ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Pixel 4/XLのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB”以上”使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

本記事ではGoogle Pixel 4/XLのスペックや特徴をまとめています!

スペックデータベース登録済み

目次をクリックすると各項目へ移動します

Pixel 4/XLの実機レビュー

実機レビュー公開時はここにレビュー記事が表示されます!

Pixel 4/XLの詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 Pixel 4/Pixel 4 XL
型番/別名 G020N
発売年 2019年10月
発売地域 海外:SIMフリー
日本:SIMフリー/ソフトバンク
メーカー Google
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G 850 , 900 , 1,800 , 1,900 MHz
3G 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
4G 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 66
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

フル対応
プラチナバンド対応
(但し通信できるかは実機検証が必要)

SIMサイズ・スロット NanoSIM×1
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
eSIM対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 + LE(HD コーデック: AptX、AptX HD、LDAC)
本体仕様
ディスプレイ Pixel 4↓
5.7インチ/有機EL/最大90Hz表示対応

Pixel 4 XL↓
6.3インチ/有機EL/最大90Hz表示対応
解像度 Pixel 4↓
2280×1080/FHD+/画面比率19:9

Pixel 4 XL↓
3440×1440/QHD+/画面比率19:9
画素密度 Pixel 4↓
444ppi/高精細でドットの粗さは気にならない

Pixel 4 XL↓
537ppi/超高精細でドットの粗さはほとんどない
サイズ Pixel 4↓
高さ68.8mm
横幅147.1mm
厚さ8.2mm

Pixel 4 XL↓
高さ75.1mm
横幅160.4mm
厚さ8.2mm
重さ Pixel 4↓
162g

Pixel 4 XL↓
193g
本体色 ブラック系/ホワイト系/オレンジ系
システム仕様
OS Android 10
SoC Qualcomm Snapdragon 855
CPU Kryo 485/2.84GHz+1.78GHz/8コア
GPU Adreno 640
ベンチマーク AnTuTu(参考値):総合スコア約360000点、GPUスコア約157000点
Geekbench(参考値):シングルコア約3400点、マルチコア約10000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量64GB
メモリ6GB+容量128GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ 16 MP
ピクセル幅 1.0 μm
位相差検出式オートフォーカス
光学式および電子式手ぶれ補正機能
スペクトル センサーおよびフリッカー センサー
F値:2.4
視野角:52°

12.2MP
ピクセル幅 1.4 μm
デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
光学式および電子式手ぶれ補正機能
F値:1.7
視野角:77°
前面カメラ 8MP
ピクセル幅 1.22 μm
F値:2.0
固定フォーカス
視野角:90°
NIR(近赤外線)フラッド エミッター
NIR(近赤外線)ドット プロジェクター
NIR(近赤外線)カメラ x 2
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 顔認証、Active Edge™、近接センサー、周囲光センサー、加速度計、ジャイロメーター磁力計、気圧計、Android センサーハブ、Motion Sense™6
防水/防塵 IP68(最高級)
イヤホンジャック なし
ネットワーク機能 NFC/FeliCa(おサイフケータイ対応)
バッテリー
バッテリー容量 Pixel 4↓
2,800mAh

Pixel 4 XL↓
3,700mAh
充電 有線充電:18W(9V/2A)
急速充電:対応
ワイヤレス充電:対応
ポート USB Type-C
その他
価格 ↓Pixel 4↓
メモリ6GB+容量64GB:89,980円
メモリ6GB+容量128GB:103,950円

↓Pixel 4 XL↓
メモリ6GB+容量64GB:116,600円
メモリ6GB+容量128GB:128,700円

スペック表に関する免責事項

Pixel 4/XLの発売時期と価格

Pixel 4/XLの発売時期は10月頃で価格は以下の通り!

↓Pixel 4↓
メモリ6GB+容量64GB:89,980円
メモリ6GB+容量128GB:103,950円

↓Pixel 4 XL↓
メモリ6GB+容量64GB:116,600円
メモリ6GB+容量128GB:128,700円

Pixel 4/XLの性能をチェック!

Pixel 4/XLは発売時点で最高峰の性能となるハイエンドモデルです!各社のフラッグシップモデルに多く採用される性能帯で先進的な技術や最新鋭のカメラ、機能が盛り込まれている事が多いです!

