+

スペック表に関する免責事項

Snapdragon 865 Plusを搭載!最高性能を持つタブレット!

Galaxy Tab S7 | S7 +

Galaxy Tab S7 | S7 +は、SoCにSnapdragon 865 Plusを搭載!Qualcommの中でも最上位のSoC!メモリは6GBまたは8GB、ストレージは128GB(メモリ6GB版)、256GB/512GB(メモリ8GB版)です!

AndroidタブレットでハイエンドSoCを搭載するモデルは非常に少ないので、Galaxy Tab S7 | S7 +は高性能なAndroidタブレットが欲しい方にとって非常に貴重な選択肢の一つとなりそうですね!

タブレットなのに5Gにも対応してる!

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」は、Wi-Fi、LTE、5Gに対応するモデルが用意されてます。

タブレットでモバイルネットワークに対応する製品は少なくないですが、これから主流となる5Gが選べるのは嬉しいポイント。5Gは通信速度が速いだけでなく、「低遅延」もウリ。今後、クラウドゲーミングなどで低遅延が活かされそうですね!

厚さは7mm以下!超スタイリッシュ!

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」は超薄型設計。7mm以下と表現しましたが、Galaxy Tab S7は厚み6.3mm、Galaxy Tab S7 +は5.7mmと6mm以下を実現。重量もGalaxy Tab S7は約500g、Galaxy Tab S7 +は600gを切る軽さであるのも注目ポイントです。

ディスプレイは違いがあるので注意!

Galaxy Tab S7 | S7 +

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」は、ディスプレイサイズ、解像度、ディスプレイ種類が違うので注意!

  • Galaxy Tab S7:11型/2,560×1,600/LTPS LCD(液晶)
  • Galaxy Tab S7 +:12.4型/2,800×1,752/Super AMOLED(有機EL)/HDR 10+

また、ディスプレイの違いにより、指紋センサーの位置も異なります。液晶を搭載するGalaxy Tab S7は本体側面、有機ELを搭載するGalaxy Tab S7 +は画面内蔵。これはディスプレイの種類で画面内蔵型が実装できるか否かの違いによるものでしょう。

上位モデルのGalaxy Tab S7 +はディスプレイ関連がやっぱりリッチですね。精細さでいえば数値的にGalaxy Tab S7が高精細ですが、僅かな差なのでこの辺りは気にしなくて良さそうです。

有機ELは液晶と異なりドット自体が自発光するタイプ。黒色=消灯となり黒の表現力が非常に優れています。HDR 10+にも対応しているし、映画や動画視聴時の映像美を追求するならGalaxy Tab S7 +を選んだほうが幸せになれそうですね。

▼ちなみに「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」を購入すると、YouTube Premiumが4ヶ月無料で試せる特典も付いてるので試してみよう!↓

大画面のマルチウィンドウ機能が便利そう!

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」は大画面を活かしたマルチウィンドウ機能を搭載していて、最大3つのウィンドウを表示することが出来るます。情報収集や比較も快適に行えそうですね!

120Hzのリフレッシュレートに対応

Galaxy Tab S7 | S7 +

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」のディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応。一般的な60Hzの2倍滑らか。

表示が滑らかになるとスクロール時の残像感が少なくなり目の疲れを軽減できるほか、120Hzに対応するゲームでは60Hzディスプレイよりスムーズな表示で楽しむことが可能。これから120Hz駆動のコンテンツも増えてくると思うので楽しみですね!

最新版のスタイラスペン「S Pen」が付属

Galaxy Tab S7 +

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」を購入すると最新版のスタイラスペン「S Pen」が付属。大画面タブレット+ペン入力の快適な使い心地を購入直後から体験できるのが嬉しい!

▼サムスンノートでは、S Penを使ってPDFのマークアップができるほか、Officeアプリにデータをエクスポートできるなどビジネスシーンでもフル活用できる仕様が嬉しい。

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」

クリエイター向けソフトウェアが試せる!

▼「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」は、プロ向けのイラスト・漫画作成ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX」を6ヶ月間無償利用可能な特典付き!

▼プロのようなデザインを簡単に作成することができるCanvaも30日間お試しが可能です!↓

Galaxy Tab S7 +

4つのスピーカーを搭載

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」は4つのスピーカーを搭載することで、臨場感あるサウンドを楽しめる仕様。Dolby Atmosも対応しており、映画もサラウンドサウンドで楽しめそうですね!

大容量バッテリーと45Wの超急速充電に対応!

バッテリー搭載量は「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」で異なります!

  • Galaxy Tab S7:8000mAh
  • Galaxy Tab S7 +:10,090mAh

バッテリー搭載量の差が大きいんですが、ディスプレイパネルの種類やサイズも違うので、駆動時間の差はそれほど違いがなさそうな印象ですね!

45Wの超急速充電もサポートしているので、大容量バッテリーもサクッと充電できる仕様となっております!

キーボードは別売り!

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」は別売りのキーボードも利用可能。キックスタンド型を採用したみたいです!

▼キーボードは18.3mmのキーピッチ。タッチパッドはTab S6から大型化されており快適なマウス操作ができるよう改善。また、Android特有のショートカットキー16種備えることで、Android OSで快適なキーボード操作ができるように仕上げられてます。うん、操作性は良さそうだ。↓

Galaxy Tab S7 | S7 +まとめ!Androidハイエンドタブレットほしいならこれ!

個人的にハイエンドタブレットが欲しいと思ってたんですが、Androidってほとんど無いんですよハイエンドタブレットが。

これまで性能を追求したタブレットといえばiPad Pro一択って感じだったのですが、Galaxy Tab S7シリーズなら真っ向勝負できそうな感じ。

「Galaxy Tab S7 」と「Galaxy Tab S7 +」は、ポッカリと空いていたハイエンドAndroidタブレット層にピンポイントで投下したモデルなので、待ちわびていた方は大注目モデルです。

仕様的にはクリエイター向けですが、圧倒的なパフォーマンスを持つSnapdragon 865 Plusを搭載しているので、大画面でゲームを遊びたいゲーマーの方も要注目モデルですよ!

発売時期と価格・購入先

Galaxy Tab S7 | S7 +の発売時期は米国で2020年秋頃の発売を予定。Galaxy Tab S7が649ドル〜、Galaxy Tab S7 +が849ドル〜。日本での発売アナウンスは現時点で無いので、情報が入り次第、TwitterFacebookでお伝えします!

■Galaxy S7 Tab■
過去最安値→82,000円
▼[ETOREN]セール価格で82,000円!↓

 

■Galaxy S7 Tab+■
過去最安値→129,000円
▼[ETOREN]セール価格で129,000円!↓

ページトップへ