  • 普段使い:非常に軽快。大多数が不満を抱くことが無い動作
  • ゲーム:設定を高くしても非常に快適に遊べる。ゲーマーにもおすすめ

Pixel 4/XL(Snapdragon 855)のAnTuTuスコア

まだPixel 4/XL実機でのAnTuTuスコアを収集出来ていないので、「Snapdragon 855」の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※ベンチマークスコアの決定的な性能はSoCで決まってくるので同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体のスコアが予測出来ます。

  • Snapdragon 855(version7の参考):総合スコア約360000点、GPUスコア約157000点

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の平均スコアです。新しい世代に切り替わるとリストのスコアも切り替えるので、現時点でPixel 4/XLが搭載するSnapdragon 855の性能がどのランクに相当するかいつでも確認が出来ます!

AnTuTu 7ハイエンドミドルレンジ
最上位
ミドルレンジ
上位
ミドルレンジエントリー
スコア総合
約36.2万点

GPU
約15.7万点
総合
約16.5万点

GPU
約4.7万点
総合
約13.5万点

GPU
約2.9万点
総合
約8.6万点

GPU
約1.8万点
総合
約7.1万点

GPU
約1.2万点

▼実機をお持ちの方は是非AnTuTuベンチマークスコアをご投稿下さい!初回投稿の方は本記事に投稿頂いたベンチマークを掲載致します!

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼
    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。
  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Pixel 4/XLの対応バンドをチェック!

Pixel 4/XLは海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

Pixel 4/XLのドコモ回線対応状況

Pixel 4/XLのLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地下や郊外の繋がりやすさを左右するプラチナバンドの19に対応。3Gも主力のバンド1に加え山岳地帯や農村地区をカバーするFOMAプラスエリアに対応しています!

Pixel 4/XLはドコモで販売する端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするドコモ回線SIMはこれ!↓

Pixel 4/XLのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しているので合わせて紹介。

Pixel 4/XLのLTEは主力のバンド1、補助バンドの3、プラチナバンドの8に対応。また、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています!

Pixel 4/XLはソフトバンクやワイモバイルで販売している端末と遜色ないエリアと電波の掴み具合で通信できる対応バンド構成となっています!

ワイモバイル回線やソフトバンク回線を利用する格安SIMを利用している方は気にしなくて良いのですが、ソフトバンク純正のAndroid SIMを利用している方は注意が必要です。

ソフトバンクでAndroid端末を購入した時に付属するSIMはAndroid用SIMで、SIMと端末が紐づけされています。このため、異なるAndroid端末での利用は通信できない制限が発生する場合があります。Android SIMを利用している方はソフトバンクショップで機種変更手続きが必要ですが、その際に技適の確認が有るみたいです。

海外でPixel 4/XLをソフトバンクのローミングサービスで利用したいと考えている方は、購入前にソフトバンクショップで相談してみましょう!

▼本端末のバンドに合致!ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線SIMはこれ!↓

Pixel 4/XLのau回線対応状況

Pixel 4/XLは通話もデータ通信もLTEを利用するau VoLTE SIMのバンドにフル対応しています。しかしながらau回線はSIMフリースマートフォンと相性が悪くバンドに対応していても利用できない場合も多々あるので、実際にPixel 4/XLでau VoLTE SIMが利用できる確証を得てから検討して下さい。

Pixel 4の気になる特徴ピックアップ!

Pixel初!デュアルカメラ搭載!更にカメラが強力になったぞ

▼Pixel 4のカメラはこれまでよりも大幅に進化!シングルからデュアルになりました。ただでさえPixel 3のシングルカメラの評価が高いのにデュアルにするもんだから期待値メチャクチャ高い。

Pixel 4

それぞれ望遠用と広角用のカメラに分かれたことでより幅広い状況に対応でき、より多彩な撮影モードを楽しむことが出来るんだそう。オートフォーカス、笑顔認識機能、光学式手ブレ補正、夜景モードといった機能が充実しており、これで困らない状況を探すほうが難しくなりそうす。

さらに、ソフトウェア処理の安定性も確保するためにSoCは最新のSnapDragon 855でRAMも6GBに強化されているので、撮影後の処理もサクサクこなしてくれそうですね。Google Pixelスマホはソフトウェアがきわめて優秀なのでなおさらです。

夜景モードが凄まじい進化!!天の川を撮影できる!

▼Pixel 4はじめPixelシリーズのスマホは夜景モードに高い定評があります。今回も予想以上の夜景の強さですよ!暗っらい場所でもフラッシュいらずでこんなに明るく撮れるんですって。

Pixel 4

▼さらにこれだけじゃありません。ハードウェア強化、ソフトウェア強化により夜景はもちろん、星空でさえも美しく手中に収められるという恐ろしいレベルの進化を遂げました。

Pixel 4

これ一眼レフの写真じゃないんです。Pixel 4で撮ってるんですって。すっごいキレイだよね。しかも発表時「月明かりも星空も、そして他の風景も潰さずにディテールを残す」なんて言ってるんです。とんでもなく強い自信がうかがえる…

もちろん長時間露光するために、長くて4分ほど三脚などで固定して撮影しなければならないんでここは注意ですが、こんなクオリティ高いと筆者だったら喜んで4分を投げ出して撮影するわ。

タダでさえ夜景がきれいに撮れるって評判な優等生Pixel 3があったのにそれすらも霞んでしまいそう。メッチャ試したい!!!!

リアルタイムでボケを調整&確認できるぞ!

▼カメラには新たに赤外線センサーを搭載!被写体深度測定カメラと似て非なる別モンで、赤外線投射によってより賢く正確な背景ボケの写真を収められるんだとか。不自然なボケに悩まされることもなくなりそうですね!↓

Pixel 4

精度はもちろん使いやすさも重視されてます。撮影する時のプレビュー画面で、スライダーを動かしてボケの強さ、深度調整もを可能にしているんですって。撮影したあとにボケの濃さが「思ってたんとちがーう!!!」ってことにはもうならないんです。ステキだぜ!!

アシスタント機能はもちろん搭載!見た目がカッコよく進化

▼GoogleスマホといえばGoogle アシスタントが有名。声だけで操作ができたり日常周りのタスクを効率よくこなせたり、ときにゲームや音楽、ダジャレトークといったユーモアあふれる機能が面白いんですよね。↓

Pixel 4

これ、SMS使用中にアシスタント起動したときの画面。なんかすっごいインターフェース変わっててカッコいい。これまでのシンプルなタイル式からカラーバーメインのスッキリしたデザインに変わっています。画面をほとんど塞がなくなってより使いやすそう!

そうそう、HTC U11シリーズにあったActive Edge機能も搭載されているんす。側面をギュっと握って即アシスタント起動可能!わざわざ電源キーorホームボタン長押しやオッケーグーグルと言う手間もないんです。コレは便利。もし不要なら設定からオンオフもできますよ!

マジもんのレーダー搭載。タップしなくても操作できるようになりました

▼Pixel 4の注目されていた機能の1つ。Motion Sense機能です。画像を御覧ください。↓

Pixel 4

コレ何って、スマホの前で手を動かすとそれに応じて操作ができるんですよ。音楽の再生停止や曲の切り替え、アラームの停止、着信音の停止などなど!個人的に音楽の操作がスゴク便利そうでたまりまへん。

発表されたのは4つのみでしたが、他にも使える機能がありそうでかなり期待ですね!!さらにGoogleのことだから、このMotion Senseを用いたアプリを今後展開していったり、既存のアプリに対応させてきそうです。うーん、楽しみ!

今までのスマホの常識をくつがえすレベルのハイテクさ。スマホにもうタップせずとも操作できてしまうというシロモノなんです。

しかも!非常に精度が良好。

▼その秘密は、スマホん中に本物のSoliレーダーを埋め込んだから。これは史上初の技術なんです。レーダーはレシーバーの隣に埋められております。↓

Pixel 4

ヤバいよね。スマホなのにレーダー搭載って。時代進みすぎですわ。

日本版だとこの機能はレーダーと国内の電波法の兼ね合いで使うことはできないとの噂がありますが、来年春に対応予定だそうです!ぜひとも首を長くして待ちたいですね!

ボイスレコーダーから文字を書き起こしてくれる機能が!

▼Pixel 4のもう1つベンリな機能。記録した音声を認識して喋ってる単語を抽出できるんですって!↓

Pixel 4

さらにそれだけでなく、抽出した単語の中から検索してくれる機能も搭載!大学や会議で要点を絞りたい時とかメチャクチャベンリそう!!勉強や仕事に対する意識が高い方だけでなく、筆者みたく話を聞いて覚えるのがニガテなタイプの人に嬉しいですね!

こちらの機能も現在英語のみ対応とのことなんで、日本語版が対応してくれるまで待ちましょう!Youtube等自動字幕が日本語に対応してくれているので実装もそう遠くはないはず!

ディスプレイも大きく進化!ヌルヌル表示できるようになったよ

▼Pixel 4シリーズはこれまでのPixel 3シリーズよりも上下に画面が広くなっており、ウェブ閲覧や分割操作でさらに操作性が高まっております!↓

Pixel 4

下部ベゼルをなくしつつ画面を下寄りにすることで画面上部にまで指が届きやすくなっております!手が小さい方に嬉しい配慮設計。

▼Pixel 4シリーズの大型版であるPixel 4 XLは解像度がPixel 4より高くなっており、より高精細な画面を楽しめますよ!前代のPixel 3 XLと異なりノッチがなくスッキリした画面になっております。↓

Pixel 4

さらに!ディスプレイの綺麗さに加えてリフレッシュレートが90Hzまで対応!すごいなめらかでヌルヌルな動きが実現されました。見ていて楽しくなりますね!

普段使ってて楽しいだけじゃなくゲームのときもより見やすくなってすごい個人的に気に入っているポイントです。ヌルヌルな動きの画面見ていると「これこそハイエンドスマホなんだな」って満足感と所有欲を満たしてくれますぞ。

指紋認証はないけど顔認証が最高に速いらしい!

▼Pixel 4は指紋センサーが廃止され指紋認証がなくなってしまいました。だけど代わりに顔認証がものっすごい速いとのこと。

Pixel 4

というのも、顔認証専用のセンサーをいくつも埋め込んでいるから。フロントカメラでなくわざわざセンサーを搭載することで、今までのスマホを圧倒的に凌駕するレベルで速く正確に認証してくれるんだそうです。アンロックされた時に「あれ?顔認証設定したっけ?」ってロックを設定したか疑うレベルらしいす。便利で大流行な指紋センサーを省いてまでの自信が伺えますな!

バッテリー容量は平均的。電池もち重視ならXLがオススメ!

Pixel 4のバッテリー容量は2,800 mAhと平均的レベル。ただしPixel 4を始めとした最近のハイエンド機種ってアプリ動作や消費電力をソフトウェアが賢く調整してくれるので容量以上に電池もちは良さそうな予感。

さらにPixel 4 XLは3,700 mAhと大きいため、電池もち重視や90Hzリフレッシュレートのヌルヌル画面を使い倒したい方ならこちらを選ぶと良いかも。

シンプルな外観でカラバリは3色!オレンジがポップでカワイイね

▼Pixel 4の背面はツヤ消し加工がされているガラス素材で、側面部分はアルミニウム製。カラーはオレンジ、ホワイト、ブラックとなっております。↓

Pixel 4

オレンジ色が独特な色合い!ポップさがあって女性人気も高そうですね!電源キーには本体色と異なるアクセントカラーが入ってて、見てて楽しいです。

さらに、つや消し加工で指紋がつきにくくなっているのも嬉しいポイント。筆者含めて裸族(スマホをケースに入れずに使う人)にはたまらないですね!

Pixel 4まとめ。最先端技術の宝庫スマホ!

Pixel 4

いやーこれはガジェット好きどころかいろんな方々をそそるスマホですわ。性能の高さはもとよりジェスチャー機能やアシスタントの進化、カメラ性能や実際の使い心地とか、ものすごいハイレベルな予感しかしない。AndroidOSの本尊Googleの本気を垣間見た。

スマホは日常的に使うツールだからこそ、シンプルさと使いやすさを突き詰めたほうが個人的に良いと思うんですよ。そういう意味でPixel 4は日常使いの権化と言えるでしょう。

ただ個人的には画面のカーブが前代より大きくなったのとイヤホンジャックがなくなったのが惜しいなと感じるんす。カーブが小さいほど表示範囲でかいしシンプルだし。イヤホンジャックも汎用性が高いから、普段使いに最適なPixel 4には搭載してほしかった。

けれど新機能の魅力がやっぱ強いから最終的に欲しくなっちゃう。Googleってホント凄いメーカーですわ。早く日本にも発売して全機能を開放してくれー!!!!

Pixel 4/XLの割引クーポン・セール・購入先まとめ!

この項目ではPixel 4/XLをお得に手に入れるために情報をまとめています!

割引クーポンの発行とセールの開催状況

現在、Pixel 4/XLの割引クーポンの発行やセールの開催が無いので、次の項目で紹介している最安値ショップでゲットして下さい!

割引クーポン発行時や割引セールが開始された時はTwitterFacebookで紹介するのでフォローを宜しくお願いいたします!

Pixel 4/XLの購入先情報

Pixel 4/XLは以下で取り扱っています!

Pixel 4/XLの公式サイト

Pixel 4/XLの公式サイトは以下です!

ページトップへ